お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

夜行フェリーで神戸に着き、いよいよここから本格的な旅路の始まりです。

まずは無料送迎バスでアイランド北口に向かい、六甲ライナーに乗り換えて魚崎を目指します。来ないうちに新車が導入されたようですが、はたしてタイミングよく乗れるでしょうか。

IMG_0603.jpg
ホームに上がると、ほどなくして住吉行きが見えてきました。ひと駅前のアイランドセンター駅に停車しているその姿は、紛れもない2018年に導入された3000形です。

IMG_0606.jpg
アイランド北口からは旧型の1000形も動き出し、やがて両車はすれ違いました。新旧競演をしっかりと収めておきます。こんな機会はそうないですからね。

3000形の車内は上品なデザインになっていました。とても通勤電車とは思えない雰囲気があって、観光列車に乗っているような感覚を覚えます。走行音もたいへん静かで、乗り心地に優れていました。

IMG_0608.jpg
魚崎で阪神線に乗り換え、梅田へと移動する前にいったん寄り道です。今津で阪急に乗り換えて西宮北口に向かいました。相変わらず短い路線ですよね、通称「今津南線」って・・・。

IMG_0609.jpg
西宮北口に来た理由は他でもない、オリックスバファローズの前身にあたる、阪急ブレーブスの本拠地があった西宮球場跡を見にきたのです。たしか、駅のすぐ南側にあったそうですが・・・。

IMG_0611.jpg
西宮球場跡地は現在、阪急西宮ガーデンズという大型商業施設になっています。高松町交差点のあたりに、かつての球場入口があったようです。

施設内には阪急ブレーブスの資料館や、球場跡を今に伝えるレリーフ類が残っていると聞いています。それを見てから大阪に行こうと思ってきたのです。

が!!

IMG_0610.jpg
まだ早朝ということに気が付かず、ここまで来てしまいました。阪急百貨店はもちろん他の店舗も開いていないし、屋上庭園も固く閉ざされています。

お客のい~ない西宮!お客のい~ない西宮!
ため息つくぞ!ため息つくぞ!吹き抜け廊下で~!


まさに痛恨のミス!結局、西宮ガーデンズでは何もできないまま、西宮北口を離れることになりました。どうせ明日も大阪に寄りますし、そのついでにリベンジしたいと思います。

IMG_0612.jpg
ということで、元来た道をそのまま引き返し、阪神今津駅に戻ります。

神戸線でそのまま梅田に行くのも一つの手ですが、その前にもう一か所、立ち寄る場所があるのです。とりあえず武庫川を目指しましょう。

IMG_0613.jpg
今津で阪神線に戻り、数駅先の武庫川に向かいます。こういう旅先では、駅での待ち時間も無駄にはできません。対向電車が来たら、しっかりと確実に撮るだけです。

やがて、梅田方面からジェットカー5700系の高速神戸行きがやってきました。

IMG_0614.jpg
5700系を後追いでもう一枚。ジェットカー伝統の青色は、新車にも忠実に引き継がれています。

IMG_0615.jpg
続いて来たのは、8000系の急行西宮行き。阪神電車でありながら巨人カラー(橙色)という、一部のトラキチに嫌われている「憎いヤツ」です。

IMG_0617.jpg
普通列車でのんびり移動して、武庫川に架かる武庫川駅にやってきました。ここでも「ジャイアンツ電車」を撮影して、それから武庫川線に乗り換えです。

IMG_0618.jpg
つい先日、武庫川線で長年使用されてきた「赤胴車」が姿を消し、5500系の改造車が投入されました。そんな武庫川線ホームに降りると、ピンク色の電車が止まっていました。

5500系は2両に改造され、阪神タイガースのマスコットがラッピングされています。2軍の鳴尾浜球場に近いだけあって、本線よりもタイガース色が強めでした。

IMG_0619.jpg
列車は武庫川の堤防に沿って進んでいきます。

やがて、棒線ホームの無人駅が見えてきました。終点の一つ手前にある洲崎駅です。このローカル然とした雰囲気がたまらない!よし、後ほど歩いてここまで行きますよ。

IMG_0620.jpg
ひとまず終点の武庫川団地前まで乗車しました。線内は起点の武庫川以外、すべて無人化されています。雰囲気はどこか西鉄貝塚線っぽく、ノンビリとした雰囲気が流れていました。

IMG_0621.jpg
ここからは一駅歩き、先ほど見た洲崎駅に向かいます。15分もあれば到達できるでしょう。

乗ってきた5500系を見送り、線路沿いを進んでいきます。沿線は閑静な住宅街になっており、一戸建てが建ち並んでいました。関西の住宅地といえば、家と家の間隔が狭く、かつ庭がそれほど広くないイメージです。

IMG_0622.jpg
しばらく進むと、「西宮上田東郵政宿舎」と刻まれた門が見えてきました。

IMG_0623.jpg
門の奥を見ると、そこそこ古そうな集合住宅が建っていました。どうやらこれが宿舎のようです。どこかで見たことのある建物だと思いきや、そうだ・・・東郷駅の旧駅員宿舎によく似ているではありませんか。

IMG_0624.jpg
歩くこと10分で洲崎駅に到着。次の武庫川行きまで20分待ちということで、駅のベンチに座り、おとなしく待つことにしました。

この時間帯は1編成しか動いていませんから、じきに武庫川団地前行きが来て、その折り返しに乗ることになるでしょう。

IMG_0625.jpg
こうして約1時間かけ、武庫川線を無事完乗しました。

IMG_0626.jpg
最後に電車をしっかり記録に残し、武庫川線ホームを後にします。

IMG_0627.jpg
ピンクの電車(5512F)の奥には、黄色い塗装をまとった5511Fが留置されていました。武庫川線用の5500系は計4編成が用意されているらしく、そのうち今回見た2編成が、この日の運用についていたようです。

阪神電車の新たな顔を知ったところで、次なる目的地を目指し、武庫川を後にしました。

これから阪神なんば線・地下鉄中央線を経由して、近鉄バファローズの準本拠地として見做されていた「日生球場」跡地を目指します。あそこは弱い頃のホークスを語る上で欠かせない場所ですが、何かめぼしいものを発見できるでしょうか?

撮影日:2020年7月2日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

このカテゴリーに該当する記事はありません。