旧打狗駅故事館(旧高雄港駅)の保存車両群

高雄市鼓山区にある、旧高雄港駅を活用した「哈瑪星鉄道文化園区」の保存車両を見て回ります。こちらの特徴は何といってもその広さ!貨物駅の広い敷地を活かして、古い鉄道車両が数両保存されています。じつは、数年前にもここに来て、ブログ用の写真を撮ったことがあります。残念ながら、SDカードの故障で全て消去と相成り、結局ブログに上げることなく終わりました。今回は大丈夫!新しいSDXCカードで記録しているので、無事に全...

【施設紹介】台鉄縦貫線 林鳳営駅(台南市六甲区)―牛乳のふるさとに残る木造駅舎

統一の牛乳ブランドで有名な「林鳳営」には、のどかな農村風景が広がっていました。今回は台南市六甲区にある台鐵林鳳営駅をめぐります。所属路線は縦貫線。優等列車の停車はなく、各駅に停車する区間車のみ停車します。こちらには、日本統治時代の1933(昭和8)年に建設された木造駅舎が残っています。長く改修されていないせいか、だいぶ草臥れていますが、それはそれで趣があって良いものです。自動改札機はなく、改札口にはIC...

【施設紹介】台鉄縦貫線 南靖駅(嘉義県水上郷)―糖廠のお膝元に残るモダン駅舎

砂糖工場に抱かれた小村にあったのは、モダンなレトロ駅舎でした。今回は嘉義県水上郷にある南靖駅をめぐります。所属路線は台鐵縦貫線。こちらは嘉義県最南端の駅にあたり、駅前には台糖南靖糖廠(砂糖工場)があります。南靖駅の歴史は古く、1911(明治44)年に水窟頭駅が移転する形で開業しました。1920(大正9)年に台湾全域で行われた大規模な地名改称にともない、水上駅に改称されたのち、1949(昭和24)年に現在の駅名にな...

【施設紹介】KTM西海岸線 スンガイ・ブロー駅(セランゴール州)

高速道路がすぐ横にあるせいか、車の音でちょっと騒がしい駅でした。今回はクアラルンプール郊外、セランゴール州にあるスンガイ・ブロー駅をめぐります。所属路線はKTMウエストコースト(西海岸)線。あわせて、ラピドKLスンガイブロー・カジャン線の同駅に関しても若干述べたいと思います。スンガイ・ブロー駅は首都クアラルンプールの北方に位置しています。周囲は小高い丘に抱かれた住宅地で、駅のすぐ横を高速道路が通ってい...

【マレーシアの喫茶チェーン】「オールドタウンホワイトコーヒー」で食べる甘~い朝食

マレーシアには「オールドタウンホワイトコーヒー」という、有名な喫茶チェーンがあります。ちょうど泊まったホテルの近くにあったので、朝食をかねて立ち寄ってみました。店内は日本の喫茶店に近い、おしゃれでかつ清潔さを感じる内装になっています。まずは好きな席について、メニュー表から食べたいものを選びましょう。オーダーするときは卓上のボタンを押して、店員を呼びます。今回はマレーシアらしくカヤトースト、そして飲...

【施設紹介】KTM西海岸線 タンピン/プラウ・スバン駅(ムラカ州)

簡単に言うと、平成の大合併前の西鉄柳川駅・JR小城駅のような場所でした。今回はムラカ州プラウ・スバンにある、KTMタンピン駅をめぐります。所属路線は西海岸(ウエストコースト)線。KTMコミューターセレンバン線の南端に当たり、クアラルンプールからの通勤電車はここまでやってきます。駅舎は近代的な橋上式になっています。駅前ロータリーも奇麗に整備されており、日本の駅に通じるところがあります。じつはこのタンピン駅に...

【施設紹介】KTM西海岸線 クアラルンプール駅(クアラルンプール首都特別市)&KTM本社

まさに首都の風格にふさわしい駅舎でした。今回お届けするクアラルンプール駅は、マレーシアの首都クアラルンプール中心部にあります。所属路線はKTM西海岸線。同駅にはKTMコミューターのほか、特急電車「ETS」も停車します。1886年の開業以来、2001年にKLセントラル駅が開業するまでは、同駅がクアラルンプールの玄関口でした。駅舎は西側に面しています。英植民地時代の1910年に建設された駅舎は、イギリスの建築様式をベースに...

