【どんたくロス】また会いたい!どんたくに参加したゆるキャラ®10選

祝うたァ・・・えるわけがなかろーもん!!無理です祝えません。例のアレで、どんたくも山笠も中止が決まっています。連日同じようなニュースばかりが流れて、体力気力共に削がれる日々。希望もへったくれもないです。そうこうしているうちに、博多どんたく港まつりがあるはずだった5月3日を迎えました。あれだけ楽しみにしていたどんたくは、影も形もありません。汗ばむ日差しの中、ピコットやいくべぇを追いかけて、博多を歩きとお...

【博多祇園山笠2019】フィナーレ追い山を4K映像化する(聖福寺&東長寺前)

令和改元後初となる博多祇園山笠は、7月15日の追い山をもって幕を閉じました。今回はそんな追い山を見るため、臨時列車で早朝の博多の街へと向かい、山笠の様子を動画に収めてみます。少し前に4Kビデオを入手して以来、高画質の映像に感激しながら、たくさんの被写体を収めてきました。追い山の様子は、一体どんな映像に仕上がるのでしょうか?例年通り、東郷駅を3時半前に出発する臨時列車で、最寄りの博多駅を目指します。3時21...

【博多山笠2019】博多&福岡の飾り山めぐり(全14か所)

令和初の博多祇園山笠がはじまりました。7月1日から恒例の飾り山の公開が始まり、福岡市中心部に彩を加えています。今回はすべての飾り山を見て回るため、梅雨時の福岡市内をめぐりました。なお、飾り山は番号順に掲載しています。時系列はバラバラになっていることを、あらかじめご了承ください。一番山笠 千代流▲表標題「延寿万歳景雲興(えんじゅばんざいけいうんおこる)」5月1日に即位した今上陛下と、皇后雅子様を模した人...

【博多どんたく港まつり2019】1日目 (2) パレードはキャラ天国だった

新元号「令和」になってから初となる、博多どんたく港まつりが催されました。今回は初日(3日)に行われた、どんたくパレードの様子を中心にお届けします。「中の人」の負担を考えてか、昨年はパレードに参加するマスコットが少なく、専ら演舞台を中心に見てきましたが、今年はどうでしょうか?地下鉄祇園駅を出た私は、櫛田神社の前を通って冷泉公園に向かいました。神社境内に演舞台があるため、一帯は来場者で混雑しています。...

【博多どんたく港まつり2019】1日目 (1) どんたく巡りは「広く浅く」が大切

新元号「令和」になってから初となる、博多どんたく港まつりが催されました。開催期間中によく雨が降ることから、「どんたくは雨になるジンクスがある」とよく言われています。しかし今年は違いました。2日ともに晴天に恵まれ、汗ばむような暑さの中、福岡市内各所で大規模なイベントが催されました。今回は初日(3日)だけですが、どんたくの様子を思う存分にお届けします。大爆音の博多駅前さて、どんたくを見るため博多駅にやっ...

【博多山笠2018・飾り山】 六番山笠「東流」

今回は博多祇園山笠の七番山笠こと、「中洲流」飾り山の姿をお届けします。表標題は「桃太郎初陣(ももたろうういじん)」、見送り標題は「太閤町割縁(たいこうまちわりのえにし)」。かの有名な童話「桃太郎の鬼退治」をモチーフにしています。一方の見送り表題は、豊臣秀吉による博多の区画整理を称えたものです。戦乱により荒廃した博多の街は、天下を統一した豊臣秀吉によって復興されました。その時に成立したのが、「流」と...

【博多山笠2018・飾り山】 二番山笠「千代流」

今回は博多祇園山笠の二番山笠こと、「千代流」飾り山の姿をお届けします。表標題は「鎮西三雄博多護(ちんぜいのさんゆうはかたをまもる)」、見送り標題は「維新回天石堂橋(いしんかいてんいしどうばし)」。戦国末期の博多を守護した高橋紹運、立花道雪、立花宗茂3武将の武勲をモチーフにしています。立花宗茂はその特異な経歴から、黒田官兵衛・長政親子とともに、飾り山のネタに採用されることの多い武将です。一方の見送り...

【博多山笠2018・飾り山】 十五番山笠「福岡ドーム」

今回は博多祇園山笠の十五番山笠こと、「福岡ドーム」飾り山の姿をお届けします。表標題は「躍進玄海鷹(やくしんげんかいたか)」、見送り標題は「攻防千早城(こうぼうちはやじょう)」。ヤフオクドームにやってきました。ここは本当に良い場所です。なんたって、来るたびに楽しい気分になるんですから。ドーム入口の大階段が見えてくると・・・ありました。今回お目当ての飾り山が展示されている山小屋です。この日はちょうどオー...

