台鐵DR3000形「DC自強号」にゆられ宜蘭線旅

朝8時発のDC自強号に乗り、宜蘭県の温泉郷・礁渓から台北まで移動しました。天気はあいにくの曇りでしたが、海側の座席に腰掛け、太平洋沿いの景色を楽しむことができました。▲自強号樹林行きが到着車両はおなじみDR2900形、先頭は3000番台▲DR2900形客室内と特徴的な排気筒カバー雨は礁渓駅前を歩いている際にごく少量降ってきただけで、当日の飛行機で台湾を出るまでの間、本降りの雨に遭遇することは一度もありませんでした。6月...

【施設紹介】台鉄宜蘭線 礁渓駅(宜蘭県礁渓郷)

宜蘭線礁渓駅は礁渓温泉郷に近く、鉄道を利用して気軽に温泉を楽しむことができます。朝の礁渓駅前・駅構内の様子をご覧ください。▲礁渓駅舎 駅前には足湯があります。そこまで熱くありませんが、平日の朝ということで利用者はいませんでした。▲礁渓駅舎裏側 ▲礁渓駅構内 (左)蘇澳方面を眺めて (右)八堵方面を眺めて一部の自強号・莒光号が停車しますが、停車しない列車も多数あります。基本的に、タロコ・プユマ号使用列車は全...

【台北から日帰り可】礁渓温泉郷を行く(宜蘭県礁渓郷)

台湾北東部・宜蘭県にある礁渓温泉に一泊しました。今回宿泊した「礁渓温泉旅館」をチェックアウトして、一路礁渓駅へと向かうことにします。それにしても、「礁渓温泉旅館」は安いながらも設備がしっかりとして良かったです。▲仁愛路にある「礁渓温泉旅館」は一泊1000元温泉が川状に流れる「湯囲溝公園」の脇を通っていきます。ここ一帯では日が暮れると夜市が開き、多くの地元民・観光客で賑わっています。公衆浴場があることでもよく知...

博多祇園山笠2013 飾り山めぐり(千代流)

天神から地下鉄箱崎線に乗り、千代県庁口駅へとやってきました。毎年博多祇園山笠の季節になると、駅入口(パピヨン24前)に千代流の飾り山が展示されています。 ▲(左)表標題「武魁神剣誉」 (右)見送り標題「藤花三巴誇」飾り山を見たのち、千代県庁口駅から歩いて東公園方面へと向かい、そのまま吉塚駅まで行きました。▲吉塚駅ホームの787系...

博多祇園山笠2013 「集団山見せ」

博多祇園山笠で博多の街が賑やかとなっている中、舁き山が博多を抜けだし、城下町・福岡へと顔を見せる唯一の行事「集団山見せ」が執り行われました。この「集団山見せ」のルートは「博多どんたく港まつり」のパレードとほぼ同じで、明治通りを呉服町交差点から天神の福岡市役所前まで駆け抜けます。まずはじめに、呉服町交差点付近に展示されている東流の飾り山を見に行くことにしました。  ▲四番山笠東流飾り山 (左)表標題「天...

2013年の田熊山笠舁き山

博多の街では博多祇園山笠が行われておりますが、宗像市田熊・東郷地区では毎年「田熊山笠」がとり行われています。今年も田熊山笠の季節が訪れ、ついに舁き山が日の里北口交差点付近に据え置かれました。▲表標題「姉川の合戦」▲見送り標題「井伊直政武勇誉」...

博多祇園山笠2013 飾り山めぐり(中洲川端・櫛田神社)

「博多祇園山笠」のシーズンが始まり、博多の街は賑わいに包まれています。今回は飾り山の姿を見るため、博多の街を廻ることにしました。 ▲(左)表標題「合戦石垣原」 (右)見送り標題「関ヶ原合戦」地下鉄中洲川端駅を出て、まず初めに中洲流の飾り山を見ることにしました。 ▲(左)表標題「軍師官兵衛」 (右)見送り標題「正木宗七博多人形献」続いて上川端商店街の中へ入り、上川端通の飾り山と大黒流の舁き山笠を見て回ります。 ▲大黒流...

【台湾ホテルガイド】礁渓温泉旅館(宜蘭県礁渓郷)

礁渓温泉は台湾北東部・宜蘭県礁渓郷にある温泉郷であり、台北から近いし鉄道駅の近くに温泉街があるなど、訪れやすいことで知られています。今回は室内で温泉が楽しめるという「礁渓温泉旅館」に宿泊しました。温泉郷の中心部に近い仁愛路沿いにあります。▲礁渓温泉旅館外観上の写真はチェックアウト時に撮影したものです。周囲にも多数ホテルが立ち並んでいる様子が分かるかと思います。どうやら日本人宿泊客が多いようで、日本語...

夕暮れの花蓮駅―せわしなく働く列車たち

台鉄(台湾鉄路管理局)東部幹線を北上し、台湾東部最大の街・花蓮へとやってきました。ここで列車を乗り換え、宿泊地の礁渓温泉(宜蘭県)を目指すことにします。▲花蓮駅に到着客車列車の冷房電源は、電化区間だと電気機関車より供給されていますが、非電化区間では電源車からの供給となっています。そのため花蓮駅や高雄駅などでは、電源車を連結した入換用DLがせわしなく移動する様子を見ることができます。▲莒光号のビュッフェ車・...

客庄移民警察庁のゆるキャラ「波麗鶏大人」がブサカワすぎた!(花蓮県鳳林鎮)

花蓮県鳳林鎮の前身にあたる花蓮港庁鳳林郡鳳林街には、多くの内地人(日本人)が移住しました。中でも官設移民村「林田村」は、彼らの主な移住先として有名です。日本人が引き揚げたのち、代わって客家人が「林田村」に移り住みましたが、煙草乾燥小屋(ベーハ小屋)や日本家屋など、今でも多くの建築物残存しています。今回お送りする「客庄移民警察庁」もその一つです。日本統治時代に「林田警察官吏派出所」として使用された建物は現在、史...