KTMバトゥ・ケーブス支線 Batu Caves駅(セランゴール州ゴンバッ郡)

KLを代表する観光地への玄関口は、まるで大手私鉄を思わせる佇まいの駅でした。今回はKTMバトゥ・ケーブス支線の終点駅、バトゥ・ケーブス駅をめぐっていきます。所在地はスランゴール州ゴンバッ郡。このバトゥ・ケーブス支線はKTMコミューターの一系統「セレンバン線」に組み込まれており、同駅を発着する列車はプトラから西海岸線に入って、セレンバンやタンピンまで直通しています。日本でいう、高崎線に乗り入れる湘南新宿ライ...

KTM/ラピドKL/KLIAエクスプレス KLセントラル駅(クアラルンプール首都特別市)

まさに、マレーシアの首都クアラルンプールの玄関口にふさわしい風格を持っていました。今回はそんなKLセントラル駅をめぐっていきます。KTM(マレー鉄道)、KLIAエクスプレス、ラピドKLの3つが入居しているターミナル駅です。クアラルンプールの玄関口は元々、北側にあるクアラルンプール駅が担っていましたが、2002年にKLセントラル駅が開業したことで状況は一変しました。KLセントラル駅は高層ビルに囲まれており、駅舎自体を撮...

【施設紹介】台鉄縦貫線/集集線 二水駅(彰化県二水郷)

構内が広い駅って、なんかワクワクしません?そんな気持ちをふと抱いたのが、今回ご紹介する二水駅です。所在地は彰化県最南部の二水郷、所属路線は縦貫線。同駅からはローカル線の集集線も分岐していて、運行上の拠点としても機能しています。駅舎は戦前に建造された、鉄筋コンクリート造の平屋建てです。駅前ロータリーは狭く、ローカルな雰囲気が漂っていました。続いてホームに上がります。構造は国鉄配線といわれる2面3線で、...

【施設紹介】台鉄集集線 車埕駅(南投県水里郷)―ダムが間近に見える終着駅

台湾のローカル線はどこも活気がありますよね。沿線や駅がうまく観光資源として活用され、週末になると多くの観光客でにぎわっています。今回はそんなローカル線の一つ、集集線の車埕駅にやってきています。同駅は集集線の終着駅に当たり、古くは木材の集積地として栄えていました。現在では集積地だった頃の建物・倉庫を活用して、歴史テーマパークのようになっています。まずは駅横にある、水里渓沿いを歩いてみました。遠くには...

【タイ国鉄】フアランポーン駅のブルトレ編成を観察した

タイ国鉄フアランポーン駅の片隅に留置されている、JRからの譲渡車を眺めてみました。かつて寝台列車や客車特急で使用されていた、14系・24系客車が、一か所にまとめられ留置されているのです。その様子は駅ホームから簡単に見ることができ、気軽に写真に撮ることができます。一番車止め側にはスハネフ15が、車掌室側を表に見せるようにして置かれています。テールサインは何も入っていません。2両目はオハネ15かオハネ25でした。...

【施設紹介】タイ国鉄メークロン線 マハーチャイ駅(サムットサコーン県ムアンサムットサコーン郡)

今回はタイ国鉄メークロン線のなかでも、「東線」にあたる区間の西端にある、マハーチャイ駅をめぐります。所在地はサムットサコーン県ムアンサムットサコーン郡。同駅から川を越えて向かい側には、メークロン線「西線」の東端にあたるバンレーム駅があります。マハーチャイの駅舎は市場ど真ん中に建っています。あまりにも店が密集しているため、駅前の通りから駅舎が見えづらくなっていました。駅舎自体は結構立派な造りです。駅...

【施設紹介】タイ国鉄北線 チェンマイ駅(チェンマイ県ムアンチェンマイ郡)

今回はタイ北部、チェンマイ県にあるタイ国鉄チェンマイ駅をめぐります。所属路線は北線。バンコクとチェンマイを結ぶ国鉄の大動脈、北線の終着駅にあたり、チェンマイ観光の玄関口として機能しています。ただし、駅は市街地の外れにあるため、ターペー門など、旧市街地方面に向かう際は、徒歩かバス・ソンテウを利用することになります。本線系統の終着駅らしく、立派な駅舎を備えています。駅前には赤色のソンテウが大量に屯して...

【2019年6月版】タイ国鉄フアランポーン駅で客車撮り

タイ国鉄のターミナル、フアランポーン駅ホームをめぐりながら、客車列車を撮影しました。未だに非電化路線ばかりで、動力車もあまり普及していないタイ国鉄には、様々な形態・用途の客車が在籍しています。中でも日本製客車の割合が圧倒的に多く、10系客車に近い構造の客車も走っています。今回はフアランポーン駅に停車中の客車を撮影しながら、タイ国鉄客車の形態・特徴について見ていきましょう。▲BTC327(BTC320形)狭い窓が...

