【施設紹介】JR山陰本線 香住駅(兵庫県香美町)―カニの爪が出迎える駅

今回は兵庫県北西部・香美町にある香住駅をめぐります。所属路線はJR山陰本線。福知山支社管内を代表する主要駅の一つで、普通列車だけでなく、特急「はまかぜ」の一部列車もここで折り返します。2005年までは旧城崎郡香住町の代表駅でした。▲香住駅舎基本的な造りは浜坂駅によく似ています。駅正面の壁に沿って、細長いひさしが張り出していました。駅前広場は最近整備されたらしく、バス専用スペースも設置されています。▲駅前ロ...

【施設紹介】JR東海道本線 山科駅/京阪京津線 京阪山科駅(京都府京都市山科区)

今回は京都市山科区にあるJR山科駅をめぐります。所属路線は東海道本線(琵琶湖線)・湖西線、駅番号はJR-A30(琵琶湖線)・JR-B30(湖西線)。なお、京阪山科駅もここで併せて扱います(地下鉄東西線山科駅は割愛)。▲JR・京阪山科駅全景駅前広場はJR・京阪京津線の線路に挟まれた、狭いスペースにあります。そのため、いったん踏切を渡ってから中に入るという、一風変わった構造なのが特徴です。▲JR山科駅正面を眺めて駅入口は高...

【施設紹介】JR因美線/智頭急行 智頭駅(鳥取県智頭町)

今回は鳥取県南部・智頭町にある、智頭駅をめぐります。所属路線はJR因美線・智頭急行。同駅は智頭急行の北端部にあたり、陰陽連絡線の中に含まれています。因美線は同駅を境に南北で性格が異なり、北部は特急も走る陰陽連絡線ながら、南部は閑散とした山奥のローカル線にすぎません。智頭急行の開業にともない、南北で運命が分かれた格好です。▲智頭駅舎木造平屋建ての小さな駅舎です。駅前広場には広い歩道が整備されていました...

【施設紹介】JR姫新線/津山線 津山駅(岡山県津山市)―扇形庫が残る駅

今回は岡山県北部・津山市にある、津山駅をめぐります。所属路線はJR姫新線・津山線。東津山駅で分岐する因美線も乗り入れていることから、同駅は3つの路線が乗り入れる「ジャンクション駅」といえます。すでに急行以上の種別は乗り入れていませんが、今でも岡山県北部の主要駅として、輸送・運行面で重要な役割を担っています。▲津山駅舎主要駅らしい、平屋建ての大きな木造駅舎です。駅前広場は最近になって整備されたらしく、真...

【施設紹介】JR山陰本線 大田市駅(島根県大田市)―らとちゃんが出迎える石見銀山最寄り駅

今回は島根県中央部にある大田市駅をめぐります。所属路線はJR山陰本線。大田市といえば、島根が誇る世界遺産「石見銀山」のある街です。駅のある市中心部から離れた場所ですが、玄関口ということでしっかりPRされていました。いやむしろ、石見銀山が大田市のアイデンティティみたいなものでしょうから、PRして当然なのかもしれませんが。▲大田市駅外観駅舎は典型的な国鉄主要駅に多い様式です。▲駅前ロータリーにある「らとちゃん...

【施設紹介】JR山陰本線 浜坂駅(兵庫県新温泉町)―カニと温泉の街の玄関口

今回は兵庫県北西部、新温泉町にある浜坂駅をめぐります。所属路線はJR山陰本線。米子以東でもとくに本数の少ない区間にある主要駅で、特急「はまかぜ」の一部が同駅で折り返します。福知山支社管内の駅ですが、鳥取方面から米子支社の車両も乗り入れています。▲浜坂駅外観浜坂駅は全体的に平べったい駅舎なのが特徴です。国道から若干離れているせいか、駅前広場は閑散としていました。交通量もあまり多くありません。▲浜坂駅前の...

【施設紹介】JR草津線/信楽高原鐵道/近江鉄道 貴生川駅(滋賀県甲賀市)

今回は滋賀県南部、甲賀市にある貴生川駅をめぐります。所属路線はJR草津線・信楽高原鐵道・近江鉄道本線。うち近江鉄道の駅にはOR37という駅番号が与えられています。草津線列車のうち、半数に近い列車が同駅で折り返すなど、運行上の要地といえる駅です。▲貴生川駅南口駅舎は橋上式で、東西方向に線路が、南北方向に自由通路が通っています。▲貴生川駅北口北口は甲賀市中心部、言い換えると旧水口(みなくち)町中心部に面してい...

