阪九フェリーのふねこ、新門司港で「やまと」のお見送りをする

これまでご当地キャラ・企業マスコット、俗にいう「ゆるキャラ®」のグリーティングを数多く見てきましたが、その中には偶然目に出来たものもあります。今回の「ふねこ」グリーティングもまさにその一つでした。新門司発の「やまと」に乗船後、風呂に入ろうと最上階に上がると、甲板からいい景色が見えるではないか!大浴場から出港シーンを見ようと思っていましたが、予定変更です。空は青々として海は穏やか。風もそれほど強くな...

肥前夢街道のにゃんにゃん丸、イオンモール宇城に登場!

実は2020年に入ってから、俗にいう「キャラ活」ってヤツができていません。あまり好きな言葉ではないですが、追っかけ同業者の間では、この言葉がSNSを中心に広く通用しています。今や「ゆるキャラ®」と「キャラ活」はセットで使われているのです。それはともかく、2020年に入ってから僕自身、このジャンルに首を突っ込めていません。一応、2月に肥前夢街道(時折メルヘン村)の「にゃんにゃん丸」のゲリラ的グリーティングを迎撃...

【肥前夢街道マスコット】7年ぶりの福岡へ!にゃんにゃん丸に突撃してみた

もうあのままフェードアウトするかと思っていたよ・・・。あれから7年、あのマスコットが満を持して復活を遂げました。佐賀県嬉野市にある肥前夢街道のマスコット「にゃんにゃん丸」のことです。2012年末に「ゆるキャラ(R)大集合in唐津」で見て以来、このマスコットが何をしているのか分からないまま、長い年月が過ぎていきました。しかし2019年秋のこと。世界キャラクターさみっと(はにゅはにゅ)に滞在中、何気なく発したツイー...

【けいきゅん】第11回 京急鉄道フェア(29日) 関東民鉄キャラ大集合!

2019年12月27日~30日にかけて、京急上大岡駅に隣接する京急百貨店にて「第11回 京急鉄道フェア」が催されました。このイベント3日目の29日、京急のマスコット「けいきゅん」をはじめ、関東地方の民鉄系キャラが7体登場しました。もちろん、九州の人間にとって関東キャラ自体、珍しい存在です。ましてや民鉄キャラですから、レア度は相当なものでしょう。ちょうど青春18きっぷ旅を計画していた私は、この機会を逃すまいと、同イベ...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 2日目(5=完結編)

そろそろ帰らないといけません。14時をめどに羽生水郷公園を出て、福岡行きの飛行機が待つ成田空港に向かいたいと思います。その前にせめて、ビズベアだけは3体とも見させてください!!ということで、ビズベア三兄弟が待つブース横にやってきました。これまで何度もビズベアを見てきましたが、三体勢ぞろいはあまり見たことがありません。かなりレアじゃないですかね。ちなみに、普段は黄色鼻が遠征要員として、ソロで登場するこ...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 2日目(4)

はにゅはにゅこと、世界キャラクターさみっとin羽生の滞在リミット14時まで、残すところ1時間を切りました。とりあえず、今の時間を確認しておきましょう。時計を見ると、すでに13時を過ぎています。成田空港を出発するジェットスターGK529便の搭乗時間が18時25分ですから、遅くとも17時45分には空港についておかないとマズイです。時刻表検索サイトによると、経路によりますが、羽生から成田空港まで約2~3時間かかるとのこと。色...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 2日目(3)

送り付ける贈る言葉作戦をやりながら、引き続き「世界キャラクターさみっとin羽生」会場をめぐっていきます。ついに雨が降り止んだことで、マスコットが続々と出てきています!チャンスを逃してはいけない、撮れるときに撮っていきましょう。乾いた芝生を探しながら歩いていると、しずな~び(しずなび)と「茶ラリーマン」に出くわしました。見た目は一般的な猫キャラの「しずな~び」ですが、侮ってはいけません。まあ、ふなっし...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 2日目(2)

