【宗像市】河東地名めぐり(本村・福崎・相原・向手)【再調査版】

河東地区は宗像市の主要河川である釣川東岸に位置しており、2000年ほど前までは入江になっていたようです。 小高い丘には古墳が多数築かれ、1980年代後半の住宅地開発に際して発掘調査が行われてきました(ex.相原古墳群, 久戸古墳群...)。  山田川・横山川の合流地点に接する南部には、地区の中心部 本村集落があり、横山川沿いに開けた中央部には福崎集落、丘陵地帯上には相原集落があります。『筑陽記』巻之十二「宗像郡」によ...