【施設紹介】JR山陰本線/KTR宮豊線 豊岡駅(兵庫県豊岡市)

今回は兵庫県豊岡市にある、豊岡駅をめぐります。山陰本線東部にいくつかある主要駅の一つで、JR宮津線から経営移管されたKTR宮豊線が分岐しています。現在も運行上の拠点として機能しており、広い構内を有しているのが特徴です。▲豊岡駅を正面から駅舎は今どきよくある橋上式です。1階のスペースにはキオスクが入居しています。最近の橋上式によくある構造といえるのではないでしょうか。▲豊岡駅自由通路・窓口など階段を上がると...

【撮影記】夕方4時台のJR博多駅新幹線ホーム

久しぶりにJR博多駅の新幹線ホームに上がりました。ふと、「のぞみ」仕様のN700系をあまり撮っていないのを思い出して、ブログにいくつか挙げてみようと思ったのです。・・・というのは建前で、本当の理由は11月5日に投稿した記事「【九州人として】「世界キャラクターさみっとin羽生2019」の過ごし方【考える】」のカットに使う、N700系の写真が欲しかったからです。博多駅は障害物が多くて撮りづらいイメージですが、果たしてうまく...

【施設紹介】JR山陽新幹線/山陽本線/呉線 三原駅(広島県三原市)

今回は広島県三原市にある、JR三原駅をめぐっていきます。所属路線は山陽本線。海沿いを走る呉線が分岐しているほか、山陽新幹線のホームもある大きな駅です。三原駅はいわゆる高架駅で、高架下に窓口・改札が、上にホームが設置されています。▲三原駅前の様子▲三原駅の駅前広場一階には待合室、窓口、改札口があります。改札口は在来線・新幹線の供用になっており、その奥には新幹線用の改札口が別途、用意されています。全体的に...

【施設紹介】JR山陽本線 白市駅(広島県東広島市)

今回は広島県東広島市高屋町にある、白市駅をめぐっていきます。所属路線はJR山陽本線。駅周辺は山がちながら住宅地が散在しており、広島市のベッドタウンとして機能しています。多くの住民を広島に送り届けるため、同駅折り返しの列車がいくつも設定されています。▲白市駅舎駅舎は平屋建ての小さなものです。石州瓦がいかにも中国地方らしい。駅前は狭く、わずかなスペースに駅前通りと商店・住宅が密集しています。なお、駅名の...

【撮影記録】さよなら大阪環状線201系 雨の桜島線で乗車&駅撮り

新型電車321系の導入完了により、大阪環状線から撤退する201系。今回はそんな201系を撮影するため、西九条駅にやってきました。最後まで残った201系は、基本的に桜島線で使用されているようです。西九条まで行けばどうにかなると思いました。さて、肝心の201系はいつ見られるでしょうか?被写体はすぐにやってきました。到着したのは「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」のラッピング編成です。まずはこれに乗っ...

【施設紹介】JR可部線 あき亀山駅(広島県広島市安佐北区)―蘇った鉄路の終着点

今回は広島県広島市、安佐北区にあるJRあき亀山駅をめぐります。所属路線は可部線。同駅は2003年に廃止された、可部~三段峡間の路盤上に置かれています。廃止区間のうち、可部~河戸間と、河戸~今井田間の一部が復活する形で、2017年に延伸開業しました。今回お届けする「あき亀山」駅は、延伸区間の終点にあたります。あき亀山駅の駅舎は小さく、小さな券売機と改札口が設置されているだけという、比較的シンプルな構造になって...

7月25日 天神祭混雑&JR・阪急人身事故で阿鼻叫喚の大阪駅へ

大阪の町が「天神祭」で賑わった7月25日。JR・阪急で起きた人身事故に加え、天神祭に向かう乗客が殺到したことで、JR大阪駅が一時地獄絵図さながらの状況に陥りました。目次1 難波~(南海電車)~新今宮2 新今宮~(環状線)~天王寺3 天王寺~(環状線)~大阪難波~(南海電車)~新今宮当日、私は偶然にも大阪にいました。乗り鉄を兼ね、難波から南海電車で天下茶屋に向かい、さらに堺筋線に乗り換えて、淡路経由で梅田に向かうつも...

北陸本線353.8km、最後のなぞり旅(金沢⇒直江津編)

2015年3月、青春18きっぷを使ってJR北陸本線を乗りつぶしました。ちょうど同月に、北陸新幹線の金沢延伸が控えており、北陸本線の一部区間で経営分離が施行されることになっていました。延伸後、経営分離されるJR北陸本線の金沢~直江津駅間は、当然ながら青春18きっぷの利用対象区間から外されます。個人的に、北陸本線はお気に入りの旅行ルートでしたし、北陸路353.8キロメートルの記憶をもう一度目に焼き付けんと、船・鉄道を利...