雨が降りしきる中、はにゅはにゅこと「世界キャラクターさみっと」会場をめぐっていきます。初日にも動画に収めた「プイモ」(株式会社zizi)を単体で一枚。なんでも、情報配信参加型メディア「ツナガリ」のマスコットなんだそうです。泥を避けて舗装路を歩いていると、「永どん」に遭遇しました。ニュータウンで有名な多摩市永山地区のPRキャラクターです。よくよく見ると、顔がどんぐりになっていますね。今でこそニュータウンの...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 2日目(1)

せっかく羽生まで「はにゅはにゅ」しに行ったというのに、初日は散々でした。天気予報によると、二日目もあまり天気が良くない模様。望み薄ですね。ということで、6時半をめどに川口のネカフェを出ました。これからJR・東武と乗り継いで、会場のある羽生を目指します。昔は宿泊に抵抗のあったネカフェですが、慣れてしまうと快適ですね。場所によってはシャワー・朝食サービスがありますし、安価で一晩過ごせるのが魅力です。浦和...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 1日目(2)

「はにゅはにゅ」こと、世界キャラクターさみっとin羽生には国外からの参加もあります。特に目立つのが台湾キャラで、今年は三体参加しました。なんでも、台湾版ゆるキャラ®グランプリが開催されたらしく、その上位三体が羽生入りしたとのこと。さっそくブースに行ってみました。現地グランプリで一位に輝いたのは、なんと台北ユニバーシアードのマスコットに起源をもつ、「海洋」こと「ブラボー」でした。このマスコットに関して...

【はにゅはにゅ】世界キャラクターさみっとin羽生2019 1日目(1)

ついにやってきました!これから2日かけて、「はにゅはにゅ」こと「世界キャラクターさみっとin羽生」の会場、羽生水郷公園をめぐっていきます。ところが、この日はあいにくの雨でした。同じく羽生入りするという、同業者ブロガーの旅するペンギン様曰く、ぬかるみには注意するようにとのこと。最悪のケースを考えて、水を通さない防水靴を履いていくことにしました。シャトルバスを降りて水郷公園に入ると、やがて右側に「さいた...

【ご当地キャラ博2019のついでに】夜のビバシティ彦根でマスコット三昧!

ご当地キャラ博in彦根の夜といえば、なんといってもコレでしょう!彦根市内の商業施設「ビバシティ彦根」では毎年、ご当地キャラ博の開催日夜に、マスコット系のイベントを開催しています。とくにイベント名はなかったはずですが、主な客層がマスコット(所謂ゆるキャラ®)好きの大人であることから、個人的に「ガチファン向けイベント」と称しています。場所が場所なだけに、ホスト役は同施設マスコット「ビバッチェくん」です。...

ご当地キャラ博in彦根2019 2日目(3)

気が付くと、ご当地キャラ博もいよいよ終盤戦。午後1時を過ぎたところでギアを下げて、見たことのないマスコット(所謂ゆるキャラ®)を見て回りましょう。この時点で酒はすでに半分抜け、ほぼ素面に戻っています。ちょうど良い具合に冷静で、程よくアホが入っている状態です。ウン、悪くないですね。そんじゃ行こか。中央商店街を進むと、柏崎青年会議所のマスコット「えちゴン」がいました。なんでも柏崎市には鬼に関係のある名所...

ご当地キャラ博in彦根2019 2日目(2)

そうだ、酒入れよう。「ふなっしー教徒の集団礼拝式」に乗り込むべく、ここからギアを上げていきます。ちょっと言い方が悪いですが、だって本当にそう見えるのですから。ハイ、ビールを飲めや飲めや!!普段は飲まないビールを流し込み、ギアチェンジは完了しました。キタ!来たぞ来たぞ!クソマジメのリミッターがついに切れました。実は私、かなり引っ込み思案だったりします。いわゆるHSPってやつです。普通の人が何のためらい...

ご当地キャラ博in彦根2019 2日目(1)

数年ぶりとなる「ご当地キャラ博in彦根」の両日滞在は、ついに2日目を迎えました。雨ばかりの初日とは打って変わり、嬉しい晴れに恵まれました。これならアーケードに避難する必要はなさそうですね。9時のイベント開始に合わせて、会場の中央商店街に向かいました。この日はブログ・ツイッターでお世話になっている旅するペンギン様も来ているそうなので、挨拶しておこうと思います。時折ササダンゴンのボランティアスタッフをされ...

