お知らせ

12月5日:レスポンシブ対応のため、テンプレート変更・再リニューアルを実施しました。数日間レイアウトが崩れた状態になり、ご不便をおかけしました。
12月1日:ページリニューアルを実施しました。
8月30日:活動10周年を迎えました。これからも当ブログ&チャンネルをよろしくお願いいたします。
3月24日:ネタの大量蓄積を防ぐため、しばらく朝6時の投稿を行うことがあります。
2月23日:記事の公開時刻を変更しました。6:00⇒19:00
 

2003年のJR可部線部分廃止(可部~三段峡)後、可部~河戸駅付近の線路は、そのままの状態で残されていました。河戸までの路線復活を夢見て、施設の大半が撤去されることなく、温存されていたのです。

時は流れて2017年春。ついに可部線の一部区間が、延伸という形で復活を遂げました。この復活に伴い、河戸帆待川・あき亀山の二駅が設置され、旧河戸駅は復活することなく撤去されました。はたして、旧河戸駅の遺構はどこに行ったのでしょうか。

DSCN8154.jpg
その疑問は、あき亀山駅に来てすぐに解けました。駅から歩いて3分の場所に、河戸駅の上屋が移築保存されているというのです。

あき亀山駅を出て坂道を進むと、左手に芝生の生えた空き地が見えてきます。その中に、河戸駅の上屋は保存されていました(写真上)。

DSCN8155.jpg
敷地内には、かつて河戸駅で使用されていた上屋・ベンチ・ゴミ箱が展示されています。駅名標はどうやら、外枠が当時のものではないかと思いました。

DSCN8156.jpg
上屋の片隅には、広島らしく「勝鯉号」と書かれたパネルが置かれています。それにしても、広島市民のカープ愛は本当に凄い。福岡市民のホークス愛をはるかに上回っていると、個人的には確信しています。

DSCN8157.jpg
ワンマン列車の乗車方法を記した看板なんて、そのまんま変わっていません。今でこそ可部線は短距離の通勤路線ですが、2003年までは山奥に入りこんだ長大ローカル線でした。保存される施設がある一方で、痕跡が年々薄れつつあるのも事実です。

DSCN8158.jpg
切符入れには今でも、訪問者が切符を入れているようです。その一部が外に出され、展示されていました。

DSCN8159.jpg
最後に、河戸駅上屋の付近をめぐっていきましょう。上屋のすぐ隣には、小さな神社が鎮座しています。その名も「ふたたびの宮」、正式名称を長井伊勢社といいます。

DSCN8160.jpg
小さな祠ですが、立派な由緒書きが置かれています。なんでも、伊勢参詣の報告をするため、もしくは参詣出来ない人のため、1700年頃に建立されたと云われています。

DSCN8161.jpg
境内には鳥居・手水舎・社殿が置かれ、神社の中では小さな部類に入ります。可部線の延伸復活を願い、再び願いが叶うようにとの思いから、「ふたたびの宮」の扁額を祠に掲げています。

ある意味で、この神社も可部線延伸復活にゆかりある物件といえましょう。再びの願いはようやく叶い、可部線があき亀山駅まで復活を遂げたのは、冒頭部で述べた通りです。

撮影日:2019年3月6日

あとがき―タイ旅行の報告

遅ればせながら、タイ旅行の報告です。今回はLCCタイ・ライオンエアを利用して、1泊3日の日程でバンコクに滞在しました。

主な目的がタイ食文化の理解・バンコク屋台の現状把握ということもあり、終始何かを食べていました。真新しいフードコートからオンボロ木屋の安食堂まで、色々な場所をめぐりましたが、幸いにも腹を下すことはなく、無事に帰国しました。

鉄道に関してはMRTパープルライン・BTS・国鉄と、まんべんなく取材しました。アユタヤまで鉄道利用する予定でしたが、キチキチに詰まった行程を避けるため、国鉄乗車はフアランポーン~バーンスー間にとどめました。後日、動画を20本ほど公開する予定です。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

このカテゴリーに該当する記事はありません。