お知らせ

12月5日:レスポンシブ対応のため、テンプレート変更・再リニューアルを実施しました。数日間レイアウトが崩れた状態になり、ご不便をおかけしました。
12月1日:ページリニューアルを実施しました。
8月30日:活動10周年を迎えました。これからも当ブログ&チャンネルをよろしくお願いいたします。
3月24日:ネタの大量蓄積を防ぐため、しばらく朝6時の投稿を行うことがあります。
2月23日:記事の公開時刻を変更しました。6:00⇒19:00
 

フアランポーン駅に戻り、寝台列車を使ってのチェンマイ往復は完結しました。定刻より1時間遅れの6時半ごろ、フアランポーンの黒光りするホームに降り立つと、青々とした空が出迎えてくれました。

朝6時ということで、バンコク市内は完全に目覚めていません。とりあえずトイレに行きたいので、駅の様子を少し撮ってから、構内にある有料トイレを目指すことに。

朝のフアランポーン駅

DSCN9264.jpg
フアランポーン駅には到着したばかりの夜行列車のほか、これから各地に向かう長距離列車も停車しています。どれも客車列車ばかりで、客車好きにはたまらない光景が広がっていました。



DSCN9265.jpg
数年内に見納めとなるフアランポーン駅をしっかり収めようと、客車とドーム屋根を一緒に撮ってみました。被写体となった客車は2・3等合造車のBST1000形(BST1014)でした。2等室区画がナロ10にソックリですね。

DSCN9267.jpg
車止め付近で並ぶDLの姿も忘れず、しっかりと収めておきます。

DSCN9268.jpg
9番乗り場には、到着したばかりの中国製客車が止まっています。おそらくノンカイ発の特急26列車でしょう。ホーム横の電光掲示板には、13時に出発するスンガイコロク行きの快速171列車が表示されていました(写真上)。

171列車はタイ国鉄屈指の長距離を走る列車の一つで、13時にフアランポーンを出発後、南線をひたすら南下して、深南部スンガイコロクには翌朝の11時前に到着します。スンガイコロクから国境を越えてマレーシアに抜け、タクシーでトゥンパ駅に向かうと、そのまま東海岸線でマレー半島を南下することができます。

スンガイコロクからトゥンパに抜けるルートは、個人的に昔から気になっていますが、いかんせんタクシーを使うので、面倒くさがりの私にはちょっと抵抗があります。14系マラヤンタイガーもすでに走っていませんし、ランタウパンジャンの国境はいつ通ることになるやら。

DSCN9269.jpg
とりあえずお腹をスッキリにしようと、駅構内の有料トイレに向かいます。利用に際してトイレには3バーツ、シャワー室には10バーツかかります。トイレは思った以上に奇麗でしたが、なんとペーパーがありません。

このようなことがあろうかと、私はウェットティッシュを持参しています。使用済みのティッシュはゴミ箱にポイして、何の問題もなくトイレから出ました。

ウェットティッシュはとにかく役に立ちます。食器類の除菌はもちろんのこと、雑巾やトイレットペーパー代わりにもなります。タイを訪れる際には必ず持参するようにしましょう。

猫の多いルンピニー公園

DSCN9270.jpg
フアランポーンから朝食を求め、ルンピニー公園にやってきました。7時半の公園には多くのランナーが集い、各々汗を流しています。公園内には簡単な運動器具もあって、太極拳やトレーニングに精を出す高齢者の姿も多く目にします。

DSCN9271.jpg
人だけではありません。猫も活発に動いて回ります。一人遊びする猫がいる一方で・・・

DSCN9273.jpg
・・・ときおり寝っ転がって甘える猫もいます。

DSCN9275.jpg
小さめの猫がいたのでしゃがんでみると、すぐに近寄ってきました。人慣れした猫はすぐ寄ってくるので、なかなか撮るのが難しいです。

DSCN9274.jpg
猫撮りもほどほどにして、これから朝食にしましょう。ルンピニー公園にはフードコートや屋台が沢山あって、運動がてら朝食をとるという方も多くいます。

公園でいただくカオナーペット

DSCN9276.jpg
フードコートに入り、鴨肉を扱う店でカオナーペット(ロースト鴨肉ご飯)を注文しました。40バーツなり。

パラソル下の席について待つと、すぐに出てきました。鴨肉ご飯の横には、付け合わせのキュウリと生姜の漬物が並んでいます。カオナーペットの付け合わせは、この二つが定番なんでしょうかね。辛いタレを満遍なくかけて、それではいただきます!

いつもカオマンガイばかり称賛していますが、カオナーペットも美味いです。ちょっと油っけがあって、それが食欲をそそるんですよね。鴨鍋にしてもそうですが、鴨肉の油は本当に美味しい。

カオナーペットに舌鼓を打っていると、お店のマスターが氷水を持ってきてくれました。まだ朝早いとはいえ、気温は高く蒸し暑さを感じます。このようなときに、キンキンに冷えた氷水は本当にうれしい存在です。コップンカッ!

ちなみにですが、タイ滞在の3日間、食堂等で氷水を数回飲んでいます。その中には製氷(筒状)ではない氷もいくつかありましたが、お腹を下すことなく旅を終えました。今回は何事もなく済みましたが、一応水と氷には気をつけましょう。




食後、朝8時の「国歌演奏」を見届けたのち、若い兵士が屯する一角を抜けて、これにてルンピニー公園の散策は終了です。これからBTSに乗り換えて、次なる目的地に向かいます。

BTSでウォンウィアンヤイへ

DSCN9277.jpg
BTSの電車を乗り継ぎ、シーロム線のウォンウィアンヤイ駅で列車を降りました。

タイの鉄道に詳しい方なら、「ウォンウィアンヤイ」という名前を聞いてすぐに思い浮かべるものがあると思います。そう、これからタイ国鉄の孤立路線、メークロン線に乗ろうというのです。

タイ滞在時間は残り14時間。これからどれだけ列車に乗って、タイ飯を胃袋に収めきれるでしょうか。旅はまだまだ続きます。

撮影日:2019年6月20日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

該当の記事は見つかりませんでした。