お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

人生初の常磐線は、新松戸駅からはじまりました。

なぜ上野駅じゃないかと言いますと、南浦和から武蔵野線経由でのアプローチを試みたからです。ここから常磐線を下って、竜ケ崎市への改称が予定されている佐貫を目指します。

DSCN9980.jpg
まずはE231系の慣行電車に乗って、我孫子に向かいます。早朝ということもあって、乗客はまだ増えていません。

DSCN9981.jpg
我孫子駅で緩行線を降りて、E531系の中距離電車に乗り換えます。

DSCN9982.jpg
乗り換えの前に、E231系の増結作業を見ておきましょう。ちょうど朝ラッシュの開始時間ということもあり、基本編成と付属編成の併結作業が繰り返されていました。

DSCN9983.jpg
我孫子からはE531系に乗り込み、線形の良い常磐線を下っていきます。取手を過ぎるとデッドセクションを通り、ついに交流50Hz区間に突入。車窓風景に目をやると、徐々に田畑が目立ってきたではありませんか。

DSCN9986.jpg
我孫子を出てから15分後、目的地の佐貫に到着しました。本音を言うと土浦、水戸をさらに抜けて、いわき、さらには富岡まで行きたいところですが、いかんせん時間がない!!

そういえば、2020年春に原発事故で不通が続いていた、富岡~浪江間が復旧されますね。事故直後には「二度と復旧しない」「常磐線が放射能を持ち込む」などと、心無い言葉が飛び交っていましたが、それにも負けず、よくぞ全線再開の決定までこぎつけたなと思います。

撮影日:2019年8月16日




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

該当の記事は見つかりませんでした。