11月15日 西鉄313形315編成 撮影レポート

非常に天気の良いということで、西鉄貝塚線沿線に足を運んできました。撮影ターゲットはもちろん315編成ですが、非常に天気がいいので、その他の列車も収めていきながら、歩いて移動しましょう。今回歩いた区間はJR香椎駅~香椎花園駅前~和白駅~福工大前駅間です。香椎駅前から東に進んで国道3号線を越え、貝塚線に沿って進み香椎花園前駅に到着しました。近くにある公園から600形を1本収録します。ちなみ毎回のことですが、基本...

滋賀県護国神社(滋賀県彦根市尾末町)

今回は滋賀県彦根市尾末町にある、「滋賀県護国神社」の様子をお送りします。同神社は彦根城の東隣にあり、彦根駅前通りの延長線上に入口があります。▲神社入口鳥居は正面に1基、南側の側面にもう1基、計2基建っています。いずれも木製の靖国系神明鳥居です。ちょうど目の前を、「ムジナもん」「いがまんちゃん」(埼玉県羽生市マスコットキャラクター)のキャラバンカーが通っていきました。▲鳥居から彦根駅前通りを眺めて▲南側の側...

城下町の路地っていいな・・・中央町の2祠(滋賀県彦根市)

滋賀県彦根市中央町の路地を散策中、2つの祠を発見しました。それぞれ近接した場所にあり、一方は「初富稲荷神社」といい、残念ながらもう一方の名称はわかりませんでした。彦根市の中心部に位置していますが、大通り沿いではなく細い路地に入った場所にあります。そのため、地元の方でなければ「うっかり」見落としてしまうかもしれません。▲名称不明の祠鳥居は石造、石灯篭と玉垣も設置されており、祠にしては規模が大きいです。...

【2014年秋】阪九フェリー「フェリーすおう」に乗る(神戸→新門司、3)

阪九フェリー「フェリーすおう」に乗船し、神戸から新門司へと移動します。20時の出航から続いた船旅も長そうで短く、あっというまに新門司到着です。▲甲板から操舵室を眺めて進行方向左手前方に目をやると、第1便として先に新門司に到着したのち、沖止め中の名門大洋フェリー「きたきゅうしゅう」の姿が見えました。飛行機が新北九州空港に着陸します。いよいよ名門大洋フェリー「きたきゅうしゅう」の近くにまでやってきました。...

【2014年秋】阪九フェリー「フェリーすおう」に乗る(神戸→新門司、2)

阪九フェリーの「フェリーすおう」に乗船し、神戸から新門司を目指します。時計を見ると5時を過ぎていたので、夜明け空を見に甲板に出てみました。向かって左手に目をやると、名門大洋フェリー(大阪南港~新門司)「きょうと2」の並走が見えました。新門司までずっと、阪九フェリーの背後をついていくようにして航行します。甲板にはすでに数人おり、絵を描いたりしています。▲甲板から船内吹き抜けを眺めて▲船員・乗客のどちらにと...

【2014年秋】阪九フェリー「フェリーすおう」に乗る(神戸→新門司、1)

神戸から北九州市の新門司まで、阪九フェリーを利用しました。今回乗船したのは「フェリーすおう」で、昨年に神戸から新門司まで阪九フェリーを利用した時も、この船でした。乗船開始時間は19時からですが、少し早めについてしまいました。阪九フェリー新門司~神戸便は平日と休日(金~日曜出発)で乗船・出航時間が異なっており、平日は18時40分に、休日は20時に出航します。乗船時間は各々、出航1時間前です。乗船時間まで時間が...

阪神梅田駅から「六甲ライナー」アイランド北口まで

阪急梅田駅からJR大阪駅の下を通り、もう一つの梅田駅から阪神電車で神戸方面を目指します。六甲ライナーに接続する魚崎駅へと向かいましょう。駅ホームに止まる8000系直通特急に乗り込むと、魚崎駅まで乗り換え不要です。阪神電車はそもそも距離が短いので、乗車を楽しむのも束の間でした。何もしないで改札を出るのはつまらないと思い、直通特急の後に来た「ジェットカー」こと5001形の姿を収めました。▲魚崎駅を出発する5001形5...

阪急6300系「京とれいん」で京都から大阪へ

京都市中心部にある河原町駅から、阪急京都線にゆられ梅田を目指します。「青春18きっぷ」を利用していれば、京都からそのままJR線を利用して大阪を目指すものですが、今回は「18きっぷ」を利用しているわけではないので、私鉄の電車を乗り継ぎながら移動しましょう。個人的に、近畿の大手私鉄で一番好きなのは阪急です。昔から変わらないマルーン色は気品ある阪急電車の象徴といえ、初めて利用した時から虜になっています。河原町...

京都界隈をウロウロ

223系の新快速に揺られ、東海道本線を西へと進みます。大津を過ぎるとトンネルに入り、山科盆地に入ります。山科界隈には撮影地があって、盆地を取り巻く山から列車を俯瞰することができるようです。しかも線路は築堤上にあるので、眺めはきっと素晴らしいと思います。タイトルにある通り、今回の目的地は京都です。京都駅で列車を降りると、ホームを挟んで向かい側には207系の普通西明石行きが停車していました。そういえば・・・...

2014年秋の近江鉄道220形(221・226) 彦根駅

彦根駅のJRホームから近江鉄道側を眺めていると、巷では有名な珍車の220形が2両、「縦列停車」しているのが見えました。70年以上も前に製造された車両の台枠をベースに、西武の廃車発生品を切り貼りして誕生した、見た目は近代的でも足回りは昔ながらの「つりかけ駆動」の単行電車です。2011年頃に動いている姿を見たっきり、毎年彦根を訪れるものの車庫に留置されている姿を見るだけです。西鉄308形を思い起こさせる重厚なつりか...