西鉄の珍車!西鉄6050形6157Fを撮る

福岡(天神)駅を6157F+6703Fの急行を撮影してきました。この6157Fは他の6050形と違って、扉がステンレスだったり側面窓が大型窓だったりと、後に製造された7000形のモデルになったと言っても良いと思います。聞くところによると、同じ3両編成の6156Fはここ数ヶ月間、ずっと動いていないとのこと。再び動く日はいつになるのやら・・・。...

ピンクの西鉄バスを撮影するin大濠公園

昨日は大濠で友人とランニングしました。やっぱりランニングっていいなぁ!大濠に近い荒戸の道路をスナップしましたが、ここにはかつて福岡市内線が通っていました。ピンクのバスは、スマートループに変わりつつあるし、西工は解散して純正車が続々投入されてるし・・・西鉄バスも時代に合わせて色々と変わったものです。いずれこの風景も過去のものになるんでしょうか。後悔しないように、しっかりと記録に残しましょう。大濠周辺...

【サンリブくりえいと宗像】インド・パキスタン料理「SAJID」のAランチ【閉店済】

じつは6歳ごろから足指のイボに悩まされています。魚の目治療薬でも治らないので皮膚科を受診すると、その正体はウイルス性のイボでした。それから「液体窒素でイボを焼く」という、聞くだけでも痛そうな治療を続けてきましたが、なかなか治りません。治療を始めたのがたしか、小学校高学年の頃でしたから、もう7~8年も治療を続けていることになります。マジで痛いです。この日も治療を終えて、足を庇うようにして病院を出ました...

ニッコりん&ワルもんコレクション@唐津 youtube

今回はニッコりんとワルもんの映像を詰め合わせ!内容はというと、ステージでの紹介とアーケードを散歩する様子。にっこりんとたべんばくん、談笑中でしたか、こりゃ失礼。O-157の王様ワルもん、存在感あるばい、こりゃ。さすがはキング。テンション高めのワルもん、最初はちゅーりーちゃんを襲い、次は子どもに襲い掛かる!でも家に帰ったら手洗いうがい。これでウイルスを予防することはできます。どうやらお米咲さんが詳細をレ...

ゆるキャラ(R)クリスマス会in唐津2010(2)

唐津市で開催された、ゆるキャラ®クリスマス会の様子を紹介します。まずはステージへ向かいましょう。キャラクター紹介が行われており、ニッコりんなど数体がいます。▲左から、ふくふくちゃん(福岡県福津市), ニッコりん(福岡市城南区), じーも(北九州市), ワルもん...

ゆるキャラ(R)クリスマス会in唐津2010(1)

唐津では、町人祭り冬の市が開催されました。もちろん毎年恒例の、ゆるキャラ(R)クリスマス会も同時開催されましたが、今回はその時の様子をお届けします。今回は去年の数倍ものご当地キャラクターに来ていただきました。彦根からは、「やちにゃん」と「ひこちゅう」。岐阜からは「ねぎっちょ」、愛知からは「いなッピー」・・・今回のホスト役、唐ワンくんは相変わらずのフリーダムぶりで会場を盛り上げていました。はちみつボイ...

「唐ワンくん」、RKBラジオに出演

唐津市のご当地キャラクター「唐ワンくん」がRKBラジオに出演するとのことで、こっそり応援するため見に行きました。RKBのエントランスはとても静かで、おじさん一人と受付係、そして自分以外には誰もいません。ニュース番組とラジオ放送が左右から聞こえてきますが、流れているのは外交問題のニュースであまりいい気はしませんでした。18時になり、ラジオでは「唐ワンくん」についての話題が始まりました。ちなみに「唐ワンくん」はとい...

唐ワンくんについて

今日12月16日、RKBラジオに「唐ワンくん」が出るとのことです。ちょうど講義が早めに終わるので見に行こうと思います。来る土曜日、「来てんね唐津町人まつり冬の市」が大規模なご当地キャラクター(ゆるキャラ)のクリスマス会にもなるというから、素晴らしいではないですか。今日は?・・・ちょうど雪が降っています。とにかく寒いです。雪は九州特有の水分を多く含むもので、衣類に付けばたちまち水となります。ああ嫌だ・・・あ...

貝塚線撮影ウォーキング

西鉄貝塚線和白駅以北で列車を収めるため、日曜日に同線沿線を歩いてきました。今回撮影するにあたって、まず新宮中央駅で列車を降り、そこから西鉄新宮駅を目指して歩くことにしました。この新宮中央駅は驚くことに、コンコースに中庭があります。残念ながら、一部か所にロープが張られていました。▲新宮中央駅宮地岳線の路盤敷が見えてくると、間もなく西鉄新宮駅に到着です。架線もレールもない様子が寂しく、なぜか背筋の凍り...

毛布のようなモッフリ感!唐津街道畦町宿で茶トラ白猫に遭遇

所用のついでに福津市畦町(旧唐津街道畦町宿)を再訪していた時のこと。唐津街道畦町宿には猫が数匹いる、と偶然出会ったご婦人から話を伺うことができました。街角をよくよく観察してみると、たしかに猫がたくさんいるのが分かりました。まず筆者が見かけたのはキジと茶トラ白。左にいるキジはすぐに逃げてしまいましたが、右側の茶トラ白は鳴きながら近づいてきました。▲今回の主役、畦町の茶トラ白猫手を差し出すと、クンクン。...