【施設紹介】タイ国鉄東線 アソーク駅(バンコク都ラチャテーウィー区)

今回はバンコク中心部、アチャテーウィー区にあるタイ国鉄アソーク駅をめぐります。一応駅と言いましたが、駅と言うよりもむしろ停留場といった佇まいの小駅で、駅員のいない無人駅です。徒歩圏内にはエアポート・レール・リンクのマッカサン駅、MRTブルーラインのペップリー駅があって、気軽に乗り換えできます。一口にアソーク駅と言っても、国鉄だけでなくBTSにも同名の駅があります。それぞれ場所が異なるため、くれぐれも混同...

【施設紹介】台北メトロ文湖線 動物園駅(新北市木柵区)

台北メトロ・MRTこと台北捷運の中でも、唯一ゴムタイヤ式を採用している文湖線。今回はそんな文湖線の終点駅・動物園駅をめぐっていきます。所在地は新北市木柵区、駅番号はBR01。その名の通り、台北動物園の目と鼻の先にあります。台北市中心部から文湖線に乗車すれば、そのまま動物園に行けるのです。便利ですね。駅ホームからの景色電車は降車ホームで乗客を降ろした後、引上げ線で折り返し準備を済ませてから、乗車ホームに戻...

【駅撮り】雨の日に台北メトロ文湖線を撮る

前々から、台北メトロ(MRT)文湖線で駅撮りをしたいと思っていました。ところがいざ台北に来てみると、天気は荒れきっていました。空は真っ黒、おまけに雨まで降っています。撮影コンディションが最悪なタイミングで来てしまったのです。今回は滞在時間が短い(2日)しかないため、晴れるまで気長に待つわけにはいきません。とりあえず下見だけでもと思い、文湖線の大安駅にやってきました。駅の跨線橋から俯瞰する形で、行きかう...

【撮影記】通過線が使用停止されている?桃園メトロ林口駅で激写

2017年春に開業を迎えてから2年、すっかり空港へのアクセス手段として定着した桃園メトロ空港線。今回はそんな空港線の電車を撮影するため、林口駅にやってきました。じつは私、恥ずかしながら明るい場所で空港線を撮影したことがありません。空港線には数回乗車してきましたが、いずれも地下駅か夜間帯でしか、写真に収めてきませんでした。林口には普通列車しか停車しません。青帯の普通列車で二駅分移動して、目的地に到着です...

戦勝記念塔をグルリと迂回する バンコクBTSを激写!

バンコクBTSを撮影するため、戦勝記念塔駅にやってきました。この戦勝記念塔はロータリーの中心部にあります。外周部はバス停として整備され、バンコク交通の要所として機能しています。その真横にはBTSスクンビット線の高架が、塔本体を避けるようにして伸びています。BTSスクンビット線の線路は、戦勝記念塔駅を出ると大きく右にカーブして、記念塔を避けながらモーチットを目指します。すなわち、戦勝記念塔付近の線路は、Ωカー...

バンコクBTSスクンビット線を激写!アジアの風を感じながら

バンコク市内を走る高架鉄道「スカイトレイン」(BTS)の撮影に挑戦しました。今回はスクンビット線をめぐりながら、駅ホームで撮影を行っていきます。▲モーチット駅に停車中のEMU-B型まずはスクンビット線の最北に位置するモーチット駅に来ました。駅前には、ドンムアン空港行きバスが発着する停留所があります。ドンムアンからバンコク市内に向かう際には、ここからMRTやBTSに乗り換える方が多いのではないでしょうか。▲モーチッ...

【エアポートレイルリンクの車窓から】草だらけのマッカサン工場と廃車体

バンコク市街地とスワンナプーム空港を結ぶ、連絡鉄道「エアポート・レール・リンク」の車窓から、タイ国鉄マッカサン工場を眺めてみました。エアポート・レール・リンクは、始発駅のパヤタイ駅からラートクラバン駅までの約30キロにわたり、タイ国鉄東線と並走しています。はたして、マッカサン工場にはどんな車両が置かれているのでしょうか。ラチャプラロップ駅を出発してから間もなくして、車窓左手に工場が見えてきました。た...

