お知らせ

12月5日:レスポンシブ対応のため、テンプレート変更・再リニューアルを実施しました。数日間レイアウトが崩れた状態になり、ご不便をおかけしました。
12月1日:ページリニューアルを実施しました。
8月30日:活動10周年を迎えました。これからも当ブログ&チャンネルをよろしくお願いいたします。
3月24日:ネタの大量蓄積を防ぐため、しばらく朝6時の投稿を行うことがあります。
2月23日:記事の公開時刻を変更しました。6:00⇒19:00
 

今回は関東の奥座敷「箱根温泉」の最寄り、箱根湯本駅をめぐります。

箱根登山鉄道の駅ですが、小田原方面への列車はすべて、小田急の車両によって運用されています。新宿までの特急も頻繁に走っているため、利用者が非常に多いのが特徴です。

DSCN0135_201910022032568e4.jpg
箱根湯本駅は橋上式の駅舎になっています。

DSCN0132_20191002203258d77.jpg
おや、側線に古い車両が止まっていますよ。ちょっと近づいてみますね。その正体はグリーン一色に塗装されたモハ109号でした。あまり丸みのない、角ばったデザインに古さを感じますね。

DSCN0112.jpg
駅舎内に入ると、高い天井の下に窓口・土産物店が並んでいました。

DSCN0111_2019100220330134f.jpg
▲彫刻の森美術館の顔出しパネル

DSCN0137.jpg
▲坂の上のサマーナイトビレッジ顔出しパネル

DSCN0110_20191002203308f9e.jpg
▲駅名標

DSCN0138_2019100220330894e.jpg
駅の一番北側は、強羅方面への列車乗り場になっています。

小田急とは線路の幅が違うため、小田原~箱根湯本、箱根湯本~強羅間はまるで別路線のようになっています。この状態は、小田原~入生田間の線路が完全に狭軌化されてから、いっそう強まりました。

DSCN0106_20191002203308349.jpg
駅の南側には狭軌専用、すなわち小田原・小田急線方面の列車が発着するホームがあります。

DSCN0105_201910022033094e4.jpg
小田原までの区間列車には、もっぱら専用塗装の小田急1000形が使用されています。

DSCN0107_20191002203310e60.jpg
最後に、登場したばかりの小田急70000形「GSE」を眺めてみましょう。白基調のVSEとは異なり、小田急ロマンスカーの伝統的なオレンジ塗装をまとっています。

DSCN0109_2019100220331167c.jpg
デザイン自体はシンプルですが、どこか芸術作品のような洗練された造りが特徴です。撮影を始めてから10分後、GSEはミュージックホーンを鳴らして、新宿へと走り去っていきました。

撮影日:2019年8月16日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

このカテゴリーに該当する記事はありません。