【博多山笠2018・飾り山】 十一番山笠「新天町」

今回は博多祇園山笠の十一番山笠こと、「新天町」飾り山の姿をお届けします。表標題は「武士心薫立花城(もののふのこころはかおるたちばなじょう)」、見送り標題は「サザエさん」。こちらの飾り山は天神地区にある新天町商店街のアーケード内に展示されています。表標題は柳河藩主・立花宗茂の武勲をモチーフにしています。宗茂は改易後、旧領に復帰した唯一の大名として知られていますよね。領地を失っても腐ることなく、なんと2...

【博多山笠2018・飾り山】 十番山笠「ソラリア」

今回は博多祇園山笠の十番山笠こと、「ソラリア」飾り山の姿をお届けします。表標題は「巴御前(ともえごぜん)」、見送り標題は「尾張名古屋保城(おわりなごやはしろでもつ)」。ソラリアの飾り山は毎年、ソラリアプラザ屋内の吹き抜けで展示されています。陽光の影響を受けないため、比較的写真にとりやすいのではないかと思います。表標題は源平合戦で活躍した女武者・巴御前の武勲をモチーフにしています。木曽義仲にしたがい...

【博多山笠2018・飾り山】 十四番山笠「渡辺通一丁目」

今回は博多祇園山笠の十四番山笠こと、「渡辺通一丁目」飾り山の姿をお届けします。表標題は「八俣遠呂智(やまたのおろち)」、見送り標題は「愛と勇気のアンパンマン(あいとゆうきのあんぱんまん)」。この飾り山は毎年、地下鉄七隈線の渡辺通駅の真上にあるサンセルコ広場で展示されています。表標題のモチーフはスサノオの八岐大蛇退治ですね。日本神話を代表するエピソードの一つで、スサノオの勇ましさに花を添える物語です...

【博多山笠2018・飾り山】 十三番山笠「天神一丁目」

今回は博多祇園山笠の十三番山笠こと、「天神一丁目」飾り山の姿をお届けします。表標題は「黒田関ヶ原之陣(くろだせきがはらのじん)」、見送り標題は「命運耳川の合戦(めいうんみみかわのかっせん)」。こちらには毎年、記念撮影用の顔出しパネルが設置されています。大人用と子供用があり、親子そろっての撮影も可能です。飾り山をバックに記念撮影はいかがでしょうか?表標題は福岡藩初代藩主・黒田長政の武勲をモチーフにして...

【博多山笠2018・飾り山】 七番山笠「中洲流」

今回は博多祇園山笠の七番山笠こと、「中洲流」飾り山の姿をお届けします。表標題は「長政関ヶ原武勲(ながまさせきがはらのぶくん)」、見送り標題は「壮烈岩屋城之戦(そうれついわやじょうのたたかい)」。表標題は福岡藩初代藩主・黒田長政の武勲をモチーフにしています。長政は東軍の一員として関ケ原の戦いに参加し、小早川秀秋らの寝返りにも深くかかわりました。一方、見送り表題は岩屋城の戦いをモチーフにしています。九...

【博多山笠2018・飾り山】 十二番山笠「博多リバレイン」

今回は博多祇園山笠の十二番山笠こと、「博多リバレイン」飾り山の姿をお届けします。表標題は「蒙古襲来博多湾(もうこしゅうらいはかたわん)」、見送り標題は「神話稲羽之白兎(しんわいなばのしろうさぎ)」。表標題は日本史の教科書に必ずと言ってよいほど登場する、元寇(蒙古襲来)をモチーフにしています。クビライ・カンの命により、大元ウルス(モンゴル)が属国高麗を従え、九州北部を襲来した出来事です。肥後国の武士・竹...

【博多山笠2018・飾り山】 九番山笠「川端中央街」

今回は博多祇園山笠の九番山笠こと、「川端中央街」飾り山の姿をお届けします。表標題は「先陣宇治川(せんじんうじがわ)」、見送り標題は「朝定番アサデス。KBC(あさていばん あさです。けいびーしー)」。上川端商店街には多い時で3基の舁き山・飾り山が展示されます。今年は土居流の舁き山がアーケード内に置かれたので、1つ屋根の下に3基の山が集う恰好になりました。表標題の「先陣宇治川」は源平合戦の過程で行われた、宇...