ご当地キャラ博in彦根2019 1日目(2)

雨がようやく止んだ頃、お昼を食べに銀座商店街の「をかべ」を訪れました。こちらの彦根ちゃんぽんが美味しいと聞いて、早速食べようと思ったのです。暖簾をくぐって中に入ると、すでに大勢の客でにぎわっていました。注文して料理が到着するまでの間、野球情報やニュースを見たりして時間を潰すことに。待つこと20分、ついにお待ちかねのちゃんぽんが到着しました。見た目からして長崎ちゃんぽんとはずいぶんと異なりますね。麺は...

ご当地キャラ博in彦根2019 1日目(1)

西の彦根、東の羽生。マスコット(所謂ゆるキャラ®)好きなら、これが何を示すのかお判りでしょう。彦根は「ご当地キャラ博」、羽生は「世界キャラクターさみっと」ですね。今回はそのうち、ご当地キャラ博in彦根を二日かけてめぐっていきます。博多駅から夜行バスに乗って一路神戸三宮へ。毎度ながら、夜行バスというのは概して眠れないです。疲れたままバスを降りて、JR三ノ宮駅の改札を潜りました。三ノ宮駅のホームからは阪急...

ご当地キャラ博in彦根2019~事始めの巻~ 楽しく滞在するにはどうすべき?

すっかり旅直前の恒例となった、事始めの巻。今回は10月19~20日にかけて滋賀県彦根市で開催される、「ご当地キャラ博in彦根」(旧名称:ゆるキャラ®まつり)に向かう予定です。わざわざ書かなくても、分かってる人は分かっているかもしれませんが・・・。さて、このイベント自体には、これまで何度も足を運んでいるわけですが、今年から変わった点があるとのこと。詳しいことは把握していませんが、本文を書く中で、色々とまとめたい...

【筑豊フェア2019】今年も天神中央公園に筑豊のご当地キャラが大集合!

「平日休み・休日出勤」という特殊さゆえに、しばらく遠ざかり気味だったイベントごと。しかし、9月は任意で入れる休日数が多く、おかげで土日のイベントにいくつも参加できました。今回はその一つで、9月28日に行われた「筑豊フェア」の様子についてお届けします。会場の天神中央公園には11時ごろに到着しました。ちょうど微妙な時間ということで、マスコット(所謂ゆるキャラ®)は大方休憩に入ったろうと思っていましたが、入口...

【赤間駅前カムカム祭り2019】キタキタ~!追い出し猫さくらちゃん暴走録

令和改元後初となる、「赤間駅前カムカム祭り」が開催されました。今回は開催10周年ということもあり、駅北口の会場に加えて、駅南口とゆめタウン前の二か所にも特設会場が設けられ、例年よりも若干規模の大きな祭りになりました。今回は仕事終わりに立ち寄った関係で、参戦時間は若干遅めです。まだ7時前ですが、もう薄暗くなっていました。刻々と秋は近づきつつあります。過ごしやすい季節になってきましたね。それでは、赤間駅...

FBSマスコットの「ゆめんた」、博多駅に登場!

博多駅コンコースを通っていると、偶然FBSのイベントに出くわしました。とくに最近、博多駅を通るたびに、何か催しごとをやっていないか、確認するのが恒例になっています。催しごとにはマスコットの登場がつきものでして、稀に初見のマスコットが出ていることもあります。博多口の吹き抜けゾーンを使って、体験型のイベントを行っているようです。そんなイベント会場には・・・いました。FBSといえば、やっぱりあのマスコットですよ...

ご当地キャラ博in彦根2018 (番外・夜のビバシティ編)

ご当地キャラ博in彦根からの帰り道、夜の南彦根駅に降り立ちました。毎年、ご当地キャラ博1日目の夜にビバシティ彦根でちょっとしたイベントが催されるのが、一種の恒例となっているのです。南彦根駅の改札前に、無事かえるという置物があります。家からはるばる彦根までやってきました。無事に福岡に帰れるよう、「無事かえる」に願をかけておきましょう。さて、そんな南彦根駅を発着する列車は、琵琶湖線にしては多くありません...

