旧打狗駅故事館(旧高雄港駅)の保存車両群

高雄市鼓山区にある、旧高雄港駅を活用した「哈瑪星鉄道文化園区」の保存車両を見て回ります。こちらの特徴は何といってもその広さ!貨物駅の広い敷地を活かして、古い鉄道車両が数両保存されています。じつは、数年前にもここに来て、ブログ用の写真を撮ったことがあります。残念ながら、SDカードの故障で全て消去と相成り、結局ブログに上げることなく終わりました。今回は大丈夫!新しいSDXCカードで記録しているので、無事に全...

【施設紹介】台鉄縦貫線 林鳳営駅(台南市六甲区)―牛乳のふるさとに残る木造駅舎

統一の牛乳ブランドで有名な「林鳳営」には、のどかな農村風景が広がっていました。今回は台南市六甲区にある台鐵林鳳営駅をめぐります。所属路線は縦貫線。優等列車の停車はなく、各駅に停車する区間車のみ停車します。こちらには、日本統治時代の1933(昭和8)年に建設された木造駅舎が残っています。長く改修されていないせいか、だいぶ草臥れていますが、それはそれで趣があって良いものです。自動改札機はなく、改札口にはIC...

【施設紹介】台鉄縦貫線 南靖駅(嘉義県水上郷)―糖廠のお膝元に残るモダン駅舎

砂糖工場に抱かれた小村にあったのは、モダンなレトロ駅舎でした。今回は嘉義県水上郷にある南靖駅をめぐります。所属路線は台鐵縦貫線。こちらは嘉義県最南端の駅にあたり、駅前には台糖南靖糖廠(砂糖工場)があります。南靖駅の歴史は古く、1911(明治44)年に水窟頭駅が移転する形で開業しました。1920(大正9)年に台湾全域で行われた大規模な地名改称にともない、水上駅に改称されたのち、1949(昭和24)年に現在の駅名にな...

【施設紹介】台鉄縦貫線/集集線 二水駅(彰化県二水郷)

構内が広い駅って、なんかワクワクしません?そんな気持ちをふと抱いたのが、今回ご紹介する二水駅です。所在地は彰化県最南部の二水郷、所属路線は縦貫線。同駅からはローカル線の集集線も分岐していて、運行上の拠点としても機能しています。駅舎は戦前に建造された、鉄筋コンクリート造の平屋建てです。駅前ロータリーは狭く、ローカルな雰囲気が漂っていました。続いてホームに上がります。構造は国鉄配線といわれる2面3線で、...

【施設紹介】台鉄集集線 車埕駅(南投県水里郷)―ダムが間近に見える終着駅

台湾のローカル線はどこも活気がありますよね。沿線や駅がうまく観光資源として活用され、週末になると多くの観光客でにぎわっています。今回はそんなローカル線の一つ、集集線の車埕駅にやってきています。同駅は集集線の終着駅に当たり、古くは木材の集積地として栄えていました。現在では集積地だった頃の建物・倉庫を活用して、歴史テーマパークのようになっています。まずは駅横にある、水里渓沿いを歩いてみました。遠くには...

【施設紹介】台北メトロ文湖線 動物園駅(新北市木柵区)

台北メトロ・MRTこと台北捷運の中でも、唯一ゴムタイヤ式を採用している文湖線。今回はそんな文湖線の終点駅・動物園駅をめぐっていきます。所在地は新北市木柵区、駅番号はBR01。その名の通り、台北動物園の目と鼻の先にあります。台北市中心部から文湖線に乗車すれば、そのまま動物園に行けるのです。便利ですね。駅ホームからの景色電車は降車ホームで乗客を降ろした後、引上げ線で折り返し準備を済ませてから、乗車ホームに戻...

【駅撮り】雨の日に台北メトロ文湖線を撮る

前々から、台北メトロ(MRT)文湖線で駅撮りをしたいと思っていました。ところがいざ台北に来てみると、天気は荒れきっていました。空は真っ黒、おまけに雨まで降っています。撮影コンディションが最悪なタイミングで来てしまったのです。今回は滞在時間が短い(2日)しかないため、晴れるまで気長に待つわけにはいきません。とりあえず下見だけでもと思い、文湖線の大安駅にやってきました。駅の跨線橋から俯瞰する形で、行きかう...

【撮影記】通過線が使用停止されている?桃園メトロ林口駅で激写

2017年春に開業を迎えてから2年、すっかり空港へのアクセス手段として定着した桃園メトロ空港線。今回はそんな空港線の電車を撮影するため、林口駅にやってきました。じつは私、恥ずかしながら明るい場所で空港線を撮影したことがありません。空港線には数回乗車してきましたが、いずれも地下駅か夜間帯でしか、写真に収めてきませんでした。林口には普通列車しか停車しません。青帯の普通列車で二駅分移動して、目的地に到着です...

