【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(5)

長与駅での長時間停車を利用して、下車タイムが設けられました。ホームを歩いていると、一角に人だかりができているのを発見。あやしがりて近づくと、サボを交換していました。▲佐々⇔肥前吉井主催側のスタッフが、国鉄時代のサボを次々にはめていきます。松浦鉄道に移管された松浦線のサボもありました。▲由布院行(直方・伊田経由)筑豊本線・伊田線・日田彦山線・久大本線経由という、今となっては変わり種すぎる運行経路です。...

【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(4)

2日目は朝食・チェックイン後、空いた時間を利用して路面電車に乗りました。それから長崎駅に向かい、博多に向かうキハ58系急行「出島」に乗ります。さすがは東横イン、朝食はシンプルながらも美味いです。しっかり食べたところでチェックアウトを済ませ、歩きながら電車を撮ることにしました。ほんの少しだけ路面電車に乗り、空いた時間を有効活用します。長崎電気軌道は運賃が安いため、気軽に乗車できるのです。長崎駅前に到着...

【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(3)

佐世保では長時間滞在が用意され、参加者は休憩・観光に時間を充てることができました。私と連れはまず、佐世保市内に保存されているD51を見るべく交通公園に向かいました。その帰りに佐世保バーガーを買い、滞在を終えて駅に到着。天気は良くありませんでしたが、雨に降られることはなく、やることはすべてやれたと思います。佐世保からは大村線を経由して長崎まで、急行「九十九島」の旅が始まります。経路自体は特急「シーボル...

【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(2)

臨時列車の宿命か、ノロノロ運転のすえに太宰府信号場で長時間停車に入りました。定期列車を数本やり過ごし、いよいよ出発の時間です。813系をやり過ごし、ようやく先への道が開けました。▲キハ58-716電流計▲キハ58-716電圧計急行型といえばデッキと洗面所です。比較的良好な状態で残されていました。なおも列車はこまめに停車しつつ、定期列車に道を譲ります。原田では熊本行きの寝台特急「はやぶさ」に追い越されました。なるほ...

【旅行記】リバイバル急行弓張&九十九島&出島の旅2008(1)

2008年11月、キハ58-716+キハ28-2444を使ったツアー列車「急行弓張・九十九島・出島号」が運転されました。長崎本線開通110周年を記念して行われたもので、1泊2日かけて博多~佐世保~長崎~博多間をめぐりました。2000年以降、九州各地のローカル線を走っていたキハ58系は、急速に置き換えが進んだ結果、風前の灯火と化していました。豊肥本線の「あそ1962」を除いて、すでに定期運用はありません。「この機会を逸したらもうチャ...

【旅行記】小学校の修学旅行を思い出してみた【原爆資料館】

修学旅行は一生に数回しかない、思い出深いイベントです。おそらく大半の方が小学校、中学校、高校の計3回、修学旅行に参加したかと思います。残念ながら、旅好きの私にとって修学旅行は窮屈そのものでした。集団行動・・・だもんね▲(イメージ画像)毎度おなじみいらすとやあくまでも「学を修める旅行」ですから、規律正しい集団行動が基本です。単独行動なんてもってのほか!キチキチに決まったスケジュールを守り、一糸乱れぬ動...

2000年夏・チャレンジ九州フリーきっぷの旅(2)

2000年8月、チャレンジ九州フリーきっぷの旅行程(1日目)東郷~(快速)~博多~(ドリームつばめ)~八代(2日目)八代~(キハ40形普通)~人吉~(キハ31形いさぶろう)~吉松~(キハ58系普通)~都城都城~(485系特急きりしま)~西鹿児島~(キハ58形普通)~枕崎~(キハ58形普通)~山川~(キハ200形快速なのはな)~西鹿児島・・・(父の知人と合流)・・・西鹿児島~(485系特急きりしま)~都城~(485系特急きりしま)~西鹿児島(3日目)西鹿児島...

2000年夏・チャレンジ九州フリーきっぷの旅(1)

2000年代に入ってから、はや15年が経過しました。15年という時の流れは遅いようで速く、「2000年」という西暦が持つ新鮮さは今や「一種の懐かしさ」に置き換わろうとしています。2000(平成12)年前後の時期、私はまだ物事の道理もわからぬ小学生でしたが、ニュース番組で度々「2000年問題」や「ノストラダムスの大予言」を取り扱っていたことはよく覚えています。西暦が1900年代から2000年代に変わるという大きな節目を迎えることか...