【施設紹介】JR山陰本線 萩駅(山口県萩市)

今回はJR山陰本線の中でも、ずば抜けて本数の少ない益田~下関間にある、萩駅(山口県萩市)の様子についてお届けします。萩駅は萩市街地の西端にあり、駅前から道をまっすぐ北に進むと、幕末・維新期の史跡が数多く残る市中心部に至ります。萩駅前の広いロータリーにはD51の動輪が展示されています。駅舎は大正14年の開業時に建てられたもので、洋館風のモダンな駅舎が大切に保存されています。撮影当時、まだ建立前ということで写...

【2017年10月・撮影記録】台風21号接近中のJR京都駅で激写!

台風21号接近中の10月22日、私はJR京都駅ホームに足を降ろしました。今回は野暮用で近畿地方に入りましたが、用が済んでしまうと後はフリーです。そんな自由時間を使い、京都駅を発着する列車の姿を激写してみました。京都駅からは和歌山方面に向かう特急が多く出入りしています。京都駅到着後、まず特急「くろしお」で使用されている287系に遭遇しました。しかも、「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」の編成ではあ...

【施設紹介】JR山陽/山陰本線 幡生駅(山口県下関市)

本州最西端の山口県下関市、その中心駅下関から一つ東にある駅が、今回お届けする幡生駅です。所属路線はJR山陽本線。同駅からは日本海に沿って本州北海岸を通り、京都に至るJR山陰本線が分岐しています。▲幡生駅外観昔ながらの木造駅舎が残っています。駅前広場はたいへん狭く、ロータリーの類はありません。そのすぐ横には、老朽化した車両の解体場所として有名な下関総合車両所があります。▲趣ある幡生駅の車寄せ幡生駅にはもと...

【施設紹介】JR山陽本線 長府駅(山口県下関市)―乃木大将の故郷最寄り駅

本州の最西端にして山口県の最大都市にあたる下関市に、今回お届けする長府駅はあります。所属路線はJR山陽本線。長府駅付近は同路線のちょうど最西部にあたり、下関駅や終点の門司駅はここからそう遠くありません。この長府という駅名は付近の旧城下町に由来するものですが、駅から旧城下町までなんと約2キロも離れています。長府観光をするのであれば、市中心部からバスを利用した方が便利なのかもしれません。なお、長府は第3代...

終焉近づくスハフ12-36 幡生の重機横へ(下関総合車両所)

山陽本線を幡生から新下関に向かっているときのこと。幡生駅に隣接する下関総合車両所の解体線に、ふとどこかで見たことのある客車が一両留置されているのがみえました。留置されていたのはなんと、「SLやまぐち号」の予備車として長年新山口駅に留置されていたスハフ12-36でした。下関総合車両所は老朽化した車両の解体場所として知られています。12系レトロ客車が「SLやまぐち号」の任を解かれた今、もはやスハフ12-36の役目はあ...

【施設紹介】JR山口線 津和野駅(島根県津和野町)―「西の小京都」への玄関口

島根県西部、「西の小京都」と称されることの多い津和野の玄関口にあたるのが、今回お届けするJR津和野駅です。山口線内屈指の要所であり、特急「スーパーおき」が停車するほか、ここで折り返す列車も存在します。同線を代表する観光列車「SLやまぐち号」の終点駅でもあります。▲津和野駅外観小京都の玄関口としての風格を兼ね備えた駅舎は、周囲の建物にあわせて渋い色に統一されています。向かって右側には待合室・売店が、左側...

【施設紹介】JR呉線 広駅(広島県呉市) 呉線を東西に分かつ要衝

戦前から軍都として名高い広島県呉市に、今回お届けするJR広駅はあります。同駅は呉線の中間地点にあり、路線を東西に分かつ要所に位置づけられています。広島からの電車はその大半が広で折返し、三原方面からの電車もやはり広止まりが大半です。▲広駅外観住宅街の中に平屋建ての駅舎が建っています。運行上の拠点となっているため、駅舎横には立派な乗務員詰め所もあります。また、セブンイレブンも併設されています。▲駅前ロータ...