台湾高鉄700T形 快適ゆっくり各停旅(雲林⇒台北)

各駅に止まる新幹線「こだま」って、結構ゆっくり走るものなんですよ。前に1時間ほど利用しましたが、途中駅での待ち時間がとにかく長いです。速達種別の間を縫いながら走るので、「のぞみ」だと一気に駆け抜ける区間でも、ゆっくり時間をかけて走ります。今回は同じ新幹線方式を採用する、台湾高速鉄道に乗って、雲林から台北に向かいます。雲林駅には各停タイプの電車しか停車しないので、「こだま」と同じように時間をかけて移...

【2018年末】北投温泉をゆく 新北投駅・滝乃湯・旧北投神社・日本家屋調査

台北の奥座敷として名高い北投温泉。今回は同地をめぐりながら、日本時代ゆかりの物件を調査します。中には過去に調査済みの場所もありますが、再調査・現状確認の意味合いを込めて再訪しています。目次1 新北投駅の木造駅舎2 旧北投神社(ケタガラン文化館)3 滝乃湯4 日本家屋調査新北投駅の木造駅舎新北投駅の旧駅舎が「里帰り」してから、はや2年が経とうとしています。すっかり北投の街に馴染み(元々北投にあったもので...

祝開業!淡海ライトレールに乗る(紅樹林~崁頂)

2018年秋、高雄に続いて二例目となるLRTが台湾・新北市に誕生しました。その路線すなわち「淡海ライトレール」は、台北メトロ淡水信義線の紅樹林を起点に、淡海ニュータウンをへて崁頂に至る路線です。紅樹林駅周辺は専用軌道で丘陵地帯を通り抜け、淡海ニュータウンに入ると道路に降りて併用軌道を通ります。そんな同線に乗るため、台北メトロで紅樹林駅を目指しました。台北市中心部から数十分、電車に揺られて紅樹林駅を目指し...

EMU500転クロ車にも乗車!2018年末・台鐵縦貫線 彰化~斗南を移動する 

台鐵の大動脈・縦貫線の彰化~斗南間を移動していきます。同区間の雰囲気は鹿児島本線の鳥栖~荒尾間に近く、台湾南西部の平原地帯を南北に縦断しています。駅も小さな無人駅が増え、本線の重厚さとローカル線の雰囲気が混在しているのが特徴です。まずは今回のスタート地・彰化駅に来ました。ホームに上がると、ちょうどEMU300形の自強号が出発を待っているところです。彰化始発の130次になって、これから海線経由で基隆を目指し...

【2018年末】台湾・虎尾のシュガートレイン撮影記(2)

「【2018年末】台湾・虎尾のシュガートレイン撮影記(1)」の続編です。前回は虎尾市街地から九番積込場までの行程をお届けしました。前回のあらすじ虎尾中心部でバスを降り、高鐵雲林駅で荷物を預けたのち、身軽になった状態でシュガートレインの撮影に向かいました。今回はより遠くまで行きたいという思いから、旅先で走る「旅ラン」のスタイルを取り入れています。虎尾から走ること十数キロ、ついに目的地の九番積込場に到着し...

【2018年末】台湾・虎尾のシュガートレイン撮影記(1)

毎年廃止・トラック転換が噂されている、台糖虎尾工場の「五分車」ことシュガートレインですが、2018年度も無事に運行されました。2018年12月中旬から運転が始まり、収穫したサトウキビを満載して工場と積込場を往復しました。今回はそんなシュガートレインを撮影するため、雲林県虎尾鎮にやってきています。同列車の撮影は2015年1月にも行ったことがあり、それ以来およそ3年ぶりの虎尾訪問です。目次1 虎尾で「撮影ラン」にチャ...

【2018年末】台鐵彰化扇形庫&宿舎街をめぐる

2018年末、私は台湾西部の街・彰化を訪れました。せっかく彰化に来たのだからと、当初は予定していなかった台鐵扇形庫(彰化機関区)にも立ち寄ることに。守衛室で記名をすませ、機関庫に入っていきます。すでに午後3時過ぎと遅い時間帯ですが、それでも訪問者の数は多く、さすがは彰化屈指の観光地だと感じました。ターンテーブルの横には、入換用のS318(S300形)が置かれていました。この車両はS300形の数少ない残存車で、かつ...

