中山塚古墳群・伝孝元天皇陵(奈良県橿原市)

歴代天皇125代の中でも、とりわけ2代目綏靖天皇から開化天皇までの8代に関しては、記紀いずれにおいても事績に関する記載がなく、「欠史八代」と称されています。初代神武天皇から開化天皇までの9代は、伝説上の天皇とみても間違いないです。そんな「欠史八代」の一人、孝元天皇(8代目)の陵墓に比定されている古墳が、奈良県橿原市石川町にあるというので訪れました。古墳名は中山塚1号墳といい、近接する円墳とともに中山塚古墳群...

夕暮れの「忍びの里」名張をめぐる(三重県名張市)

三重県西部の名張市へとやってきました。私事ですが、名張入りする前に旧東青山駅跡地を見に行ってきました。山歩きしてヘトヘトになったこともあり、たまった疲れをどうにかする必要がありました。幸いなことに、名張駅のすぐ近くに温泉施設を見つけました。ここでひとっ風呂浴びようと思い、名張に立ち寄ったのです。名張に入ってからまず、駅から歩いて5分の場所にある「名張の湯」で汗を流しました。入浴料は750円、料金は後払...

見瀬丸山古墳(奈良県橿原市)―日本一の石室を持つ巨大古墳

今回、日本最大の石室を有するという古墳を求めて、奈良県橿原市へとやってきました。その古墳は近鉄岡寺駅のちょうど北東側に聳えています。形状は巨大な前方後円墳で、丸山古墳と称されています。また、近隣の地名から「見瀬丸山古墳」と呼ばれることもあります。▲国道169号から見瀬丸山古墳を眺めて今回は北側(橿原神宮前駅方面)から古墳に入りました。国道169号線沿いを進むと、左手に巨大な丘陵が見えてきます。この丘こそが...

夜バス旅の前に大阪で腹ごしらえ!大阪駅では寒波の猛威を実感しつつ・・・

2018年2月、私は大阪に来ていました。およそ1日間の滞在を終え、これから夜行バスで福岡に戻る予定ですが、バスが来るまで2時間もあります。しかも夕食はまだです。腹が減ってきました。これから余った時間を利用して、大阪市内で腹ごしらえと行きたいところです。目次1 鶴橋から大阪駅・梅田界隈へ2 寒波恐るべし!北陸特急が全部止まってると!?3 ガッツリすた丼、白米大盛りで!4 大阪滞在は難波の夜景でシメ鶴橋から大阪...

【施設紹介】近鉄橿原/南大阪/吉野線 橿原神宮前駅(奈良県橿原市) ―2つの線路が「重なる」駅

今回やってきた近鉄橿原神宮前駅は、近鉄橿原線・南大阪線・吉野線の計3路線が合流する、いわばジャンクション駅です。同じ橿原市にある大和八木駅とともに、交通の要所として重要な役割を担っています。また、橿原線は標準軌(1435ミリ)、南大阪・吉野線はJR在来線と同じ狭軌(1067ミリ)であり、二つの異なる幅の線路を同時に見られる場所でもあります。橿原神宮前駅はその名の通り、橿原神宮(伝神武天皇即位地)の目の前にあります...

豊後森扇形機関庫・9600形29612号機(大分県玖珠町)

ながらく廃墟として寒々しい姿をさらしていた豊後森扇形機関庫ですが、近年になって史跡公園として整備を受けました。同時に志免町で保存されていた機関車が搬入され、機関庫前の広場で展示保存されています。機関庫自体は倉庫のようになっていましたが、整備にともない、中に置かれていたものが片付けられました。機関庫の状態は以前と変わらず、といったところです。機関庫前には9600形の29612号機が鎮座しています。この機関車...

近鉄室生口大野駅発!旧室生村の中心部をめぐる (奈良県宇陀市)

奈良県東部に位置する宇陀市は、2006年に榛原町、大宇陀町、菟田野町、室生村の合併により誕生しました。今回はその中でも唯一の「村」だった室生村の中心部をめぐっていきます。近鉄大阪線の室生口大野駅にやってきました。駅の規模こそ大きくありませんが、旧室生村の玄関口にして、かつての村役場の最寄り駅にあたります。駅前には宇陀市の広域地図が掲示されています。よく見てみると、合併でずいぶんと大きな町になったことが...

たとえ薄くても命とりに・・・宗像を襲った大寒波、ついに積雪して市内パニック!

2月8日、宗像を大寒波が襲いました。未明に降った雪は積もり、池という池の表面は氷結しました。雪の量は少ないですが、それでも市民生活に与えたダメージは大きいものでした。宗像市は海岸沿いということもあり、福岡県内でも比較的雪が降らない地域です。そんな場所を雪が急襲したわけですから、市内の道路交通は一時パニック状態になりました。たしかに積雪量は少なく、地面をほんのうっすらと雪が覆っている程度です。赤間駅前...

靇(うがみ)神社 (福津市福間南)

いやはや、ものすごい難読名ですね・・・"雨"と"龍"を合わせて「うがみ」と読ませる超難読名の神社「靇神社」が、宗像のお隣福津市にあります。JR福間駅からおよその方角にして南西部、近年田んぼから住宅地に生まれ変わった日蒔野地区のすぐ向かい側に鎮座しています。漢字があまりにも難しすぎるので、ブラウザによってはうまく表示されないこともあるでしょう。ということで、今回「靇」という文字は極力用いないことにして、「...

湯煙に覆われた集落「岳の湯」を行く (熊本県小国町)

熊本県の北端に位置する小国町には、至る所に温泉があります。その中でも、とくに黒川温泉と杖立温泉がよく知られています。今回訪れたのは黒川でも杖立でもありません。「岳の湯」という名前の温泉地です。こちらは「温泉蒸気に覆われた集落」として、ツウの間では有名なんだそうですね。私も以前から訪れたいと思っていました。小国町中心部から車で進むこと10分、峠道を上り詰めた先に目的地はあります。一応観光地として整備さ...