八幡宮神社(長崎県対馬市)―対馬の歴史が詰まった社

今回は長崎県対馬市厳原町にある、八幡宮神社をめぐります。社号 八幡宮神社(厳原八幡宮神社)旧県社祭神神功皇后仲哀天皇応神天皇姫大神武内宿禰例祭日旧盆八月十三日 前夜祭〃八月十四日 前夜祭〃八月十五日 本祭〃神幸式放生会本社は神功皇后三韓御征伐の時対馬国に御着船ありて上県郡和珥の津より三韓に渡り給ひ三韓を平げ給ひて凱還の時清水山に行幸ありて此の山は神霊の止まるべき山と宣ひ神鏡と幣帛を岩上に置き皇后親...

金刀比羅神社(長崎県対馬市厳原町)―港町の高台にある社

対馬をめぐるうちに、この島にはたくさん神社があることに気づきました。島の玄関口にして中心部の厳原も、例外ではありません。街中を歩いていると、ちょっとした小道があって、そこを進むとたちまち鳥居が見えてくるのですから。今回は厳原の中心部に近い、金刀比羅神社をめぐります。▲金刀比羅神社の入口・一の鳥居その入口はスナックや居酒屋が密集する歓楽街にありました。こじんまりとしていますが、清掃が行き届いているら...

豊崎神社(長崎県対馬市上対馬町)―比田勝バスターミナルの前にある社

今回は対馬最北部、比田勝地区にある豊崎神社をめぐります。▲豊崎神社を正面から眺めて(手前の道路は国道382号)比田勝港から国道沿いに内陸部に入ると、やがて比田勝バスターミナルに至ります。その近くにあるのが、この豊崎神社です。元寇に際して戦死した宗下野次郎盛維をはじめ、計4柱の神が祭られています。豊崎神社由緒記上県郡上対馬町比田勝神ノ山六五八前夜祭 九月十四日 例大祭 九月十五日豊崎神社祭神名 經津主神...

厳原港を一望できるビュースポット!清水山城三ノ丸に登る(長崎県対馬市)

対馬の中心地・厳原には、多くの史跡が残っています。今回はその中から、井須原港を一望できるビュースポットで知られる、清水山城三ノ丸に登ってみました。「登る」というからには、もちろん険しい山道を歩かねばなりません。はたして、無事にゴールまでたどり着けるでしょうか?史跡 清水山城跡国指定 昭和五九年一二月六日清水山城跡は、有明山(五五八.二m)から延びた東の支脈先端にあたる清水山の尾根上に立地する。一六世...

フェリーげんかいを見ながら散策!上対馬・比田勝港をめぐる

2021年に退役が予定されている、九州郵船「フェリーげんかい」を撮影するため、対馬最北部の比田勝にやってきました。これから比田勝の街をグルリとめぐりながら、一路比田勝バスターミナルを目指します。それまでの道中、フェリーが見える場所を見つけては、じゃんじゃん撮っていくつもりです。▲今回のスタート地点はコチラ!比田勝港ターミナルのちょうど対岸比田勝港は入江の奥にあります。そのうち、九州郵船のターミナルがあ...

住吉神社(長崎県対馬市厳原町)―崩れかけた鳥居が建つ港の社

対馬の中心部・厳原の港沿いを歩いていると、ふと気になる一角を見つけました。家と家の間に見えるのは、どうみても石の階段です。雰囲気からして、その先に神社があるのは一目瞭然でした。現地の宗教事情を垣間見るべく、石段を進んでみました。民家の隙間を抜けると、その裏手にあったのは一基の水盤と崩れかけた石段でした。あまり通る人がいないのか、かなり草生していますし、細い水道管が石段を横切っています。滑落しないよ...

県指定記念物・対馬藩お船江跡(長崎県対馬市)―江戸時代の石積みドックが残る

対馬の中心地・厳原に近い久田地区にはかつて、「お船江」という対馬藩の船を手入れするドックがありました。その遺構は現在でも残されており、城下町厳原を代表する史跡として、観光地化されているそうです。今回はそんなお船江跡を見るべく、久田地区を目指しました。厳原中心部から歩いて10分という、気軽に行ける観光地でした。▲厳原から久田に抜ける橋上(臨港道路)の説明碑文厳原市街地から久田地区に抜ける臨港道路(厳原...

