【旅行記】2019年9月 10回目の台湾(2)―集集線乗りつぶしに成功

目覚めて驚きました。なにせ、充電していたと思っていたタブレットが、電池残量28パーセントだったのですから!しっかりコンセントに差し込んでいたにもかかわらず、全く充電されていません。どうやら、差し込んでいたコンセントからの給電が、途中で止められていたようです。おまけに昨晩まで飛び回っていたフリーWi-Fiも、いつの間にか止まっています。困ったなあ・・・。朝の盧山温泉もまた美し翌朝の朝食は、7時に始まると聞いて...

【旅行記】2019年9月 10回目の台湾(1)―南投県の秘境「盧山温泉」に潜り込む

2012年に初めて台湾の土を踏んでから、はや7年が経ちました。これまで鉄道旅が中心となり、そのために、内陸部は未踏の状態が続きました。ついに10回目の台湾となる今回は、これまで踏み入れてこなかった内陸部に焦点を当て、山地原住民(高砂族)の文化や歴史に触れたいと思います。今回は3日間と短い行程ですが、目標をいくつか掲げています。短時間で極力全部達成できるよう、努力しながら台湾をめぐりたいと思います。福岡から...

【施設紹介】JR中央本線 岡谷駅(長野県岡谷市) おまけ:岡谷太鼓まつりに行ってみた

本州中央部を東西に走るJR中央本線は元々、長野県塩尻と岡谷の間において、大きく南に湾曲するルートをとっていました。これが俗にいう「大八廻り」で、故郷の伊那谷に中央線を通すべく奔走した、ときの衆議員・伊藤大八に由来する名称です。中央本線の複線・高速化に伴い、大八廻りは本線としての役目を終え、塩嶺トンネル経由の新線(塩尻~岡谷)が開業しました。1983年のことです。以後、旧線と化した大八廻りは辰野を境に、西...

【施設紹介】JR飯田線 駒ケ根駅(長野県駒ヶ根市)

今回は飯田線北部の要所、駒ケ根駅をめぐります。駒ヶ根市の代表駅らしく、立派な造りになっていて、駅舎・構内共に広々としていました。ちょうど駒ケ根駅前では、駅前広場のリニューアル工事が行われていました。どうやら工事自体は終盤らしく、歩道・舗装はほぼ完成状態でした。駅舎玄関口には、駒ヶ根市の木であるアカマツを使ったひさしが設置される予定で、足場が組まれていました。市役所によると、工事は2019年度中の完成を...

【施設紹介】JR飯田線 下山村駅(長野県飯田市)

「下山ダッシュ」はご存知ですか?レイルファンであってもなくても、JR飯田線といえばコレ!という方が多いのではないでしょうか。知らない方のために説明すると、これはエクストリームスポーツの一種です。思いっきりアンサイクロペディアの頻出単語を書きましたが、そういうことです。飯田線の飯田市内区間は、高度差を乗り切るために大きなΩカーブを描いています。下山村~伊那上郷駅間の直線距離は、路線自体の駅間距離より短...

【旅ラン】飯田市内を観光ランニング!(飯田駅前~動物園~下山村駅)

見知らぬ土地でのランニングって、結構楽しいんですよ。次から次へと目に入る風景は新鮮で、思わず立ち止まりたくなることも多々あります。今回は長野県南部の飯田市を舞台に、市中心部を走ってみました。飯田駅をスタートして、下山村駅を目指してランニング開始です。とりあえず、まずは駅前通りを進んでいくことに。駅前には商店のほか、土産物店や居酒屋も立ち並んでいます。地方の中小都市らしい光景が広がっていました。人通...

D51-402号機 消防団第一分団前(長野県飯田市)

長野県南部、飯田市内に保存されているSL「D51-402号機」の現在についてお届けします。同機は消防団第一分団前に保存されており、すぐ近くには飯田市立動物園があります。場所自体は飯田市の中心部といえ、一帯の人通り・交通量は多い方だと思いました。▲D51-402公式側雨ざらしになっているせいか、状態は良くありません。遠くから見ても、荒廃していることが分かる程です。すぐ横には説明板も置かれています。どうやら保存開始時...

はじめてのJR飯田線乗りつぶし旅(飯田~辰野編)

豊橋から始まった飯田線の旅は、ついに後半に差し掛かりました。飯田市内で用を済ませたのち、飯田駅から再び、辰野を目指して北上していきます。飯田駅から乗車したのは、2扉の213系5000番台。民営化直後に製造された古い車両ですが、上品な乗り心地が嬉しい存在です。天竜峡方面から来た列車でしたが、乗車率はそれほど高くなく、余裕をもって空席を確保できました。▲市田駅に到着列車はしばらくの間、天竜川から一段高い場所を...

南投県の最果てに潜り込む旅~事始めの巻~

皆さんいかがお過ごしでしょうか、月一の旅行に人生の活力を得ているwraです。8月はお盆休みを利用して、青春18きっぷの旅をしました。飯田線の初乗車を済ませたり、関東地方ならではのグルメを満喫したりと、大成功の裡に5日間の行程を終えました。さて、「事始めの巻」という副題からもお分かりの通り、今回は9月の旅について考えてみようと思います。すでに行先は台湾に決めています。今考えている行程は以下の通りです。1日目1...

はじめてのJR飯田線乗りつぶし旅(豊橋~飯田編)

総延長200キロ弱という長さを誇る、JR飯田線。今回はそんな同線を豊橋から辰野まで、北に移動してみました。これまで飯田線を利用したことはなく、はじめての乗車となります。飯田線の旅は起点、豊橋駅から始まります。余裕をもって乗り潰そうと、6時ちょうど発の天竜峡行きに乗る予定です。出発20分前の早朝5時40分、豊橋駅ホームに降り立ちました。東海道線のホームには、JR黎明期に登場した311系が並んでいます。同性代の車両と...