台鐵彰化駅裏にある保存客車をたずねて

保存車両はもちろん、台湾にも多数存在します。今回はその中でも、彰化駅の裏側に保存されているという32200系客車を求めて彰化にやってきました。この32200系というのは、簡単に言うと近郊型客車にあたります。日本でいう所の50系客車に近い性格の車両ですが、50系とは異なりデッキが存在しません。扉も両開きで、都市圏での通勤輸送に特化しています。また、台湾では珍しいインド製の車両なのです。そもそも、この32200系という...

【2018年末】昼下がりの台鐵彰化駅ホーム (あとがき:カワウソちぃたん☆に思う)

今回は西部幹線の要所で扇形機関庫が残る、台鐵彰化駅をめぐっていきます。駅ホームに降り立つと、そこにはイタリア生まれの「つりかけ特急」こと、EMU300形が留置されていました。この車両には彰化折り返しの運用があるため、このように日中は留置線に留め置かれているのです。やがてEMU800形の区間車がやってきました。台北近郊ではEMU800が急速に増えた一方、彰化一帯ではEMU500も多数使用されています。とりわけ海線区間は「EM...

工事すすむ「台中メトロ・烏日文心北屯線」ホーム 高鐵台中駅

高鐵台中駅と接続する台鐵新烏日駅の降り立つと、ちょうど台中メトロの建設工事が行われていました。この「台中捷運烏日文心北屯線(別名グリーンライン)」は、ここ高鐵台中駅から北上して北屯ターミナル駅を結ぶ路線で、鉄軌条の新交通システムを採用しています。車両はすでに日本から運搬されており、2020年の開業を目指し最終調整が行われているところです。開業すれば台中市中心部の鉄道空白地帯が解消され、道路混雑の緩和が...

台中フローラ博輸送に対応中!台鐵后里駅の臨時ホーム

台鐵縦貫線の后里駅には現在(2019年1月)、台中フローラ博の輸送に対応するため、仮設の臨時ホームが置かれています。従来のホームだけだと、どうしても狭い跨線橋を通ることになります。仮設ホームを置くことで、会場へのシャトルバス乗り場に移動しやすくなりました。仮設ホームは逆行線(台中・高雄方面)に設置されています。長期間使用するため、丈夫な構造になっています。どこか中壢駅に思わせる配置になりましたね。私も...

高鉄苗栗駅から台鐵豊富駅に乗り換える(苗栗県苗栗市) 付録:EMU500のステップ

今回は台湾高速鉄道(新幹線)の苗栗駅と、その接続駅・台鐵豊富駅を中心にめぐっていきます。所在地はいずれも苗栗県苗栗市。駅名こそ異なりますが、両者は互いに近接しており、列車を乗り継ぐことができます。高鐵の700T形を降りて、苗栗駅ホームに出てきました。同駅は近年開業したばかりで、ほかにも南港(台北市)・彰化(田中鎮)・雲林(虎尾鎮)が同時期に開業しています。各駅停車タイプの列車だけが止まり、発着は基本的...

台湾高鉄700T形 「こだまタイプ」1525号に乗る(桃園⇒苗栗)

「台湾新幹線」こと、台湾高速鉄道の桃園駅にやってきました。今回は同駅から新幹線にゆられ、一路苗栗駅を目指します。2013年3月以来、約6年ぶりとなる高鐵への乗車ですが、はたしてどのような旅になるのでしょうか。高鐵桃園駅は桃園メトロ空港線に接続しており、空港から鉄道だけで来ることができます。台鐵桃園駅からはだいぶ離れているため、両者を結ぶ交通機関は主にバスとなります。駅前には写真上のように、大きなバスター...

台鉄台東線 瑞穂駅・・・の裏口は温泉郷への玄関口(花蓮県瑞穂郷)

東台湾屈指の名湯・瑞穂温泉のある花蓮県瑞穂にやってきました。ここにある台鉄瑞穂駅には東西両方向に出入り口があります。市街地へは東口(表側)が、温泉へは西口(裏側)が最寄り口となっています。今回は温泉寄りにある西口周辺の様子についてお届けします。▲瑞穂駅西口電化にあわせて行われた整備工事により、市街地寄りの東口は綺麗に整備され、新たに駅東西を結ぶ地下道が増設されました。これにより、駅西側から駅へとアクセ...

改装中の台鉄台東駅で「珍車」を激写!

2017年4月、台北から乗車してきた夜行列車から早朝の台東駅へと降り立ちました。時刻は5時半。まだ4月とは言え台東の空は既に明るく、昨日から降り続ける雨で地面は濡れています。そんな台東駅では改装工事が行われており、駅全体が工事現場と化していました。▲工事中の台東駅駅舎の正面玄関は工事のため閉鎖されています。暫くの間、駅待合室へは側面から入ることになります。駅ホームでは台北から乗ってきた莒光号616次が、長旅...