【約800メートル】JR大村線 ハウステンボス~南風崎駅間を歩いてみた

JR大村線の中でもハウステンボス~南風崎駅の間は、とくに距離が短いことで知られています。営業キロは0.9キロですが、実際には800メートルほどしかなく、徒歩でも簡単に両駅間を移動できるのです。ということで、今回はそんなハウステンボス~南風崎駅間を実際に歩いてみました。沿線にはどのような風景や見どころが隠れているでしょうか?令和初日の2019年5月1日、観光客でにぎわうハウステンボス駅にやってきました。利用者の大...

長崎新幹線建設中!ダンプ行きかう本明町を行く(長崎県諫早市)

2017年8月、ちょうどお盆が終わったばかりの時期でしたか。私は野暮用で長崎県諫早市を訪れていました。用が済んだので暇になり、長崎新幹線の高架橋が建設されているというので、諫早市北西部にある本名町へとやってきました。五家原岳の麓に発し、諫早市を流れて有明海に注ぐ本明川を渡ります。この本明川を中心とする本明川水系は、なんでも長崎県で唯一の一級河川なんだそうですね。知って驚きまたよ。本明川の流れは穏やかで...

2017夏・湯けむり漂う小浜温泉を散策する(長崎県雲仙市)

今回は長崎県島原半島にある温泉地・小浜へとやってきました。こちらはアメリカの前大統領と同じ発音ということで、少し前に有名になった場所でもあります。小浜の中心部にある海産物直売店に車を止め、土産物購入のついでに周辺を散策してみます。近くには日本一長い足湯や温泉蒸気を使った蒸し釜があるそうで、どんな場所なのか気になります。▲海産物直売店前の風景さすがは温泉地、海産物直売店の前には温泉を扱う旅館が軒を並...

藤の花が美しい春の唐津城(佐賀県唐津市)

毎年春になると、佐賀県唐津市の観光地・唐津城では、美しい藤の花が咲きみだれます。九州各地で藤が開花しだす4月下旬、名物の藤を見るため唐津城にやってきました。▲唐津城から唐津市中心部を眺めて唐津城は唐津市街地の北東部、ちょうど松浦側の西岸にあります。小高い丘の上にある城郭からは唐津市中心部のほか、遠く糸島半島を見渡すことができるのだそうです。石段を上ること数分、ついに藤棚に到着しました。花は満開で良い...

気分はスカイダイビング!大山展望所(長崎県松浦市福島)

長崎県東部、伊万里湾に浮かぶ福島にやってきました。福島は離島ゆえに、最近まで船でしか行くことのできない場所でした。近年になって福島大橋が開通したことで、本土からマイカーだけで渡れるようになりました。そんな同島は行政区分上、長崎県松浦市に属しています。ところが、市内の本土側に移動する際、かならず佐賀県を経由せねばなりません。というのも、福島大橋が福島と佐賀県伊万里市とを結んでいるからです。同島の北に...

道の駅鹿島の裏は・・・泥んこ干潟だ!

佐賀県南部、鹿島市の海岸沿いにある「道の駅鹿島」を訪れました。国道207号線とJR長崎本線の傍にあり、建物裏手からは有明海の干潟を一望できるという風光明媚な場所に位置しています。また、ここから車で南に10分ほど行くと、南隣の太良町にも道の駅があるなど、207号線界隈は道の駅ファンにはもってこいのドライブルートになっています。物産直売所もたくさんあるので、楽しんでドライブしてくださいね。▲道の駅鹿島道の駅鹿島...

天気の悪い日、長崎・オランダ坂を歩くと・・・

今回お届けする「オランダ坂」は長崎を代表する観光地として知られています。趣高い石畳の坂道は、「坂の街・長崎」を象徴する風景として、多くの旅行者の心に残ることでしょう。坂道を歩けば古い洋館や遺構が目に飛び込み、少し歩いて回るだけでもボリューム満点の観光ができますよ。坂を上ると、活水女子大学東山手キャンパスの門が左手に見えてきます。女子大入口の守衛室の手前に目をやると、お腹の大きなサビ猫が一匹佇んでい...

