【施設紹介】JR宇部線 宇部新川駅―「ゲタ電」最後の聖地は今・・・(山口県宇部市)

今回お届けするJR宇部新川駅は宇部市中心部にある、宇部線最大の中間駅です。小野田線の列車は全列車が分岐駅の居能ではなく、ここ宇部新川を始発駅としています。宇部線列車の中にも同駅で折り返す列車があり、構内には電留線も備えられています。また、2000年代前半まではJR九州の415系も乗り入れていました。宇部市内にはこれとは別に、宇部駅という市名を冠した駅があります。ただし市中心部からは非常に離れており、宇部新川...

見捨てられた北方領土 「樺太」の歴史と悲劇を忘れてはならない

8月はとにかく、戦争にまつわる記念日の多い月です。6日と9日は、それぞれ広島と長崎への原爆投下日、そして15日は終戦記念日となっています(但し正式な終戦は9月2日)。私が育った町の小中学校では、15年前まで「出校日」というものがあって、夏休み期間中の特定日に登校するようになっていました。その日はおもに平和学習が行われ、広島・長崎に投下された原子爆弾に関する授業を受けたことを覚えています。宗像市在住の被爆者か...

JR東郷駅北口の風景(16)―ロータリー造成、ようやく開始へ

JR東郷駅北口(宗像大社口)で行われているロータリー改良工事は、間もなく終盤にさしかかろうとしています。足かけ3年半、工事の様子を追い始めてから長い年月が経ちました。ついにここまでたどり着いたのです。東郷駅北口の混雑を知る身としては、とにかく早い完成を願うばかりでした。混雑はラッシュ時を中心に激しさを見せ、自転車の無謀な運転、送迎のため乗り付けるマイカーによる長蛇の列が絡み、衝突事故の危険性を常にはら...

【東公園の猫】「だみ黒」最後の子供たち他

東公園の猫に密着をはじめてから3年が経ちました。2016年に入ってからご無沙汰状態でしたが、今回久しぶりに同公園に立ち寄ってみました。同公園では猫の入れ替わりが頻繁に見られ、3年前にいた猫は8割方姿を消しています。その一方で、今回登場する「だみ黒」のように、3年前から公園に鎮座し続ける猫もいます。▲若いサビ猫公園に入ると、まず最初に若いサビ猫を発見。この猫は、給餌のおじさんでお馴染み公園北東部、以前「タオ...

特急一筋50年!近鉄12200系「スナックカー」を激写 ・上本町駅

近畿地方から東海地方西部にかけて、幅広い路線網を持つ近鉄の看板といえば、何といっても俊足を誇る「近鉄特急」でしょう。上本町のターミナルを出発後、奈良盆地を駆け抜けたかと思いきや、急こう配と長大トンネルで伊賀地方を横断。終盤は伊勢湾岸を駆け抜けて名古屋、もしくは伊勢志摩へと観光客・ビジネス客を運ぶ存在です。近鉄と阪神本線をつなぐ阪神なんば線開業後は、臨時運転ながら特急列車の阪神乗り入れが実現し、特急...

豊國神社(大阪府大阪市) ―秀吉公を祀る城址の社

今回お届けする「豊國神社」は大阪屈指の観光名所・大阪城内にあります。こちらでは、初代大阪城を築いた豊臣秀吉を祭神として祀っています。同神社の起こりは明治初頭。明治天皇は大阪行幸のおり、国家発展に尽力した秀吉のために社を造営して彼を祀るよう命じました。そして1873(明治6)年に京都の地に豊國神社が建立され、その別社として大阪中之島に建立された社こそが、現在の豊國神社の淵源にあたります。その後移転・別社か...

123系だらけ!15年ぶりのJR小野田線乗車記

今回の訪問地・JR小野田線は、小野田駅(山口県小野田市)~居能駅(同宇部市)を結ぶ本線と、雀田~長門本山駅(いずれも小野田市)を結ぶ支線からなる短い路線です。山陽小野田市沿岸部の工業地帯を縫うように通り、駅と駅との間は非常に短いのが特徴といえます。旧型国電が活躍する最後の路線として知られていましたが、現在では荷物車を改造したクモハ123形が行きかうのみです。今回は最後の旧型国電42系電車に乗車した2001年以来、...

【施設紹介】南海本線 浜寺公園駅(大阪府堺市) ―保存が決まったレトロ駅舎

今回お届けする南海浜寺公園駅は大阪府堺市西部、西区にあります。その名の通り、駅のすぐ西側には浜寺公園が広がっています。浜寺公園駅で注目すべき点といえば、なんといってもレトロな木造駅舎でしょう。同駅には明治年間に建造された木造駅舎が現存しており、110年近い間、現役の駅舎として利用されてきました。しかし、南海本線の連続立体交差事業にともない、木造駅舎は本来の用途から外れました。歴史的価値が高いことから...

ピカチュウそっくり「エコハちゃん」も健在!宇部ど真ん中・新天町を行く(山口県宇部市)

今回は山口県宇部市にある、新天町商店街を歩いてみましょう。同商店街はJR宇部線琴芝駅から400メートルほど離れた、いわば宇部市の中心部にあります。宇部市役所・井筒屋・宇部郵便局はここから歩いてすぐです。さすがは山口県下3番目の大都市(2010年現在)、市街地には2つもアーケード街があります。そのうち、宇部新川駅前に広がる「中央銀天街」はシャッター街状態となり、だいぶ寂しい雰囲気を放っていますが、新天町はどうに...