ブログヘッダー画像

依岳神社(宗像市田野)―土砂災害の爪痕残る参道

今回は宗像市北東部、田野地区に鎮座する「依岳神社」をめぐります。目次1 依岳神社とは?2 一の鳥居から二の鳥居までが長い!3 鳥居の残骸が痛々しい...土砂災害の爪痕残る参道4 社殿・植樹5 各集落の氏神が祀られた末社依岳神社とは?神社の由緒が分からないときは、伊東先生の『宗像郡誌』をあたるのが無難です。依嶽神社の項目に詳細が記されていました。依嶽神社池野村大字田野字依岳にあり。〔神社帳〕一、祭神気長足姫...

宗生寺に残る名島城搦手門をたずねて(宗像市大穂)

宗像市内に名島城の遺構が移築されていると聞いて、さっそく見に行きました。市南西部、大穂地区にある「宗生寺」に現存しているそうです。大穂ってけっこう山奥じゃない...。目次1 宗生寺とは?2 総門として移築された名島城搦手門3 宗生寺境内をぶらり散策4 ご開帳は33年に2度だけ!馬頭観音堂宗生寺とは?宗生寺は禅宗(曹洞宗)に属しており、文明十五年(一四八三)に許斐城主の多賀出雲守隆忠の亡父の菩提を弔うために建...

【博多祇園山笠2022】博多&福岡の飾り山めぐり(2=完)

博多に夏の訪れを告げる博多祇園山笠が、3年ぶりに帰ってきました。今回は市内各所に展示されている飾り山をお届けします。前回お届けできなかった分のうち、撮り漏らした中洲流以外の7カ所分を収録しています。目次1 四番山笠:東流2 十番山笠:天神一丁目3 十三番山笠:福岡ドーム4 十四番山笠:博多駅商店連合会5 十五番山笠:キャナルシティ博多6 十六番山笠:ソラリア7 十七番山笠:新天町四番山笠:東流山笠のスピー...

【博多祇園山笠2022】7月13日集団山見せ 呉服町交差点で舁き出しを見届ける

新型コロナウイルス対策による過剰自粛と同調圧力を乗り越え、3年ぶりに開催された博多祇園山笠。7月10日から15日までの6日間、執り行われる巡行の中でもとくに異色なのが、13日に行われる「集団山見せ」です。この日だけは博多区を出て、舁き山が福岡市役所まで顔を出します。今回は自転車を利用せず、普通に電車を使って博多入りしたのち、集団山見せスタート地点・呉服町交差点で舁き出しを見届けました。さすがに猛暑が続くこ...

【博多祇園山笠2022】博多&福岡の飾り山めぐり(1)

2022年も7月を迎え、いよいよ博多祇園山笠の季節がやってきました。3年ぶりに舁き山巡行が復活するということで、博多中が例年になく活気に満ち溢れています。今回は福岡市中心部に展示されている飾り山のうち、5カ所分をめぐりました。目次1 八番山笠:上川端通2 九番山笠:博多リバレイン3 十二番山笠:渡辺通一丁目4 十五番山笠:川端中央街5 番外:櫛田神社八番山笠:上川端通今回は散策順ではなく、番号順にご紹介します...

【博多祇園山笠2022】7月11日朝山 地元民だけの特権!超早朝の舁き山巡行を見る

7月10から15日までの6日間、博多祇園山笠の舁き山巡行が行われます。クライマックスの「追い山」をはじめ、福岡市役所に顔を出す「集団山見せ」などの巡行は、市外の地元民や観光客にもおなじみですが、11日早朝に行われる「朝山」は、その時間帯の早さから見物難易度が高い存在です。どの流も早朝5時出発・30分程度の巡行ですから、僕のような福岡市近郊の地元民であっても、始発電車を利用したところで間に合わないのです。そん...

【田熊山笠2022】夕方のいせきんぐ宗像で舁き山見学

7月に入ると、博多の街は山笠関連行事で賑わいをみせます。そんな中、わが町宗像だって(気合いでは)負けちゃいませんよ。博多祇園山笠のクライマックス・追い山とほぼ同時期の7月中旬に、市中心部で行われる「田熊山笠」のことです。いせきんぐ宗像の敷地内に山小屋があるというので、さっそく見に行ってきました。▲いせきんぐ宗像前の山小屋山小屋は「定位置」に鎮座していました。この場所で舁き山を見るのは2019年以来、ちょ...

うみたまごのコツメカワウソを激写!タオルでクネクネ体を乾かす

大分の水族館「うみたまご」で飼育されているコツメカワウソに密着しました。飼育舎前に到着すると、ちょうど泳いでいる最中なのか水槽内に2匹います。まずは泳ぐところを一枚。カワウソはかなりすばしっこいので、移動中をきれいに撮るのは簡単じゃありません。こうして見ると、泳ぎに特化した姿をしているのが分かります。あのプリチーなボディは、水との共生から生まれたというわけですな。手と足には水かきもあるよ。水槽に置...

20年ぶりの別府温泉旅で「ゼロコロナ的日本社会」を嘆く

旅行ブロガーと名乗ってはいるものの、実をいうと、2022年に入ってから旅行とは無縁の生活を続けています。その理由は単純です。これ以上、新型コロナ対策に協力する気がないから。ただそれだけです。欧米諸国ではコロナ騒動が事実上の終息を迎え、東南アジアも2019年以前に戻ろうとしています。ところが、日本を含む東アジア圏では「ゼロコロナ」に固執するあまり、盲目的なマスク着用(マスク信仰)・ソーシャルディスタンスの強...

【例のピンク色】ジャンボタニシの卵塊を至近距離から撮ってみた

もう梅雨明けなんですって。7月末まで梅雨明けしなかった2020年とは対照的に、6月末の梅雨明けを迎えた今年、日本各地が灼熱地獄に覆われています。そんな中、わが町宗像は徐々に夏らしくなってきました。自転車のメンテナンスを兼ねて、自宅近辺でいくつか写真を撮ってみることに。さあ夏らしい光景を探してみましょう。まず最初に、トキワススキの群落がある川沿いに来ました。例年だと開花のピークは7月中旬ですが、熱波もあっ...