ブログヘッダー画像

(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【博多祇園山笠2018】十一番山笠「新天町」飾り山&子供山笠

今回は博多祇園山笠の十一番山笠こと、「新天町」飾り山の姿をお届けします。表標題は「武士心薫立花城(もののふのこころはかおるたちばなじょう)」、見送り標題は「サザエさん」。こちらの飾り山は天神地区にある新天町商店街のアーケード内に展示されています。表標題は柳河藩主・立花宗茂の武勲をモチーフにしています。宗茂は改易後、旧領に復帰した唯一の大名として有名な存在です。領地を失っても腐ることなく、なんと20年...

唐津街道のレトロ建築に触れよう!宗像市原町をぶらり散策

近年の宗像市では歴史的景観を考慮した街づくりが行われています。とくに南郷村の中心地だった原町はその代表例で、唐津街道が栄えていた頃の古い住宅が保存・活用されています。今回はそんな原町をめぐろうというのです。原町は南北に伸びる街村で、宿場町に類似しています。今回は南から北に向かって進みながら、原町の見どころを探してみましょう。目次1 お大師様2 経石様・幸福稲荷大明神3 眞武酒造跡4 眞武酒造新宅5 恵...

【博多祇園山笠2018】十番山笠「ソラリア」飾り山

今回は博多祇園山笠の十番山笠こと、「ソラリア」飾り山の姿をお届けします。表標題は「巴御前(ともえごぜん)」、見送り標題は「尾張名古屋保城(おわりなごやはしろでもつ)」。ソラリアの飾り山は毎年、ソラリアプラザ屋内の吹き抜けで展示されています。陽光の影響を受けないため、比較的写真にとりやすいのではないかと思います。表標題は源平合戦で活躍した女武者・巴御前の武勲をモチーフにしています。木曽義仲にしたがい...

【福岡県宗像市】夏の大穂川上流域をぶらり散策【難読地名おおぶ】

今回は宗像市南西部にある、大穂地区をめぐっていきます。こちらは大穂と書いて「おおぶ」と読む難読地名です。宗像では数少ない谷間の集落で、地区の大半を山林が占めています。なんと平地が殆どありません。そもそも宗像の山は標高が低く、山間部の集落自体が稀少な存在です。街道筋の大穂町から西に数百メートル、大穂地区の入口にやってきました。前者が大穂町なら、後者はさしずめ大穂村ですね。入って早々、昔ながらの商店を...

【博多祇園山笠2018】十四番山笠「渡辺通一丁目」飾り山

今回は博多祇園山笠の十四番山笠こと、「渡辺通一丁目」飾り山の姿をお届けします。表標題は「八俣遠呂智(やまたのおろち)」、見送り標題は「愛と勇気のアンパンマン(あいとゆうきのあんぱんまん)」。この飾り山は毎年、地下鉄七隈線の渡辺通駅の真上にあるサンセルコ広場で展示されています。表標題のモチーフはスサノオの八岐大蛇退治ですね。日本神話を代表するエピソードの一つで、スサノオの勇ましさに花を添える物語です...

【博多祇園山笠2018】十三番山笠「天神一丁目」飾り山

今回は博多祇園山笠の十三番山笠こと、「天神一丁目」飾り山の姿をお届けします。表標題は「黒田関ヶ原之陣(くろだせきがはらのじん)」、見送り標題は「命運耳川の合戦(めいうんみみかわのかっせん)」。こちらには毎年、記念撮影用の顔出しパネルが設置されています。大人用と子供用があり、親子そろっての撮影も可能です。飾り山をバックに記念撮影はいかがでしょうか?表標題は福岡藩初代藩主・黒田長政の武勲をモチーフにして...

【博多祇園山笠2018】七番山笠「中洲流」飾り山

今回は博多祇園山笠の七番山笠こと、「中洲流」飾り山の姿をお届けします。表標題は「長政関ヶ原武勲(ながまさせきがはらのぶくん)」、見送り標題は「壮烈岩屋城之戦(そうれついわやじょうのたたかい)」。表標題は福岡藩初代藩主・黒田長政の武勲をモチーフにしています。長政は東軍の一員として関ケ原の戦いに参加し、小早川秀秋らの寝返りにも深くかかわりました。一方、見送り表題は岩屋城の戦いをモチーフにしています。九...

2018年7月中旬のJR折尾駅・建設状況

立体交差化が進められている、JR折尾駅にやってきました。さて、工事は一体どこまで進んでいるのでしょうか。前回訪れたときはたしか、若松線側の高架橋が断片的に完成していましたね。https://wra5.blog.fc2.com/blog-entry-2285.htmlあれから3か月たった今、若松線の高架橋やホームがどうなっているのか気になります。ということで、さっそく見に行ってみましたよ。若松線ホームは、ずいぶん形が出来上がっていました。前回確認...

【博多祇園山笠2018】十二番山笠「博多リバレイン」飾り山

今回は博多祇園山笠の十二番山笠こと、「博多リバレイン」飾り山の姿をお届けします。表標題は「蒙古襲来博多湾(もうこしゅうらいはかたわん)」、見送り標題は「神話稲羽之白兎(しんわいなばのしろうさぎ)」。表標題は日本史の教科書に必ずと言ってよいほど登場する、元寇(蒙古襲来)をモチーフにしています。クビライ・カンの命により、大元ウルス(モンゴル)が属国高麗を従え、九州北部を襲来した出来事です。肥後国の武士・竹...

篠栗町商工会のゆるキャラ「くりみん」登場!篠栗祇園夏まつり2018

今回は福岡県篠栗町にやってきています。毎年7月に行われている恒例行事「篠栗祇園夏まつり」を見ようと思ってきたのです。このイベントには毎年、篠栗町商工会のマスコット(所謂ゆるキャラ(R)とも)「くりみん」が登場するようで、以前から気になっていました。この「くりみん」は年々稼働率が減っているらしく、今や遭遇機会は限られています。私自身、最後に「くりみん」を見たのは5年前のことです。篠栗祇園夏まつりには毎年...