ブログヘッダー画像

(当ブログにはプロモーションが含まれています)

ブログ移転から10年目を迎えて思うこと

新年度を迎えた今日、多くの人が新しいステージへの第一歩を踏み出します。そんな人の門出を祝うかのように、ソメイヨシノが花をつけだしました。福岡にも桜前線が到来しています。鮮やかなピンク色に染まった街を見て、ふと10年前の今日を思い出しました。3年半使ってきたアメブロに見切りをつけ、移転が容易という理由だけでFC2ブログに鞍替えしたのが、ちょうど10年前です。あれからひたすら、毎月10本以上の記事を世に送り出し...

築上町アグリロードレース大会のゼッケン&計測タグが届いた!

第16回目となる「築上町アグリロードレース大会」が、とうとう3月17日に開催されます。18年ぶりのレースに向けて、今年に入ってから追い込みをかけてきました。閾値走も10km走もインターバル走もやって、それと体幹トレーニングなどなど...。ブランクがあるので5km19分台には挑みません。とりあえず20分台でゴールできるよう、あとはコンディションを整えていくばかりです。そんな中、大会の概要チラシとゼッケン&計測タグが郵送...

2023年のまとめ(9月~12月)

とうとう大晦日を迎えました。もう一つ寝るとお正月です。新年を目前にひかえた今、あなたはどんな思いで過ごしていますか?僕は自己実現のことばかりを考えています。他人と比較して劣等感を抱くよりも、ありのままの自分を活かしていきたい、と。今年の秋は自分と向き合うためのシーズンでした。3年ぶりに海外を訪れましたし、自分の持ち味をキャラクター業界に還元したいとも考えました。これまでの自分と決別するうえで、大切...

2023年のまとめ(5月~8月)

思えば2023年、いつになくビッグニュースが続きました。前回書きそびれましたが、3月に開催されたWBCでは見事、栗山監督率いる侍JAPANが栄冠を勝ち取りました。あの時の熱狂ぶりは忘れられません。なんたって、日本中が野球一色に染まったのですから。今回はWBCフィーバーが徐々に落ち着いてきた、5月からの出来事を見ていきます。このあたりから気温が上がりだし、8月の猛暑へと繋がっていきました。5月:新型コロナ5類に引き下げ...

2023年のまとめ(1月~4月)

クリスマスが終わるや、たちまち年末ムードに突入しました。外に出れば新年の飾りつけが目につきますし、テレビ番組もすっかり特番だらけです。多くの人が一年の疲れをいやし、互いに苦労をねぎらう頃合いでしょう。今年も当ブログ恒例の企画をやりますよ!29日から31日にかけて、一年の総まとめをお届けします。2020年以降、これまでとは違うまとめ方をしてきましたが、ようやくアフターコロナに入ったことですし、例年通りに戻し...

4年ぶりに台湾行くぞー!!

ついに決まりました!2020年2月以来、約4年ぶりに台湾に行きます。いや~本当に長かったですよ、この4年間。苦痛とやるせなさに満ちた4年間でした。喉から手が出ても届かなかった台湾。ときおり「現地の香り」がフラッシュバックして、なんど嗚咽したことか...。このブログで台湾ネタを扱ったのはたしか、李登輝元総統の逝去に際して執筆した追悼記事が最後でした。2020年夏のことです。あれからコロナ対策漬けの台湾に愛想をつか...

【水路復活】親類宅の排水溝を掘り返した【4回目】

20年前に埋められてしまった親類宅の排水溝。水はけの悪さを解消するため、今夏から掘り返し作業を続けています。これまで3回の作業を行い、全体の半分以上が掘り返されました。8月末に猛暑が落ち着いたところで、蚊の大量発生から身を守るため、いったん作業を中断して今日に至ります。3か月ぶりに訪れてみると、少しだけ様子が変わっていました。見ないうちに雑草が生い茂り、残土を仮置きしている場所が藪化しています。掘り返...

【水路復活】親類宅の排水溝を掘り返した【3回目】

親類宅の埋った排水溝を掘り返す作業企画。今回は残り9メートルのうち、2メートル分を掘り進めました。作業が折り返し地点に来たところで、大きな問題にぶつかりました。堆積土砂が減るどころか、逆に増えているじゃないですか!それだけじゃない。ガラス片や陶器類が主体だった埋設物も、プラスチック製のプランターや重いコンクリ片にとって代わりました。おかげで埋設物を移動することに時間を割いてしまい、まったく捗りません...

【水路復活】親類宅の排水溝を掘り返した【2回目】

20年前に埋められた、親類宅の排水溝(延長18m)を掘り起こす企画。2回目となる今回は、さらに4メートル掘り進めました。これにて半分を掘削したことになります。▲作業前の状態前回作業した5メートル分は、とにかく異物の除去に難儀しました。前回お伝えしたように、遠縁の爺様が廃材をかき集めてはバラックを建て、余った廃材を土中に埋めたからです。さっそく掘り進めると、屋根瓦の破片が大量に出てきました。ガラス片こそ出な...

【水路復活】親類宅の排水溝を掘り返した【1回目】

以前、親類宅の作業道を50年ぶりに開通させた件について記事にしました。あの後、親類宅で新たな問題が浮上しました。水はけが悪すぎる問題です。その理由は「親類の義父」にあたる爺様にありました。血縁者ではありませんが、祖父母が近くに住んでいた関係で、昔から親戚づきあいをしてきた過去があります。その爺様がとにかくDIYに凝っていて、事あるごとに廃材をかき集めては、広い敷地のいろんな場所にバラック小屋を建ててい...