【博多山笠2018・飾り山】 八番山笠「上川端通」 付録:土居流舁き山

今回は博多祇園山笠の八番山笠こと、「上川端通」飾り山の姿をお届けします。表標題は「義経八艘飛(よしつねはっそうとび)」、見送り標題は「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」。こちらの飾り山は唯一の「走る飾り山」として知られており、通常の飾り山が展示用なのとは対照的に、追い山ならし・追い山で実際に巡行に使われています。また、追い山の終了後、この飾り山は川端ぜんざい広場に移され、1年間常設...

【博多山笠2018・飾り山】 十七番山笠「キャナルシティ博多」

今回は博多祇園山笠の十七番山笠こと、「キャナルシティ博多」飾り山の姿をお届けします。表標題は「激闘三太刀(げきとうみたち)」、見送り標題は「ゴジラ博多上陸(ごじらはかたじょうりく)」。表標題のモチーフは、武田信玄と上杉謙信が覇を争った川中島の戦いです。謙信が敵陣に押し寄せ、ついに斬りつけるも、信玄は軍配でそれを受けました。その様子が人形で表現されています。一方、見送り表題はゴジラです。博多に上陸し...

【博多山笠2018】平成最後の「追い山」、廻り止めも迫力満点!

博多祇園山笠のフィナーレを飾る「追い山」が15日、福岡市博多で行われました。今回は日曜日ということもあってか、普段よりも人入りが多い印象を受けました、深夜2時半に起床して、臨時列車で博多駅に向かいます。電車が進むにつれて、車内は徐々に混んでいき、博多につくころには満席状態でした。列車が博多駅に着くと、凄まじい乗客がホームに吐き出されました。何とか人込みをかき分けて博多駅を脱出後、まずは東長寺の近くに...

【博多山笠2018・飾り山】 十六番山笠「博多駅商店連合会」

今回は博多祇園山笠の十六番山笠こと、「博多駅商店連合会」飾り山の姿をお届けします。表標題は「男西郷どん(おとこせごどん)」、見送り標題は「ゴリパラ見聞録(ごりぱらけんぶんろく)」。表表題には2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』が採用されました。大河ドラマネタは飾り山の定番ですよねぇ。一方、見送り表題は地元福岡のテレビ番組『ゴリパラ見聞録』(テレビ西日本)をモチーフにしています。お笑い芸人のゴリけんさん&...

【博多山笠2018】7月12日追い山ならし

博多の街に夏の訪れを告げる恒例行事「博多祇園山笠」が執り行われています。今回は7月12日に行われる「追い山ならし」を見るため、蒸し暑い博多の街へとやってきました。この追い山ならしはその名の通り、フィナーレを飾る「追い山」の予行練習にあたるもので、本番と同じルートをめぐっていきます。ただし距離は少しだけ短く、ゴールの廻り止めは須崎町ではなく奈良屋町に置かれるのが特徴です。まずは櫛田神社にやってきました...

【博多どんたく港まつり2018】2日目(1話完結)

初日に続いて、2日目の博多どんたく港まつりをめぐっていきます。前日よりも少し遅い10時半に博多入りして、まずは各地の演舞台を見て回りました。目次1 ピコットはいなかった2 JR竹下駅から西鉄大橋駅へ(南区演舞台でため蔵と入れ違い・・・)3 薬院駅から歩いて中洲川端・博多駅へ4 総括ピコットはいなかった▲博多駅に到着!博多駅に到着後、自衛隊ブースが気になって駅前の演舞台にやってきました。ピコットがいないことを確...

【博多どんたく港まつり2018】1日目 (2) とほっぴを追いかける!

ときは2018年5月3日。初日のどんたく巡りをはじめてから、はや2時間が経過しました。まだパレードが始まる前というのに、もうご当地キャラ・企業マスコットに数体も出会ってしまいました。出だしは好調、体力もまだ十分に残っています。パレードまで2時間も余裕があるので、地下鉄で近郊の演舞台を見に行ってみることにしましょう。まずは七隈線に乗って、城南区の演舞台を見に行きます。目次1 城南区演舞台から福岡城を通って大...

【博多どんたく港まつり2018】1日目 (1) 天神演舞台でキャラ三昧!

2018年の博多どんたく港まつりは、2日にわたって晴天に恵まれました。雨が降りやすいというジンクスを抱え、直近2年はいずれも大雨に泣かされましたが、今年こそはどうにか晴れてよかったと思います。さて今回は、毎年恒例のどんたく会場巡りをお届けします。まず1日目(5月3日)の分は、記事の分量を考えて2つに分割することにしました。目次1 開会前の博多駅前をぶらつく2 博多松囃子「三福神」のお通りだ!3 櫛田神社から上川...

