【乗船記】「ニューかめりあ」で体験!夜明けの博多湾をゆく

博多と韓国釜山を結ぶフェリー「ニューかめりあ」は、昼間に博多を出発して夜に釜山へ着き、深夜に釜山を出発して早朝に博多へと戻ってきます。九越フェリーなき今、博多に朝到着する夜行フェリーは、カメリアラインの「ニューかめりあ」のみとなっています。今回は博多港到着前の「ニューかめりあ」甲板から、博多湾の風景をいくつか写真に収めましたのでお届けします。その前に、今回の乗船記を少しだけ挟んでから、本編に入りた...

【撮影記録】2018年5月・夕暮れ時のKORAIL釜山駅へ

釜山からフェリー「ニューかめりあ」で福岡に帰る場合、18時半までにチェックインを済ませておかねばなりません。チェックイン締め切りは18時半ですが、次の出国審査は19時20分に始まり、それまで約1時間も暇な時間ができます。今回は釜山からニューかめりあで帰国するため、チェックイン締め切り前の18時20分に釜山港旅客ターミナルへとやってきました。それからチェックインを済ませると、あとは1時間後の出国審査を待つばかりで...

これで600円分!南浦洞の屋台でガッツリ夕食(釜山広域市)

韓国釜山の屋台街で知られる南浦洞にやってきました。毎回釜山に来ると、帰国前にここで小腹を満たすのが定番になっています。今回もここで腹を満たそうと思ってきたのです。これまで本格的な夕食は、福岡に戻るフェリーの船内で食べるのが通例でした。しかし、今回は屋台でちゃちゃっと夕食を済ませるつもりでいます。夕食を済ませた後で、釜山港に向かい帰国の途に就きます。夕方5時ごろに南浦洞にやってきました。これからおよ...

東亜大学富民キャンパスのアメリカ製釜山市電 (釜山広域市西区)

今回は韓国・釜山広域市西区に保存されている釜山市電をたずねて、東亜大学富民キャンパスにやってきました。地下鉄1号線土城駅から歩いて3分という、比較的利便性の良い場所にあります。地下鉄出口から道を進むと、古びた路面電車が見えてきました。キャンパスの奥に保存されているわけではないので、これなら簡単に見つけられますね。電車の横には何やらレリーフが置かれていますね。何でしょうか・・・チョット気になったので近づい...

【撮影記録】午後のKORAIL釜田駅で撮り鉄 長距離列車の入換シーンも・・・

昼下がりのKORAIL釜田駅にやってきました。ちょっと時間があるので、これから構内をめぐろうと思います。果たして、電車はどれぐらい止まっているでしょうか?釜田駅のコンコースからは、広々とした駅構内を一望することができます。実は今回、2016年末に開業した東海線の広域電鉄を利用して釜田入りしました。上の写真は東海電鉄線で使用されている、乗車券がわりのトークンを写したものです。改札口の通り方は台北メトロと似通っ...

【施設紹介】東海線 東莱駅(釜山広域市東莱区)

今回は韓国・釜山広域市東莱区にある、KORAIL東莱(とうらい)駅をめぐっていきます。所属路線は東海線(旧東海南部線)、駅番号はK114。同駅は広域電鉄開業前から存在する駅の一つで、日本統治時代の昭和9年に開業しました。広域電鉄の開業に伴い、駅の改築・立体交差化が行われた結果、立派な高架駅に生まれ変わっています。ホームはすべて高床式のため、広域電鉄の電車以外は停車しません。また、優等列車を退避できるよう、待避線を...

【施設紹介】KORAIL東海線 教大駅(釜山広域市蓮堤区)

今回は韓国・釜山広域市蓮堤区にあるKORAIL教大駅をめぐっていきます。所属路線は東海線(旧東海南部線)、駅番号はK113。同駅は東海線の電化・広域電鉄化にともない、2016年末に開業しました。駅名が示すように、駅近隣には釜山教育大があります。また、釜山交通公社1号線(地下鉄)との交点に設置されたことから、地下鉄との乗換駅にもなっています。東海線が電化された際、既存の駅を含め、多くの駅が高架駅になりました。これらの...

釜山の湯治場・東莱温泉をめぐる(釜山広域市東莱区)

今回は韓国南部、釜山広域市にある湯治場「東莱(とうらい)温泉」をめぐっていきます。地下鉄1号線の温泉場駅が最寄り駅になっています。電車を降りて少し歩けば、温泉施設が立ち並ぶ温泉街に行くことができますよ。温泉場駅を出てペデストリアンデッキを進むと、やがてショッピングモールの中に入っていきます。おや、この風景はどこかで見たことがあるような・・・何かに似ているショッピングモールを出てしばらく進むと、見えてきま...

「元祖ナクチポックン ハルメチッ」のナクセポックン (釜山広域市釜山鎮区)

今回お届けする「元祖ナクチポックン ハルメチッ」は韓国南部、釜山広域市釜山鎮区にある食堂です。タコを使った釜山グルメのナクチポックンを扱うことで知られ、日本人のリピーターも多いと聞いています。地下鉄凡一駅を出て、商店街に入るとすぐに見えてきました。看板はハングルだけですが、店の外にナクチポックンの写真が掲示されているので、見つからず迷うことは少ないと思います。店内に入り、左手のレジで来店人数を伝え...

1年半でこんなに変わっていた・・・開発中の釜山港国際旅客ターミナルをめぐる

博多港から高速船に揺られること3時間、韓国第2の都市・釜山にやってきました。今回こちらに来るのは2016年末以来、およそ1年半ぶりです。ターミナルを出ると、そこかしこで建物や道路の建設が行われています。工事現場の壁に興味深いイラストが描かれていたので、ここでご紹介します。上の写真がまさにそのイラストですが、なんと国際旅客ターミナルから釜山駅まで、巨大ペデストリアンデッキが描かれているではありませんか。KORA...