ブログヘッダー画像

(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【長崎ホテルガイド】諫早駅に直結!Shin-hotel(新ホテル)

西九州新幹線が開業したことで一変したJR諫早駅。国鉄時代からの木造駅舎は立派な駅ビルへと生まれ変わり、その収容力を活かして、ビジネスホテルや飲食店が入居しています。親族の法要で諫早を訪れたときのこと。駅周辺で一泊することになり、予約サイトを覗いてみると、主要なホテルはほぼ満室でした。そんな中、諫早駅併設の「Shin-hotel」に空室があるのを見つけ、なんとか部屋を確保することに成功。僕はダブルベッドの部屋に...

シチメンソウ徐々に復活中!干潟よか公園をぶらり散策

「干潟よか公園」その名を聞いて、ぼっさんを連想するのはネット初期の世代ぐらいでしょう。真っ赤に色づくシチメンソウを背景に、通称「ぼっさん」という名のおじさんが棒立ちしている...。たったそれだけの画像ですが、たちまちコラ画像として有名になったのは、知る人ぞ知るネット裏話です。そんな「ぼっさん画像」の撮影地こそ、今回ご紹介する干潟よか公園(佐賀県佐賀市)です。有明海沿いの干潟に設置された公園で、秋にな...

唐ワンくんも稼働中!唐津くんち2023お旅所神幸(2=完)

12年ぶりの唐津くんちを満喫しながら、唐津市役所に到着しました。SNS情報によると、唐ワンくんが市役所拠点に登場しているとのこと。おそらく13時に登場すると読み、庁舎内で休憩を兼ねて待機します。予想通り!13時になると「紫の兜」が見えたので、さっそく庁舎エントランスの車寄せに向かいます。▲文字をかきかきする唐ワンくん(超達筆)窓越しに唐ワンくんを見るや、すぐさま「こっちにこい」とジェスチャーされました。メッ...

唐ワンくんも稼働中!唐津くんち2023お旅所神幸(1)

佐賀県唐津市の名物といえば、なんといっても「唐津くんち」でしょう。普段は穏やかな唐津市街地も、この時ばかりは熱気に包まれます。そんな唐津くんちに2011年以来、12年ぶりに顔を出してきました。今回見るのは2日目の「お旅所神幸」。曳山巡行の様子を見つつ、タイミングが合えば唐ワンくんにも挨拶したいと思います。▲筑前前原駅に停車中の103系復刻塗装昔を思い出して懐かしい...それにしても、凄まじい混雑ぶりでした。やっ...

【森園】「まるまるうどん 大村店」のチキン南蛮定食(長崎県大村市)

昔ほどではありませんが、食べ放題と聞けば飛んでいくうらたつきです。GW直前のある日、親類宅への野暮用で長崎に行きました。あいにくの雨ということで、楽しみだった西九州新幹線の撮影はスルー。所用を済ませたのち、大村市内でランチタイムにしました。今回訪れたのは「まるまるうどん大村店」。なんでも長崎では有名なうどんチェーンらしく、ガッツリ系メニューがウリなんだそうです。漬物数品が取り放題のほか、定食メニュー...

山王神社(長崎市坂本)―片足鳥居・クスノキでおなじみ被爆遺構

今回は長崎市中心部、坂本地区にある山王神社をめぐります。原子爆弾投下に伴い、社殿など神社構造物の多くが破壊・焼失した中、一部鳥居とクスの木が残りました。二の鳥居は「片足鳥居」という名で知られ、平和教育の教材としてながく親しまれています。▲熱線と風化で崩れかけた石燈籠基礎原爆投下後、一の鳥居は完全な状態で、二の鳥居は右半分だけが残りました。残念ながら一の鳥居は交通事故で倒壊してしまい、その後は二の鳥...

琴平神社(長崎市現川町)―正面から入れない神社

今回は長崎市北東部、現川町の山中にある琴平神社をめぐります。この神社の存在を知ったのは、JR現川駅を利用した時のことでした。当時、駅ホームで2時間ほど撮影しようと思い、現川駅を利用したのですが、その時にふと地図を見ると、近くに神社があることに気づきました。かなり山奥ながら、歩いて10分程度の近距離ということもあり、暇つぶしに行ってみたのです。▲琴平神社入口車1台分がようやく通れるほどの狭い山道を進むと、...

佐賀・嬉野温泉「シーボルトの湯」で日帰り入浴!ゆっつらくんに会えるかも...

じつに15年ぶりの嬉野でした。今回は忍者ではなく温泉の方です。数か所ある日帰り浴場の中でも、とりわけ知名度の高い「シーボルトの湯」に立ち寄りました。温泉街の中心地にある浴場で、そのルーツは大正年間に建てられた「古湯」にあります。▲シーボルトの湯外観ドイツ人技師によって設計された洋風建築でしたが、2005年福岡県西方沖地震のため取り壊されました。その後、当時の設計そのままに復元され現在に至ります。十数年前...

フェリーげんかいに乗るためだけの対馬弾丸旅(厳原観光~比田勝)

せっかく対馬に来て日帰りというのは、ちと勿体ないと思いましたがしゃーない。今回の目的は対馬というよりも、むしろフェリー乗船です。2021年7月1日、九州郵船の新造船「うみてらし」が博多~比田勝航路に就航します。これにともない、1983年にデビューした「フェリーげんかい」が退役する予定です。今回はそんなフェリーげんかいに乗るため、弾丸日程を組んで対馬に入りました。九州郵船の夜行便で厳原港に降り立ち、これから朝...

八幡宮神社(長崎県対馬市)―対馬の歴史が詰まった社

今回は長崎県対馬市厳原町にある、八幡宮神社をめぐります。社号 八幡宮神社(厳原八幡宮神社)旧県社祭神神功皇后仲哀天皇応神天皇姫大神武内宿禰例祭日旧盆八月十三日 前夜祭〃八月十四日 前夜祭〃八月十五日 本祭〃神幸式放生会本社は神功皇后三韓御征伐の時対馬国に御着船ありて上県郡和珥の津より三韓に渡り給ひ三韓を平げ給ひて凱還の時清水山に行幸ありて此の山は神霊の止まるべき山と宣ひ神鏡と幣帛を岩上に置き皇后親...