孔子廟/中国歴代博物館(長崎市)

今回お届けする孔子廟は長崎市市街地南部、オランダ坂・大浦天主堂の近くにあります。鎖国期に数少ない国際貿易の場であった長崎は、古くから国際色豊かな場所として栄えてきました。現在でも洋館やキリスト教会、中国寺院に中華街といった、異国情緒あふれるスポットが沢山あり、長崎は九州屈指の観光地として日本内外から注目を集めています。▲長崎孔子廟・中国歴代博物館平面図▲長崎孔子廟正面部を側面から孔子廟に入るには、入...

香焼総合公園からの眺め(長崎市香焼町)

長崎県長崎市香焼(こうやぎ)町にある、香焼総合公園に足を運びました。2011年に伊王島大橋が開通したことで、これまで正真正銘の離島だった伊王島・沖ノ島に気軽に行けるようになりました。伊王島周遊後、伊王島大橋を見下ろせる場所を探していたところ、ちょうど高台に総合公園があったので、早速立ち寄ってみたというわけです。この公園がどういった施設なのか知らないまま来ましたが、幸いにも展望台があり、絶景を満喫すること...

有田陶器市2012

ゴールデンウィーク期間中、有田陶器市(佐賀県有田町)を訪問しました。今回のスタート地点は博多駅。ここから特急「みどり」に揺られ、一路上有田を目指すことにします。・・・とはいうものの、駅ホームに上がった地点で乗車位置には長蛇の列ができていました。今回は指定券をとっていないので、もちろん自由席での移動です。数分後、今回乗車する列車が入線しました。早速乗り込みますが・・・陶器市だけではなく、ハウステンボスや...

長崎ランタンフェスティバル2012(完)

感傷に浸っていたササダンゴンを無理やり引っ張り、中央公園の会場に到着しました。先ほど、陽が昇っていた時にも訪れましたが、夜の風景も最高でしたよ!(参考:昼間の中央公園)垂れさがった色とりどりの中華風ランタンがあります。ここ中央公園にも、夜ならではの美しい風景が広がっていました。ブヒー!豚を模したランタンを発見(*^-^*)それぞれが異なる恰好をしていたり、目つきが違ったりとおもしろいです。ちなみに祭壇のあ...

長崎ランタンフェスティバル2012(3)

中華風の門を持つ湊公園を出て、浜町アーケードへと戻ってきました。記事では書いていませんが湊公園へ到着する前に、中華街の方で早めの夕食(皿うどん)をとってきました。しかしそれだけでは物足りない!ということで、アーケードに入ってから豚まんを購入することに。食べ歩きもまた、旅の醍醐味ではないでしょうか(*^-^*)蒸したての豚まんです。あ、こら!うんめろうんめろ・・・怪獣にほとんど食べられてしまいました。残念(>_...

長崎ランタンフェスティバル2012(2)

ここからは、浜町アーケード内の様子をご紹介します。アーケードに入るとランタンだけでなく、赤を基調とした中華風の装飾も目に入るようになりました。上の写真に「春」という文字を掲げているように、ランタンフェスティバルは旧正月、つまり春節を祝うためのイベントです。一部地域では禁止となりましたが、春節のシーズンになると中国の方では爆竹もあちこちで鳴るんだそうです。「お竜、長崎のランタンぜよ!」まちなか龍馬館の前...

長崎ランタンフェスティバル2012(1)

長崎ランタンフェスティバル2012の訪問記です。福岡から高速経由で2時間ほど、長崎の街に到着しました。長崎ということもあり不謹慎かもしれませんが、到着早々某所にて「原爆タイプ」のトマソンを発見しました(笑)下の写真がその物件。取り壊された家がいかに隣家と密着していたかがよくわかるはずです。壁の色の対比が大きければ大きいほど良いトマソン・・・なんだそうで。路地から電車通りに出ましょうか。流石は長崎を代表す...

唐津くんち2011 唐津駅前勢ぞろい

あらかじめ言っておきます。唐ワンくんを期待されていた方、ごめんなさい唐ワンくんとはすれ違いで会えませんでした。ということで、今回は曳山を中心に紹介していきます。訪問日は最終日の11月4日で、ちょうど町廻りが行われる日です。唐津駅に到着したのは12時頃ですが、駅前には既に半分ほどの曳山が到着していました。まずはじめにパシャリと曳山を撮影します。そして毎回恒例の唐ワンくん訪問をしましょうか、とアルピノへ向...