金魚がひらりと舞い泳ぐ「アートアクアリウム展~博多・金魚の祭~」

JR博多シティ9階にて、「アートアクアリウム展~博多・金魚の祭~」なる催しが行われているという話を聞き、早速見に行ってきました。静止画撮影はOKとのことで、多くの来場者が携帯やカメラを構えながら楽しんでいるようでした。恥ずかしながら、ブレぎみの写真ばかりです。予めご了承ください。様々な姿でかつ、色とりどりの金魚が展示されています。親類宅で買われている巨大金魚を思い起こさせてくれる、やけに大きな金魚もい...

【施設紹介】JR奥羽本線/田沢湖線 大曲駅(秋田県大仙市)

今回は秋田県大仙市にある、JR大曲駅をめぐっていきます。所属路線は奥羽本線。この日、秋田駅から奥羽本線の普通列車に揺られ、大曲入りしました。ここからはE3系の「こまち」に乗って盛岡に移動する予定ですが、到着まで時間があったので、駅を見て回ることにしたのです。雪が深く、南国育ちの筆者にとって不慣れな環境だったこともあり、駅周辺の散策は行いませんでした。冬じゃなかったら、駅前を歩いても良かったんですけれど...

【施設紹介】JR羽越本線 酒田駅(山形県酒田市)

村上駅から気動車による普通列車で羽越線を東に東に進み、山形県庄内地方にある酒田駅に到着しました。既に日没していましたが、酒田発秋田方面行きの列車が入線するまで時間があったので、改札の外に出てみます。▲酒田駅駅舎外はあいにくの雨模様で濡れてはまずいと思い、再び駅ホームに戻ってきました。ホームには寝台特急「あけぼの」のほか、既に廃止となった「日本海」の停車位置表示が並んで掲げられていました。一風変わっ...

乗り得列車!189系普通「妙高」に乗る(新井⇒直江津)

新井駅から直江津までと短いですが、信越本線を走る189系の普通列車「妙高」に乗車しました。「妙高」は特急型車両を使っていながらも、普通乗車券のみで乗車できる「乗り特列車」として知られています。当初は、新井(もしくは直江津)から「くびき野」でそのまま新潟に行く予定でしたが、急きょ予定を変更して、189系の乗車を体験することにしました。乗車区間は北陸本線金沢延伸後、JR東日本から経営分離されることになっています...

田野瀬戸古墳の現在

宗像市の北東部、田野という場所に一基の前方後円墳があり、「田野瀬戸古墳」と呼ばれています。古墳は道路からだいぶ離れた場所にありますが、県道300号沿いから眺めることができます。以前、この古墳の発掘調査に携わらせてもらったことがあり、その時に初めて田野瀬戸古墳の存在を知りました。当初は採砂場か何かになる予定でしたが、今でも発掘当時の姿に近い状態で残されています。宗像は古墳の多い地域ですが、史跡として保...

鐘崎の空は淀み・・・

宗像市北東部にある鐘崎・上八(こうじょう)両地区をめぐりました。後者は宗像屈指の難読地名として知られています。当日は空気が非常に汚かったので、すぐ近くの山でも白く淀んでいました。鐘崎(上八)貝塚は県道300号沿いにありますが、今の季節は雑草が生い茂っており、虫が苦手な方は入りづらかろうと思います。加えて、300号から貝塚へ至る通路の両側には、害獣除けの電線が張られているので、貝塚を見に行く際には注意が必要で...

【施設紹介】JR信越本線 新井駅(新潟県新井市)

青春18きっぷを利用して富山から新潟方面へと移動中、ふと直江津で暇な時間ができました。「どうせなら、北陸新幹線金沢延伸後に経営分離される信越本線の長野方面にでも足を延ばしてみよう」と思い、485系快速「くびき野」の間合い運用となる普通新井行きに揺られ、新井を目指すことにしました。新井到着後は再度、直江津から乗ってきた485系に乗れば新潟まで下車せずに済むので、面倒なことにはならないと思っていましたが・・・▲...

釈迦尾宮(宗像市大井・釈迦院集落)

宗像市大井地内の釈迦院集落にある釈迦尾宮を訪れました。以前にも釈迦院に立ち寄ったことがありますが、その時は神社の存在に全く気が付きませんでした。神社入口は大井ダム湖畔と東福間団地を結ぶ道路のすぐ横にあります。小川を渡り、境内に入ります。橋には手すりがないので、通る際は路面左右に十分気をつけながら渡りましょう。入口には民家で使われるコンクリート塀が設置されており、この神社がいかに大切に管理されている...

だみ声のキジ(東公園)~大濠公園

いつの間にか恒例化した「東公園の猫」シリーズをお送りします。空いた時間を利用して公園を歩いていると、何処かで見たような顔の猫が日向ぼっこしていました。何処かで見たような・・・とは書いたものの、見るのは初めてです。はて、なぜそう感じたのでしょうか?猫の前でしゃがみ込むと、だみ声で鳴きながら近づいてきました。キジ模様で顔は丸々としており、そのせいか目と耳は小さく見えます。なるほど!筆者がよく目にする「だ...

【東公園の猫】だみ声の黒猫

ここ最近恒例化している東公園の猫シリーズをお送りします。今日(4月12日)の福岡は曇り空で、公園を歩き回ってもあまり猫に出くわしませんでした。そんな中、公園北東部の道脇でだみ声の黒猫に遭遇しました。▲だみ声の黒猫東公園にいる猫の中でも、筆者が一番遭遇する猫こそ、今回の主人公「だみ声の黒猫」です。顔が丸々としているせいか、耳と目が小さく見えます。尻尾は短く巻いており、後ろ姿が少し可愛らしいです。基本的に人慣...