【施設紹介】台鉄台東線 関山駅(台東県関山鎮) ―SLの置き土産残る駅ホーム

今回お届けする関山駅は台湾東部、台東県関山鎮の中心地にあります。自強号(一部)・莒光号といった優等列車も停車する重要駅で、早朝を中心に区間車の折り返し運用も設定されています。▲現在の関山駅外観現在の駅舎は二代目にあたります。台東線の全線電化に際し、大規模なリニューアルを受けて新築も同然の美しい駅舎へと生まれ変わりました。なお、開業当時の駅舎は現在よりも若干池上側にありました。日本統治時代に建造された...

夜行列車が来る前に・・・深夜の台北駅で撮り鉄大会

台東に向かうため、深夜の台北駅で夜行列車の到着を待っているときのこと。乗車予定の列車が来るまで40分近くもあるので、駅を発着する列車を撮りながら時間を潰すことにしました。まず初めにEMU700形第10編成の基隆行き区間車がやってきました。登場当初はステップ付きで、ホームと車内の間に段差があった乗降口も、改造によりステップレスになっています。EMU800形が大量増備されたのに対し、こちらはわずか20編成しか製造されて...

【施設紹介】台鉄宜蘭線 蘇澳駅(宜蘭県蘇澳鎮)―漁師町の終着駅

今回お届けする蘇澳駅は台湾北東部、宜蘭県蘇澳鎮にあります。八堵駅(基隆市)から伸びる宜蘭線の終着駅にあたり、附近には蘇澳冷泉・南方澳漁港が存在します。宜蘭線は今でこそ台湾東海岸のメインルートにあたりますが、蘇澳新駅と花蓮を結ぶ北廻線が開業したことで、蘇澳新駅から一つ先にある蘇澳駅は交通の要所から外れてしまいました。現在では主に宜蘭線の区間車が発着しています。目次1 駅舎(赤い鉄筋コンクリート造の駅舎...

桃園メトロ(機場捷運) 2000形「直達車」に乗って林口へ、その目的は・・・

2017年3月、桃園メトロ空港線(桃園機場捷運/桃園空港MRT)が開業を迎えました。桃園国際空港と台北が鉄道で結ばれたことにより、空港へのアクセスが一層よくなりました。それだけでなく、従来鉄道空白地帯だった林口・大園地区の住民にとっては待望の鉄道路線となります。今回は台北駅から空港線に乗り、鉄道空白地帯から脱した林口を目指して移動します。なお、乗車・訪問時間帯は夜です。桃園メトロ空港線の台北駅は台鉄・台北メ...

【2017年4月】リニューアル後の台鐵鳳林駅(花蓮県鳳林鎮)

台湾東海岸を通る台鉄台東線の各駅では、電化に際して駅のリニューアル工事が行われてきました。今回訪れた鳳林駅もその一つで、骨組みは以前のものを流用しつつ、まるで新築のような外観に仕上げられました。その変貌ぶりはあたかも某リフォーム番組を彷彿とさせます。2013年夏に鳳林駅を訪れた際、外壁をはぎ取られて生々しい姿をさらしていました。次いで翌年夏に訪れると、駅舎は美しい姿に生まれ変わっていましたが、この時は...

温泉に行くならぜひ!台北メトロ淡水信義線「新北投支線」に乗る

台北メトロ(台北捷運)の中で最も地上区間の長い淡水信義線には、一本の短い支線が存在します。それが今回登場する、北投と新北投を結ぶ「新北投支線」です。この支線は北投駅から北投温泉の最寄り新北投までを結んでおり、わずか1駅間を1本の電車がピストン輸送しています。そのルーツは日本統治時代に遡り、当初は台湾総督府鉄道淡水線の支線でした。新北投駅にはモダンな木造駅舎が建てられ、80年以上も前から観光路線として機能...

桃園メトロ空港線開業記念・初乗車は空港から環北まで

2017年3月、幾度もの開業延期を重ねてきた桃園メトロ空港線(桃園機場捷運または桃園空港MRT)がようやく開業を迎えました。桃園空港と台北市内を結ぶ鉄道が誕生したことで、これまで自動車交通に依存していた空港へのアクセス手段が大きく変わることになります。それだけでなく、新北市の三重・林口地区、そして桃園市大園地区といった鉄道空白地帯も解消されました。福岡から飛行機で台湾に上陸した私は早速、その足で空港線乗り場...