お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

11月25日から27日にかけて、JR西日本のジョイフルトレイン「サロンカーなにわ」を使用した団体列車「サロンカーあかつき」が、大阪~長崎駅間で運転されています。その名の通り、かつて運転されていた寝台特急「あかつき」と同じ区間・時間帯で運転されたもので、多くの鉄道ファンの注目を集めながらの運転となりました。

同列車が宗像を早朝5時台に通過すると聞き、「客車が通過するならぜひ」とばかりに早起きして、少し撮影に行ってみました。今回は「サロンカーあかつき」の撮影記録を中心にお届けします。

20161126051131(1).jpg
まだ人家に灯もない早朝、真っ暗闇のJR鹿児島本線沿いにやって来ました。11月の4時50分というのは日の出からほど遠い時間帯で、まだ太陽の光は全く見えません。空には満天の星と月が出ています。当日は雲一つない良好な天気で、これが日の出頃だったらさぞかし美しかったことでしょう。

20161126051347(5).jpg
到着後、5分ほどして警報機が鳴りました。間もなくお目当ての列車がやって来ます。ところで、今回撮影地に選んだ場所についてですが、以前「はやぶさ」(2009年3月)と「ドリームにちりん」(2011年3月11日)の最終列車を見送った場所です。真っ暗闇で光源に乏しい場所ですが、個人的には決して嫌いな場所ではありません。

20161126051347(4).jpg
やがてDE10の轟音が鳴り響いてきます。合理化の流れを受けてか、JR九州も今や電機を持たない時代。数年前ならED76-66やらEF81-410やらを動員したところでしょうが、今ではそうもいきません。

20161126051347(3).jpg
午前5時9分、「サロンカーあかつき」が目の前を通過。良し良し・・・
しかしながら、やっぱりDE10は赤鬼色に限ります。



ところで、末期の「あかつき」にはレガートシートなる指定座席車が連結されていましたね。強引な改造で生じたオハ14の"のっぺり"とした表情は、あまりにもインパクトが強くて鮮明に覚えています。幼少期の私にとって、あの姿はまさに食パンそのものでした。

「サロンカーなにわ」編成はレガートシート車と同じ、14系座席車を種車としています。つまり今回運転された列車は、さしずめ全車レガートシートといったところでしょうか。

20161126051347(2).jpg
「サロンカーなにわ」の最後尾が通過したところで、今回の撮影は終了です。まさかこの時間帯に再び、この場所に来ようとは思ってもいませんでした。

通過していった列車は鹿児島本線を南下し、鳥栖から長崎本線に入って一路長崎を目指します。これから先、沿線では多くのレイルファンが待ち構えているに違いありません。旅路は続きます。

撮影日:2016年11月26日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

該当の記事は見つかりませんでした。