【博多山笠2017・飾り山】 十七番山笠「博多駅商店連合会」

今回は博多祇園山笠の十七番山笠こと、「博多駅商店連合会」飾り山の姿をお届けします。表標題は「奇襲一ノ谷合戦」、見送り標題は「祝 九州五祭文化遺産登録」。表標題「奇襲一ノ谷合戦」飾り山ネタの定番「源平合戦」の中でも、一の谷合戦はとくに採用頻度が多いです。崖を勢いよく義経率いる源氏軍が下っていく様子は、迫力ある人形で見事に再現されています。、見送り標題「祝 九州五祭文化遺産登録」見送り標題の装飾は、「...

【博多山笠2017・飾り山】 十六番山笠「福岡ドーム」

今回は博多祇園山笠の十六番山笠こと、「福岡ドーム」飾り山の姿をお届けします。表標題は「若鷹快進撃」、見送り標題は「雄姿凛々剣洗川」。こちらは福岡市中心部から一番遠く離れた場所にある飾り山で、ヤフオクドームの前に山小屋が設置されています。表標題は毎年、福岡ソフトバンクホークスを題材としていることで知られています。約1年ぶりにヤフオクドーム前にやってきました。いつ来てもテンションの上がる場所です。表標...

【博多山笠2017・飾り山】 十五番山笠「渡辺通一丁目」

今回は博多祇園山笠の十五番山笠こと、「渡辺通一丁目」飾り山の姿をお届けします。表標題は「合戦関ヶ原」、見送り標題は「愛と勇気のアンパンマン」。表標題「合戦関ヶ原」天下分け目の合戦が人形で再現されています。この関ケ原の戦いは、山笠飾り山のネタとしてよく使われる合戦の一つです。見送り標題「愛と勇気のアンパンマン」最近では見送り標題の定番ネタとして定着した『アンパンマン』。今年も子どもに大人気のキャラク...

【博多山笠2017・飾り山】 十四番山笠「天神一丁目」

今回は博多祇園山笠の十四番山笠こと、「天神一丁目」飾り山の姿をお届けします。なお、表標題・見送り標題ともに「福徳七福神」と命名されています。こちらの飾り山は毎年、エルガーラのアーケード下(パサージュ広場)で展示されており、繁華街ど真ん中ということもあって、見物人は常に多いという印象を受けます。表標題「福徳七福神」表には七福神のうち、大黒天・恵比寿・福禄寿・布袋が飾り付けられています。これはこれは、非...

【博多山笠2017・飾り山】 十三番山笠「博多リバレイン」

今回は博多祇園山笠の十三番山笠こと、「博多リバレイン」飾り山の姿をお届けします。表標題は「湊川之戦い」、見送り標題は「祝博多の花咲爺」。表標題「湊川之戦い」時代は鎌倉幕府滅亡直後の14世紀。後醍醐天皇の新政に反発する足利尊氏・直義の軍勢と、天皇側の楠木正成・新田義貞率いる軍勢が、湊川の地で一戦を交えました。その時の様子が人形で再現されています。見送り標題「祝博多の花咲爺」有名な童話『花咲爺さん』を題...

【博多山笠2017・飾り山/子供山笠】 十二番山笠「新天町」

今回は博多祇園山笠の十二番山笠こと、「新天町」飾り山の姿をお届けします。表標題は「一杖涕涙安宅関」、見送り標題は「サザエさん」。また、新天町では子供山笠も行っており、その時に使用された舁き山も一緒に展示されています。子供山笠の表標題は見送りと同じく「サザエさん」。表標題「一杖涕涙安宅関」平家滅亡後、やがて追われる身となった源義経は、京を離れて北陸道を逃げのびていました。安宅の関にさしかかり、ついに...

【博多山笠2017・飾り山】 十一番山笠「ソラリア」

今回は博多祇園山笠の二番山笠こと、「中洲流」飾り山の姿をお届けします。表標題は「邂逅洛中五条大橋段」、見送り標題は「京洛絢爛醍醐之花見」。表標題「邂逅洛中五条大橋段」牛若丸と呼ばれていた幼少期の源義経と、のち義経に仕える武蔵坊弁慶との故事によるものです。見送り標題「京洛絢爛醍醐之花見」時の天下人・豊臣秀吉は豪華な建物を造らせ、花見を行いました。その時の様子が人形で再現されています。撮影日:2017年7...