【施設紹介】タイ国鉄北線・南線 バンスー駅(バンコク都バンスー区)

今回はバンコク都バンスー区にある、タイ国鉄バンスー駅をめぐります。同駅は南線が分岐するジャンクション駅で、バンスージャンクション駅と呼ばれることも多々あります。駅前には広めのロータリーがあり、タクシーやバスも乗り入れています。駅前から見える巨大建造物は、現在建設中の新駅舎です。近い将来、これまでフアランポーン駅が担っていた機能は、バンスー駅に移設・集約され、同駅が新しいターミナル駅に生まれ変わりま...

タイ国鉄「客車列車」普通233レに乗る(フアランポーン~バンスー)

2019年3月、タイ国鉄に初乗車しました。記念すべき初乗車区間は、フアランポーン~バンスー間と短いですが、バンコク市街地を眺めながら客車列車の旅を満喫できました。まずは窓口で切符を買い、駅ホームに向かいます。バンスーに向かう直近の列車は、東北線スリン行きの普通233列車で、タイ国鉄ではメジャーの非冷房式客車です。▲BTC1058(BTC1000形)233列車の出発まで時間があるので、駅に停車中の客車を撮って回りました。基本...

【撮影記録】朝のフアランポーン駅も客車だらけだった!

朝8時前のフアランポーン駅にやってきました。今回は有名な「国歌放送」を見るべくやってきたわけですが、もちろん列車撮影も同時にやっていきます。まずは大通りを渡って駅を目指します。この通りは交通量が多く、歩行者信号が青になっても注意しないと、車に吹っ飛ばされます。横断歩道を避けたい場合は、遠回りしてMRT駅の地下通路を通ると良いでしょう。大通りを何とか渡り切って、ようやく駅の真ん前に到着しました。フアラン...

【施設紹介】タイ国鉄北線 ドンムアン駅(バンコク都ドンムアン区)―目の前は空港!利便性は・・・

今回はバンコク都ドンムアン区にあるドンムアン駅をめぐります。所属路線は北線。ドンムアンといえば、スワンナプーム空港が開港するまでバンコク空の玄関口として栄え、今はLCCのターミナルになっているドンムアン空港があります。駅はまさにドンムアン空港の目と鼻の先にあり、ターミナルから連絡通路を通って駅に行くことができます。▲ドンムアン空港ターミナルから写したドンムアン駅もし下調べせずに行ったら、おそらくターミ...

【撮影記録】タイ国鉄 深夜のフアランポーン駅で終電間際を撮る!

タイ国鉄の夜行列車をたくさん見たいという思いから、夜10時台のフアランポーン駅にやってきました。この時刻なら終電(非電化ですが)間際ですし、タイ各地に向かう夜行列車が見られるかもしれない、と思ったのです。深夜のフアランポーン駅には、その日の仕業を終えた列車が次々に到着します。その中にはディーゼルカーの姿も多く、車両によっては床下から白い煙を吹きだしていました。車両の状態はあまり良いとは言えず、タイ国...

【撮影記録】タイ国鉄 夜のフアランポーン駅で客車列車を激写!

夜のタイ国鉄フアランポーン(クルンテープ)駅にやってきました。今回は駅ホームをめぐりながら、列車を収めていきます。タイでは客車列車が主力を担っており、日本では絶滅危惧種と化した、機関車牽引の長距離列車が沢山走っています。ちょうど夜ということもあり、寝台列車も沢山出入りしているはず。はたして、夜行列車を収めることはできるのでしょうか。夜のフアランポーン駅前は賑やかで、交通量は昼間とあまり変わっていま...

【施設紹介】バンコクMRTパープルライン バンパイ運河駅(ノンタブリー県バーンブアトーン郡)

今回はノンタブリー県バーンブアトーン郡にある、バンコクメトロのバンパイ運河駅をめぐります。所属路線はパープルライン、駅番号はPP01。▲สถานีคลองบางไผ่高架上にある駅へは、道路わきの歩道から入っていきます。日本の支援によって建設された駅ということで、雰囲気は日本の鉄道駅に似通っています。駅周辺の幹線道路は交通量が多く、マイカーやバスがひっきりなしに通過していました。また、駅近くでは屋台が数軒、店を開いて...

タイを走る日本製電車 バンコクMRTパープルラインに乗る(タオプーン~バンパイ運河)

2016年8月、バンコクメトロ(MRT)パープルラインのタオプーン~バンパイ運河間が開業しました。この路線は日本のODAによって建設され、日本製の車両(総合車両製作所製造)が導入されました。今回はそんなパープルラインに乗車して、どのような路線なのか探ってみようというのです。まずはパープルラインの南側の起点、タオプーン駅にやってきました。同駅はブルーラインと接続しており、国鉄のターミナル、フアランポーン駅から...