追い出し猫が全員集合!宮若ふるさと祭2018 (2)

宮若市秋の恒例イベント「宮若ふるさと祭」が、西鞍の丘総合運動公園で催されました。今回はイベント終盤に行われた、「追い出し猫」4体が全員集合するというステージイベントから見ていきます。左から、タマ、さくら、くろ、シマ。普段は「さくらちゃん」単独での活動が多く、他の3体は年に数回しか稼働しません。宮若市のお隣宗像に住んでいる私でも、じつは4体揃っての出演を見るのは初だったりします。もちろん「追い出し猫」...

追い出し猫が全員集合!宮若ふるさと祭2018 (1)

宮若市秋の恒例イベント「宮若ふるさと祭」が、西鞍の丘総合運動公園で催されました。会場には宮若市のマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)追い出し猫が、なんと「さくらちゃん」以外にも登場するそうで見に行ってみることに。会場に到着しました。あまりにも天気が良すぎて、ちょっと歩くだけで汗ばんできます。宮若市を代表するイベントですから、もちろん沢山の来場者で賑わっていましたよ。会場を歩いて高台に向かうと、さっ...

筑後川のめぐみフェスティバル&九州の観光と食マルシェ2018

2018年10月27日、福岡市役所前ふれあい広場にて「筑後川のめぐみフェスティバル」が催されました。このイベントを見るために福岡入りしたわけですが、なんと同日、お隣の天神中央公園では「九州の観光と食マルシェ2018」も行われていました。そこで今回は、二つのイベントを掛け持ちしながら、参加したマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)を次々に収めて回りました。果たして、1日で何体のマスコットに遭遇できるでしょうか?まず...

ノース天神の玉名物産展に くまモン&タマにゃん 登場

福岡市中央区にあるノース天神地下1階にて、「キラリかがやけ玉名物産展」が催されました。このイベントには玉名市のマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)「タマにゃん」のほか、熊本県庁の「くまモン」も応援に駆けつけてくれました。14時頃に会場入りするも、まだ「タマにゃん」の姿はなく、閑散としています。やがて「くまモン」ファンが集まりだし、ついに14時30分、「くまモン」が会場入りしました。少し遅れて「タマにゃん」...

ご当地キャラ博in彦根2018 (5)

ご当地キャラ博が始まってから5時間が経ちました。そろそろ1日目が終わりを迎えようとしています。初日フィナーレをどこで迎えようかと考えた結果、四番町スクエア駐車場へと向かうことにしました。まもなくイベント終了となりますが、お客さんの量は依然として多く、マスコットも元気にグリーティングを続けています。それにしても、すげェ混雑っぷりですな。その原因は何だろうと探ってみると、なんと「しんじょう君」と「みっけ...

ご当地キャラ博in彦根2018 (4)

ご当地キャラ博2018、1日目もそろそろ後半戦へと差し掛かってきました。まだまだ初見のマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)は沢山いるようです。明石観光PR隊長の「パパたこ」です。東京錦糸町周辺に出没するという「きんぼりー」と、真面目一本の「ワン丸君」です。こちらは静岡県富士宮市の「さくやちゃん」です。2020年東京五輪・パラリンピックに際して、富士宮がスペインの空手チームの事前合宿地になっている縁か、胸にスペ...

ご当地キャラ博in彦根2018 (3)

あっという間に12時を迎え、昼食の時間帯になりました。さすがに、何も食わないまま動くわけにはいかず、屋台でホルモン焼きそばを購入することにします。一応私も自分自身という着ぐるみを被っているので、ほかのマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)と同じように休憩が必要なのです。昔のように無茶はできません。20分ほど座って休憩を済ませ、再び会場に出向きます。大混雑の夢京橋キャッスルロードを避け、城下町の趣が色濃く...

ご当地キャラ博in彦根2018 (2)

イベント開催時間は午前9時から午後3時までの6時間。長いように見えて、案外短いものなんですよ。少しでも沢山取材しておきたいと、休むことは二の次で動いていきます。実況でも言いましたが、彦根では毎年5キロ近く歩きますので。うなもの人形を口にした「ざまりん」(神奈川県座間市)です。こちらは富山県小矢部市の「メルギューくん」「メルモモちゃん」。彦根の常連組ですね。とここで、草津市コミュニティ事業団のマスコット...