西新 西南脇のキジトラ猫(短尾)

所用で福岡を訪れた際のこと、西新の脇山口交差点の近くにキジトラがいたのを思い出しました。ドンキホーテの近くを視てみると、やはりいましたよ!この猫は尾が短い雌です。近くのビル脇におり、一階が魚を扱う料理店です。店の看板猫なのか、近所の飼い猫なのか・・・おそらく店で魚のおこぼれをもらっているのだろうか。首輪はないのでたぶん野良かもしれません。耳がカットされているように見えたので、おそらくTNRを受けたの...

「前パン」がステキな西鉄3000形3113F

年々、勢力を伸ばしつつある3000形は運転開始からわずか3年あまりで、600形、700形、2000形を次々に置き換えていきました。2連・3連・5連が存在し、使用用途・運用時間帯にあわせて、自由自在に編成を組みなおすことができます。今回の主役・3113編成は2両編成で、おもに3連と組み、5両編成の急行として使われることが多いです。2両の大牟田側先頭車・モ3100形にはパンタグラフが装備されており、その特徴ある姿から所謂前パンと呼...

九州新幹線の指定券を入手しました!

ううう・・・さむい。それはともかく、今日で九州新幹線全通まで残る一カ月を切りましたね。全通関連の動画が再生回数10000回を越えればいいのですが・・・まず指定券を取りに赤間駅へ向かいましょう!どうやら博多駅では、昨日の夜から張り込んでいる鉄ちゃんがたくさんいたみたいですね。彼らが手にしたいのは勿論、一番列車の指定席特急券です。筆者は一番列車に乗らないつもりでいたので、よって博多12:09発のさくら413号(新下...

高性能撮影機材を購入、今までよりも・・・!?

とうとうこの日が来ました・・・そう、新しい撮影機材を入手したのです。●以来の機材との比較夜はピンボケが多くて撮影できない。もしくは撮影出来ても滑らかな動きをしない。以前福間駅で寝台特急あかつきを撮影した際、これが原因で散々な結果となった。↓夜でもある程度は撮影可能。残りわずかとなったドリームにちりんの撮影に便利。最近のものに比べ、画質が悪い(HD非対応)。高速で通過する電車を撮影した際、車体が粗く映る。...

東郷駅前 生きていた茶トラ猫

先日福岡へ行くため東郷駅前を通っていると、茶トラ猫を久しぶりに見つけました。ZZZ・・・この猫、以前サバトラ(短尾)といるところを撮影(昨年10月17日)して以来、全く姿を見せないままでした。(2010年夏撮影)こいつは東郷駅前にいる他の猫(目が合うだけで逃げる白黒や白黒ハナグロ、キジ白など)と違い、ある程度の距離までなら近づいて手を動かしても逃げません。ただ、至近距離となると遠く遠くへと消えてしまうのですが・・・もうち...

畦町宿 花壇にめり込み お昼寝茶トラ白

前回は愛想のない猫たちを紹介してきました。 今回は畦町一素敵な茶トラ白(野良)を紹介します。茶トラ白(以後みゃうと呼ぶ)を探して路地をくまなく探す。そして依然見かけた場所の近くで茶色い塊を発見。もしやと思い私有地を避け迂回したのち、茶色い塊に接近する。目が悪いもので・・・やはりみゃうだった!彼は花壇の中にめり込みお昼寝中。      草の音をバリバリいわせながら近づいても、こちらをあまえた目で見てくる...

畦町宿 愛想のない猫たち・・・

前回畦町を訪問したときの様子を紹介します。畦町の猫はとにかく、愛想がなか!今回確認した限りでは、キジトラが2匹いる模様。大きな黒猫(野良)が道路をのしのしこっちに気が付くや否や、早歩きして逃げる逃げる。よって写真はなし。以前見たことがあるキジ白。こいつは立ち止ってちらり。      しかしこの時すでに逃げる体勢。近づくと逃げるのは分かっているので、次撮影しようとカメラを構えたところ、敷地内へと逃げた...

弾薬庫輸送線跡&畦町宿の報告

今日は福間駅から上西郷地区にある弾薬庫へとつながる輸送線跡の調査と、畦町の猫をみてきました。詳細は明日報告するということで、今日は大まかな内容を。【弾薬庫輸送線】西郷川にかかる橋台のほかにもう一つ、新たな痕跡を発見しました。水光会病院の裏手から廃線跡は3号線方面へ続き、3号線の築堤にぶつかるわけですが、3号線直前にある病院の隣にあったもの。明らかに線路があったとわかる、弧を描く法面。証拠写真も撮影し...

西鉄宮地岳線 駅・路盤の現状

先日、ようやく宮地岳線の現状を見る気になった。撤去された橋桁や暗渠があるか、変化はあるか・・・など。まずはじめに向かったのは西鉄福間駅。相変わらず・・・といったところ。ここは廃止後訪問したことがあるものの、整地後の変化はない。せめてモニュメントができればいいものの。宮地岳線北部の駅はどれも、このような具合に整地されたまま。サイクリングロードのなるという計画はどこへ行ったのやら。当初の計画では、廃線...

福間~上西郷地区 知る人ぞ知る幻の鐡路

第二次大戦中、福間から上西郷地区までの間に鉄道が敷設されていたことをご存じだろうか?終点には弾薬庫があり、その弾薬庫の存在は軍の機密情報。周囲の人間に知らされることはなかった。つまり、線路は弾薬庫の輸送線。1945年の敗戦後、役割を失い線路は剥がされたのだ、と・・・現在その痕跡をたどるのは難しいものの、西郷川にかかっていた橋の跡が残っています。橋台は1つしか残っておらず、手前側には残存せず。橋の延長線...