ブログヘッダー画像

依岳神社(宗像市田野)―土砂災害の爪痕残る参道

今回は宗像市北東部、田野地区に鎮座する「依岳神社」をめぐります。目次1 依岳神社とは?2 一の鳥居から二の鳥居までが長い!3 鳥居の残骸が痛々しい...土砂災害の爪痕残る参道4 社殿・植樹5 各集落の氏神が祀られた末社依岳神社とは?神社の由緒が分からないときは、伊東先生の『宗像郡誌』をあたるのが無難です。依嶽神社の項目に詳細が記されていました。依嶽神社池野村大字田野字依岳にあり。〔神社帳〕一、祭神気長足姫...

宗生寺に残る名島城搦手門をたずねて(宗像市大穂)

宗像市内に名島城の遺構が移築されていると聞いて、さっそく見に行きました。市南西部、大穂地区にある「宗生寺」に現存しているそうです。大穂ってけっこう山奥じゃない...。目次1 宗生寺とは?2 総門として移築された名島城搦手門3 宗生寺境内をぶらり散策4 ご開帳は33年に2度だけ!馬頭観音堂宗生寺とは?宗生寺は禅宗(曹洞宗)に属しており、文明十五年(一四八三)に許斐城主の多賀出雲守隆忠の亡父の菩提を弔うために建...

【田熊山笠2022】夕方のいせきんぐ宗像で舁き山見学

7月に入ると、博多の街は山笠関連行事で賑わいをみせます。そんな中、わが町宗像だって(気合いでは)負けちゃいませんよ。博多祇園山笠のクライマックス・追い山とほぼ同時期の7月中旬に、市中心部で行われる「田熊山笠」のことです。いせきんぐ宗像の敷地内に山小屋があるというので、さっそく見に行ってきました。▲いせきんぐ宗像前の山小屋山小屋は「定位置」に鎮座していました。この場所で舁き山を見るのは2019年以来、ちょ...

【例のピンク色】ジャンボタニシの卵塊を至近距離から撮ってみた

もう梅雨明けなんですって。7月末まで梅雨明けしなかった2020年とは対照的に、6月末の梅雨明けを迎えた今年、日本各地が灼熱地獄に覆われています。そんな中、わが町宗像は徐々に夏らしくなってきました。自転車のメンテナンスを兼ねて、自宅近辺でいくつか写真を撮ってみることに。さあ夏らしい光景を探してみましょう。まず最初に、トキワススキの群落がある川沿いに来ました。例年だと開花のピークは7月中旬ですが、熱波もあっ...

梅雨の晴れ間に釣川河口まで行ってみた(福岡県宗像市)

いよいよ梅雨シーズンです。何日も雨が降り続けては、ときおり各地に大災害を残していく、憂鬱なシーズンでもあります。そんな梅雨時にも晴れ間というのがあって、貴重な外出の機会になります。6月の天気がいいある日、クロスバイクのメンテナンスを兼ねて玄海方面に向かいました。数キロ程度の短距離ポタリングです。宗像コモンのあたりまで来ると、道沿いにアジサイの花が咲いていました。一番盛りの時期に来たらしく、どの花も...

【福岡県宗像市】深田地名めぐり(荒開・寿美・小路・日南・蚫島・宮前)

今回めぐる深田地区は、宗像市の北部に位置しています。もう少し分かりやすく言えば、ちょうど「宗像大社の北側」といったところです。同地区内にはいくつかの集落があります。典型的な旧玄海町の農村部ですが、他の大字とはやや異なる成立背景を持つのが特徴です。詳しいことは後々書くとして、まずは地内最北の荒開地区に向かいました。目次1 荒開(集落名)2 寿美・小路(集落名)3 日南(集落名)4 蚫島(耕地名)5 宮前...

【福岡県宗像市】第3次河東地名めぐり(山崎・野口・辻山)

これまで2度にわたり、宗像市河東地区の小字・集落名についてご紹介しました。そこそこ身近な地区ではありますが、まだ知らないことだらけです。改めて地名を把握しておこうと、河東地区の横山川流域を訪れました。巡検ルートは以下の通り。目次1 山崎2 野口3 辻山・河東天満宮4 総括山崎(集落名)河東地区にいくつかある集落の中でも、とくに分かりにくいのが山崎と野口です。集落地名に強い地理院地図にも記載されておらず...

太神宮(宗像市河東字野口)―小集落の傍らに開口する神秘的参道

今回は宗像市中部、河東地区に鎮座する太神宮をめぐります。実をいうと、数年前にも同神社をブログ内で扱いました。ところが、気が付かないうちに当該記事を消去したらしく、このように再執筆することにした次第です。『宗像郡誌』上巻では、以下のように記載されています。太神宮河東村大字河東字野口にあり。〔神社帳〕一、祭神 豊受大神一、由緒 不詳。例祭陰暦九月六日〔筑前國續風土記拾遺〕河東村大神宮 野口に在。宮山坪...

貴船神社(宗像市稲元)―藪に埋れかけた鳥居のない小祠

地図や資料を見るたびに、思いがけない場所に神社があることを知らされます。今回は宗像市中央部、稲元地区にある貴船神社をめぐります。地図によっては「神社跡」と表記されている点からして、今は管理されていないのかもしれません。『宗像郡誌 上編』のうち、無格社の項目に同神社の説明が記されています。貴船神社河東村大字稲元字松山にあり。〔神社帳〕一、祭神 高おかみ※神一、由緒 寛政九年八月一日創立。※:漢字が普通...

宗像氏貞墓所・承福寺(宗像市上八)―湯川山登山口にある黒田官兵衛ゆかりの地

戦国時代の宗像地方を支配した宗像大宮司家は、氏貞の死によって断絶を迎えました。それから数百年を経た今もなお、宗像大宮司家の名残は市内各所に残っています。今回はその一つ、市北部上八(こうじょう)地区にある、宗像氏貞墓所をたずねました。▲宗像氏貞墓所入口国道495号から鐘崎に続く県道502号を右に折れ、ひたすら坂を上っていくと、右手にこんもりとした森が見えてきます。その入口には石柱が一基たち、目印になってい...