撮影者必見!C57-1牽引「SLやまぐち号」 津和野駅着後の小移動

C57-1牽引の観光列車「SLやまぐち号」が終点津和野駅に到着後、留置線に入る様子を駅内外から追いました。ホームですべての客を降ろしてから数分後、SL列車は山間の静かな町で小移動を始めます。▲津和野駅に到着後の12系客車「SLやまぐち号」撮影から1カ月もしないうちに、「SLやまぐち号」で永らく使用されてきた12系客車は引退を迎えます。この編成が消えると、12系は文字通り「風前の灯火」状態に入ります。今回は貴重な12系客...

【施設紹介】JR山陽本線 富海駅(山口県防府市)―木造駅舎が美しい海水浴の名所

山口県防府市東部の海沿いに、今回お届けする富海駅はあります。周防灘に面した小集落にあるこの駅は、海水浴場に近いことで知られています。また、無人駅ながらも比較的古い木造駅舎が残っており、山陽本線がにぎわっていた頃の面影を今に伝えています▲富海駅の木造駅舎駅前には路地の入り組んだ海沿いの小集落が広がっています。また、駅裏側には国道2号線と山陽自動車道が通っています。駅周辺の地形は山がちで、山が海岸近くに...

【旅行記】C57-1牽引「SLやまぐち号」 12系客車最後の夏にゆく (2)

津和野行きの快速「SLやまぐち号」は定刻通り、新山口駅を出発しました。今回乗車した2号車はいわゆる「欧風客車」で、車内にはヨーロピアンな装飾が施され、座席もソファシートになっています。原色の12系が留置されている山口地域鉄道部を横目に進む中、懐メロとともに車内放送が始まりました。客車の代名詞「ハイケンスのセレナーデ」を生で耳にするのは、寝台特急「はやぶさ」に乗車した2009年以来、およそ8年ぶりのことです。...

【旅行記】C57-1牽引「SLやまぐち号」 12系客車最後の夏にゆく (1)

今回私は山口県山口市にあるJR新山口駅へとやってきました。個人的には、旧名の「小郡」と呼んだ方がしっくりとくるこの駅に来た目的は一つ、観光列車として名高い「SLやまぐち号」に乗車するためです。「SLやまぐち号」に乗りにきた方の多くは、昭和10年代に製造された蒸気機関車C57を間近に見ることを目的としているかもしれません。しかし「SLやまぐち号」の見どころは機関車だけではありません。牽引される客車はリニューアル...

【施設紹介】JR美祢線 於福駅(山口県美祢市)

今回お届けする於福駅は山口県西部、美祢市の北部にあるJR美祢線の小駅です。▲於福駅駅舎昔ながらの木造駅舎で、屋根瓦にはいかにも中国地方らしい石州瓦が使用されています。無人化されているため駅窓口は閉鎖されており、もともと駅事務室のあった場所は「於福地域交流ステーション」というコミュニティ施設として転用・活用されています。▲於福駅前の風景駅前は静まり返っています。また、駅前商店と思しき建物にはシャッターが...

JRと名アニメのコラボ!山陽新幹線「500 TYPE EVA」に乗る(小倉→博多)

山陽新幹線では現在、人気アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』とのタイアップ列車「500 TYPE EVA」が運行されています。この列車は500系V2編成をベースに、同アニメの世界観が車内外に再現されています。当初は1年間の運行予定でしたが、あまりの人気ぶりに運行期間がさらに1年間延長されています。さて、今回はそんな「500 TYPE EVA」にようやく乗車することができましたので、乗車記と称して簡単なレポートをお届けします。乗車区...

山陽新幹線の人気列車・500系「500 TYPE EVA」を激写! ―博多駅

登場から1年強にあたる2017年2月、ようやく500系ラッピング車「500 TYPE EVA」の激写に成功しました。ここまで来るのにどんなに長かったことか・・・この「500 TYPE EVA」というのは簡単にいうならば、JR西日本と今や世界的に有名なアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のタイアップ列車です。2015年末から500系V2編成に『エヴァンゲリオン』をイメージした特別ラッピングを施したうえで、博多~新大阪間の「こだま」運用に使用されて...

【1月31日・撮影記録】JR博多駅新幹線ホームで激写!シメは「あそぼーい!」に

新幹線ホームでの撮影にすっかりはまった私は再び、1月25日に続いて博多駅の新幹線ホームへと向かいました。今回は500系「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト「500 TYPE EVA」」の運転日ではないので、通常仕様の500系を中心に軽く撮って回ります。▲博多駅で出発を待つ800系「さくら413号」撮影時間帯は前回(1月25日)とあまり変わりません。前回と同じく、800系トップナンバーのU1編成が「さくら413号」を担当していました。▲8...