お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

まさか2月連続でジェットスターを使うことになろうとは、思ってもいませんでした。なにせ福岡~成田で10000円強ですから、思わず席があるうちにと発券したのです。年末の繁忙期にもかかわらず、この価格で行けたのは嬉しい収穫でした。

ということで、2019年末の12月27日。福岡から成田まで大移動すべく、福岡空港に向かいました。いつものように博多で地下鉄に乗り換え、福岡空港駅を目指します。

DSCN0956.jpg
今回は余裕をもって空港に着こうと思い、博多駅には7時頃に到着しました。この調子で行けば、空港には7時半前に到着するでしょう。ちなみにGK505便のチェックイン締め切りは、搭乗30分前の7時45分です。

結局、福岡空港には7時20分に到着しました。言い換えると搭乗50分前に到着したことになりますが、もしこれが国際線だったら余裕でアウトです。チェックインでバタバタしたくないという方は、ウェブチェックインをするという方法もありますよ。

空港到着後、すぐにジェットスターのブースに向かい、チェックイン機械で搭乗券を発行しておきます。今回は預け荷物がないので機内持ち込みだけです。

簡単にチェックインを済ませると、搭乗券が出てきました。座席番号が気になったので見ると、嬉しいことに窓際でした!これなら風景動画を収録できそうですね。私のYouTubeチャンネルでは現在、飛行機の風景動画をウリにしています。飛行機に乗る上で、動画ネタの収録は最大の関心事なのです。

DSCN0957.jpg
チェックインが終わったら、あとはすることがないので保安検査場に直行します。

さっと荷物検査を通り抜けて、待合室で出発までの時間を過ごしました。コンデジの充電が十分ではなかったらしく、ここで電池切れに気づきました。ということで、コンセントを見つけてコンデジの充電も並行してやっておくことに。

ピーチはボーディングブリッジから搭乗しますが、ジェットスターは沖止ということで、シャトルバスでの移動を挟んで登場します。搭乗口も他とは別の場所にあって、人気のない階段を降りた先にありました。

DSCN0958_202001102247295be.jpg
搭乗口に到着してから40分後、ようやっと飛行機に乗る時間が訪れました。なんでも機材到着が遅れたらしく、出発は20分遅れになるとのこと。ここんところ、いかにもLCCらしいっちゃらしいですね。

西鉄運行のシャトルバスに乗り込み、これから飛行場内を数分かけて移動します。ボーディングブリッジに接するエプロンには、全日空、日航、スカイマークが駐機していました。

DSCN0960.jpg
国際線方面に目をやると、ピーチが離陸の準備を始めている所でした。あれはバニラエアの航路を引き継いだ、ピーチの福岡~桃園線ではありませんか。相変わらず、福岡空港国際線では唯一の日系会社として強い存在感を放っています。

DSCN0963_202001102247325bb.jpg
そうこうしているうちに、GK505の機材が駐機するエプロンが近づいてきました。ジェットスターの隣にはFDAの機材が並んでいます(写真上)。色は紫色でした。

DSCN0966.jpg
GK505便の機体が近づいてきました。レジ番号はJA12JJでした。

DSCN0969_20200110224735a38.jpg
隣のFDA機材のレジ番号はJA06FJでした。

DSCN0970_20200110224736c54.jpg
それではタラップを登り搭乗します。今回は右側の窓際席でした。窓の外には遮るものがなく、これなら最高の離着陸動画を収録できそうです。まだエプロンから動いてすらいませんが、早々楽しみになってきました。

DSCN0972.jpg
GK505便は定刻から20分遅れで、北向きに離陸しました。この日の福岡は曇り。分厚い雲を突き抜けると、一面雲海が広がっていました。下の風景は断片的にしか見えてきません。

DSCN0973.jpg
離陸してから20分経ったでしょうか。リアス式海岸が見えてきました。河口の狭い範囲に市街地が密集しています。経路上でこの地形といったら、もうここしかないでしょう!大分県南部に位置する佐伯市です。

S1640001.jpg
▲佐伯市街地

S1640002.jpg
やがて豊後水道を抜け、四国上空に入りました。飛行機は少しだけ高知県上空を通ってから、太平洋上に出ます。遠くに足摺岬(土佐清水市)が見えたので一枚。

S1640003.jpg
▲四万十市(旧中村市)と足摺岬をまとめて一枚

S1640004.jpg
▲四万十町興津地区の上空
飛行機は高知県上空から太平洋上に入ると、あとはずっと海しか見えません。次に陸地が見えるのは1時間後、伊豆諸島沖を通るときのことです。

DSCN0974.jpg
暇なので機内誌でも見ておきましょうか。ページをめくると、ジェッ太の漫画が掲載されていました。あ~これ見たかったんですよ!たまんないじゃないでスター!

DSCN0975.jpg
そんで、暇つぶしに見てもらうためか、機内誌に隠れたジェッ太を探してみようという企画もありました。見つけてみようと、ついつい満遍なく読んでしまいましたよ。こういう暇の潰し方もアリですね。

S1640005.jpg
▲御蔵島
着陸準備が始まると、久々に陸地が見えてきました。ちょうど伊豆諸島沖を航行中らしく、まずは御蔵島が見えてきます。

S1640006.jpg
▲三宅島
残念ながら三宅島は半分しか見えません。島の真上を通るためです。火山活動が活発なため、島中央部には草木が少なく薄い色をしているのが分かります(写真上)。

DSCN0978.jpg
出発してから2時間後、久々に本土が見えてきました。この長く続く海岸線はまさしく、九十九里浜です。ということはつまり、東側から滑走路に進入するということです。ここまでくれば、成田空港はもうすぐですよ。

DSCN0979.jpg
成田の天気は晴れ。福岡とは打って変わって好天の中、着陸シーンを収めることに成功しました。動画の出来としては上々です。ただ、風が強くて空気が冷たく、外を出て回るには若干ツライと感じました。

飛行機を降りてターミナル3に入ると、チーバくんのパネルが出迎えてくれました。そう、ここは新東京国際空港と名乗りながら千葉県にあるのです。都心からだいぶ離れているのが難点ですね。



DSCN0980.jpg
ターミナル3から700メートル通路を通って、空港第2ビル駅に着いたところで、今回の搭乗記はおしまいです。全体的に太平洋上を航行する航路ですが、四国や伊豆諸島が見えるなど、全体的に見える風景が美しいと思いました。

たしかに成田空港から都心まではずいぶん離れていますが、博多~東京を5時間で結ぶ新幹線に比べたら、はるかに短時間で移動できます。ジェットスターやピーチを使って東京に行くのもアリですね。

撮影日:2019年12月27日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

このカテゴリーに該当する記事はありません。