お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

台湾の安宿からオシャレなホテルまでご紹介する、台湾ホテルガイド。今回は高雄市にある「文賓大飯店 駁二館」についてお届けします。

こちらのホテルは高雄メトロ塩埕埔駅から近く、台鐵高雄駅から電車だけで行くことができます。第二桟橋(駁二)のアート街やライトレールの駅は、ここから歩いて5分ほどという近距離にあります。行動するうえで好立地にあるといえましょう。

DSCN1818.jpg
外観は一般的なホテルです。若干古さを感じますが、それはそれで味があって良いというもの。

今回は1500円程度で宿泊できる、朝食付き格安シングルを予約しました。さっそくフロントでチェックインすると、スタッフからついて来るように言われたので、あとをついていくと・・・。

DSCN1817.jpg
なんと、ホテルの駐車場に出たではありませんか。バイク置き場の横には一つ、明らかに客室と同じ扉が備え付けられています。もしや・・・と思いきや、やはりその通りでした。

スタッフはカードキーで扉を開け、中に入っていきます。ちょっと不安になってきたぞ。

DSCN1811.jpg
扉の奥には狭い階段が伸びていました。明らかにホテルのそれではありません。一戸建てや格安アパートのような、狭くて急なアレです。

DSCN1813.jpg
階段の途中で振り返ると、可愛い装飾が施されていました。

DSCN1815.jpg
階段を上り詰めると、狭いスペースに3つの扉が密集していました。それぞれ赤、黄色、青にペイントされており、かなりオシャレな雰囲気です。

客室内&共用バスルーム

DSCN1812.jpg
そのうち最も手前にある赤い扉を開けると、そこは客室でした。客室への扉は、カードキーとセットになっている鍵で開けるようになっています。

室内にはベッド・ミニテーブル、ゴミ箱しかなく、かなりシンプルです。なるほど、だから格安なんですね。必要最小限の設備しかありませんが、Wi-Fiは通じるし、ペットボトルの飲料水はあるし、窓も付いているし、寝る分には全然問題ナシ!

たしかに狭いですが、マレーシアの安宿に比べたら全然マシなレベルです。同じ台湾でも、迎賓旅社や獅城飯店、月光旅社といったオンボロ安宿に比べたら、居心地が良すぎて何泊でもしたいほどの良さでした。

DSCN1814.jpg
客室の向かい側には、3部屋共用のバスルーム・トイレがあります。こちらもちょうど良い広さで、全然悪くなかったです。

朝食はビュッフェ&配膳混在スタイル

朝食は最上階のレストランでとります。

チェックイン時に朝食時間を聞かれ、ここでふと朝食の提供スタイルが気になりました。もしかすると、バイキング(ビュッフェ)スタイルではないかもしれません。


エレベータで上階に上がり、レストラン「スターライト」に入ります。


いわゆる展望レストランになっています。

かなり広々としたレストランでしたが、それにしても人が少なすぎる。中国人観光客がいなくなったからでしょうか。個人的にはむしろ、そっちの方が過ごしやすくて良いのですがね。数年前に比べて、高雄の街は落ち着きを取り戻しています。


入ってすぐの場所には、飲み物や主食類が置かれていました。それにしても総菜類がありませんね。これは一体どういうことでしょうか?


すぐにスタッフがお膳をもってきました。お膳の中には総菜類が数種類入っています。

なるほど、だからチェックイン時に朝食時間を聞いてきたのです。朝食は基本的に、客の都合に合わせて用意されていることが分かりました。


左下から時計回りに、ゴボウのおひたし、サラダ、油揚げの含め煮、温野菜、目玉焼き。中央は麺筋(揚げ麩)?

早朝に作り置きしているらしく、全体的に冷め切っていました。お粥が熱々なので、食べ出すと気にならなくなりますが・・・。


主食類はお粥・食パンのほか、保温器には饅頭も置かれていました。これが意外にもコーヒーと合うんですよね!ふかしたては本当に美味しいです。

ホカホカ饅頭をほおばりながら、ブラックコーヒーをすする。これもまた、台湾だからこそできる楽しみだったりします。

総括

高雄旧市街地の海沿いにある文賓大飯店は、塩埕埔駅やライトレールの停留所に近く、観光するのにもってこいの場所にあります。

見た目・内装ともに一般的な観光ホテルですが、その中には格安で宿泊できる部屋もあります。今回、格安部屋に泊ってみたところ、駐車場から入るという特殊な位置にあることが分かりました。

室内は一般的な客室よりも狭く、寝るだけと割り切って使うべきです。最低限の設備ながら、Wi-Fiや飲料水があるなど、不便は感じませんでした。

なお、朝食は上階の展望レストランで供されています。主食類はビュッフェ形式で供されていますが、総菜類は客ごとに用意されており、作り置きされているようです。しかしながら、野菜が多くて健康的な食事といえ、これはこれで悪くなかったです。

撮影日:2020年2月




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

このカテゴリーに該当する記事はありません。