お知らせ

3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

高雄市鼓山区にある、旧高雄港駅を活用した「哈瑪星鉄道文化園区」の保存車両を見て回ります。こちらの特徴は何といってもその広さ!貨物駅の広い敷地を活かして、古い鉄道車両が数両保存されています。

じつは、数年前にもここに来て、ブログ用の写真を撮ったことがあります。残念ながら、SDカードの故障で全て消去と相成り、結局ブログに上げることなく終わりました。

今回は大丈夫!新しいSDXCカードで記録しているので、無事に全てPCに移すことができました。

DSCN1829.jpg
前回は2013年夏、朝早い時間帯に来た記憶があります。今回はそれよりも若干遅い、朝10時ごろの入園です。空は青々として、撮影にはモッテコイのコンディションじゃないですか。

台湾総督府鉄道50形 58号機(CK58)

台湾総督府鉄道50形は1905(明治38)年から12(同45)年にかけて、計14両製造された飽和式蒸気機関車です。比較的初期に製造された「国産機」で、汽車製造がはじめて設計した車両と伝えられています。

DSCN1828.jpg
見た目は典型的な明治中期の小型SLです。ぜひとも古典ロコ好きの方は台湾に行くと良いですよ。明治期のカマが数両ほど保存されています。

台電L03号機 ディーゼル機関車

DSCN1830.jpg
こちらは台電で使用されていたというDLです。西ドイツ(当時)からやってきました。

DSCN1831.jpg
よく見てみると、車体が二つに分かれていることが分かります。いわゆる「関節式」という、珍しい構造の機関車です。これなら、急カーブのある引き込み線でも使えますよね。

SP32400形客車 SP32426

DSCN1835.jpg
1960年代から優等列車向けに導入された、転換クロスシート・非冷房のSP32900系。その比較的初期車にあたるのが、こちらに保存されているSP32400形です。

ちなみにこのSP32900系という呼称は、けして慣用されているものではなく、当ブログでのみ通用するものです。類似する車体を持つ、20メートル・転換クロスシート車をこのように総称しています。

DSCN1837.jpg
SP32426の保存状態は悪く、車体の随所に錆が浮いています。すぐそばが海ということで、塩害によるものでしょう。塗装は剥がれ、腐食は外板に達しています。

保存方法を変えない限り、車体の劣化は止まることがないでしょう。

PBK32950形電源客車 PBK32952

DSCN1836.jpg
SP32426の隣には、莒光号の電源車として製造されたPBK32952号が置かれています。莒光号の運転開始に合わせて製造されたSP32850系の一員にあたり、SP32950形の電源車仕様といえましょう。

SP32850系は長らく莒光号で使用されてきましたが、今回の訪台(2020年2月)に際して一度も見かけませんでした。だいぶ廃車が進んだものと思われます。

ホッパー車

DSCN1838.jpg
PBK32952とライトレール電停に挟まれるように、ホッパー車が一両置かれています。

長物車

DSCN1841.jpg
機関車に比べると影の薄い存在ですが、長物車もちゃんと保存されています。

DSCN1833.jpg
さて、そろそろC55と9600でも見ていきましょうか。

DSCN1834.jpg
その前に、高雄ライトレールを撮影して・・・と。それでは行きましょう。

台湾総督府鉄道C55形 C55-9号機(CT259)


九州では門鉄デフを付けて活躍し、多くの鉄道ファンを魅了したC55。同型車は台湾総督府鉄道にも納入され、戦後はCT250形として活躍しました。

台湾には2両のC55が現存しており、うち1両(CT259=C55-9号機)がここに保存されています。日本国内ですら現存数の少ないC55ですから、台湾の2両がどれだけ貴重なのか、もはや言うまでもないですよね。

DSCN1846.jpg
水かきスポークもご覧の通り。


塩害のせいで保存状態は微妙です。腐食による穴も所々にありました。

DSCN1854.jpg
▲CT259の刻銘「C55-6」
台湾総督府鉄道のカマは戦後、中華民国政権によって形式名の改番を受けました。しかし、どんなに番号を変えたところで、出自を隠すことは不可能でした。

刻銘をよく見ると、オ~あるじゃないですか。C55の3文字が!

DSCN1855.jpg
▲CT259の刻銘「C55-2?」
他のカマから移設された部品も少なくないようです。

DSCN1856.jpg
▲CT259の刻銘「C55-9」

DSCN1858.jpg
▲CT259の刻銘「C55-9」
このカマが本来「C55-9」であることを示す刻銘は、数多く残っていました。

台湾総督府鉄道800形 828号機(DT609)

大正時代に製造され、SL終焉まで息の長い活躍を見せた貨物機9600形。もちろん、その姿は台湾でも見られました。台湾では800形という形式名を与えられ、同設計の車体を持つアメリカ生まれの600形とともに貨物輸送を担いました。

DSCN1847.jpg
残念ながら、現存は1両のみと貴重な存在です。このDT609はもとの番号を828号といいます。9600といえば、5ケタプレートを掲げているイメージが強いものの、台湾では3ケタプレートを掲げていました。

DSCN1851.jpg
DT609の刻銘に目をやると、本来の番号「828」がたくさん残っていました。

台電L02号機・無蓋車

駅舎側には他にも、無蓋車と台電のディーゼル機関車が保存されています。


DLの正面には、台電のマークが誇らしげに掲げられていました。発電所関連の専用線で使われていたんでしょうね。


最後にC55と9600を後ろから収めて、旧打狗駅故事館での撮影を終えました。これにてようやく、7年前のリベンジ完了です。

撮影日:2020年2月19日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

このカテゴリーに該当する記事はありません。