旧能高社=台湾地理中心碑(南投県埔里鎮)―台湾のおへそにある神社跡

南投県埔里鎮は台湾中央部にあることから、「台湾のおへそ」と呼ばれることがあります。そんな埔里には日本統治時代、能高郡の役所が置かれていました。現在でも南投県東部の要所ですが、昔から一帯の中心地として栄えてきたのです。今回めぐる能高社は、能高郡の鎮守にあたる存在でした。埔里市街地東部の虎頭山に建立され、昭和10年代まで社殿が鎮座していました。やがて、新しい社殿が造成されたことで、山麓に遷座。名称も能高...

霧社事件抗日記念碑(南投県仁愛郷)―中国国民党の「反日利用」に思う

台湾の日本統治史を語る中で、欠かせないのが「霧社事件」です。1930(昭和5)年に勃発したこの事件は、日本領台以後、最大にして最後の原住民暴動として知られています。事件の背景を語ると長くなるため、簡単に述べると、「内地人(日本人)による長年の蔑視・抑圧の結果、原住民セデック族の不満が頂点に達した」ことに起因するといえましょう。台湾総督府鉄道部が発行した『日月潭と霧社』(1937年)に顛末が分かりやすく書い...

旧霧ヶ丘社=徳龍宮(南投県仁愛郷)―霧社事件の舞台に残る神社跡

1930年秋、台湾中央部の能高郡蕃地を中心に、原住民セデック族による暴動が発生しました。これが日本統治時代最大にして最後の原住民蜂起といわれる「霧社事件」です。内地人による長年の蔑視・抑圧の結果、このような惨劇が生じたといえますが、同時に内地人にも多数の犠牲者が発生しており、事件終結のため原住民・内地人ともに多くの犠牲を払いました。今回はそんな霧社にある神社跡「霧ヶ丘社」について見ていきます。同神社は...

【台湾バス旅】南投客運6661路線に乗る(盧山温泉~霧社)

2019年9月、南投県埔里鎮と仁愛郷盧山温泉を結ぶ、南投客運6661路線(系統)に乗車しました。盧山温泉からバスに乗車して、路線を逆なぞりして霧社に向かいます。同路線は険しい山岳地帯を走るため、雄大な景色を見ることができるそうです。果たして、どんな光景が待ち受けているでしょうか?定刻通り、埔里行きのバスは盧山温泉バス停に到着しました。狭いスペースで転回するため、客扱いの前に数回切り返して、方向を変えてから...

台湾のおへそにある温泉郷「盧山温泉」をめぐる(南投県仁愛郷)

台湾には至る所に温泉地があります。台北郊外にある北投温泉は交通の便がよく、一番なじみ深い温泉地として知られています。その一方で、あまりにも山奥もしくは不便の地にあるため、秘境感を醸し出している温泉地もいくつかあります。今回は台湾中央部の南投県仁愛郷にある、盧山温泉をめぐります。同地は大水害で壊滅的な被害を受け、旅館の大半が営業をとりやめました。政府は埔里郊外の福興農場に温泉街を開発したうえで、盧山...

廬山温泉の大衆食堂「富士風味餐庁」の蛋炒飯&麻婆豆腐

台湾の温泉地に行くと、よく目にするのが大皿料理を扱う食堂です。大人数での来店が前提になっているようで、一品当たりの量は多く、値段もそこそこ高めではないでしょうか。今回は台湾中央部の盧山温泉にある、「富士風味餐庁」で夕食をいただきます。こちらもご多分にもれず、大皿料理を扱う大衆食堂とあたります。さすがに一人で、大皿料理をいくつも注文するわけにはいきません。さて、なにを食べようかな。この「富士風味餐庁...

【台湾ホテルガイド】夏都大飯店=グリーンシティホテル(南投県仁愛郷)

台湾中央部、南投県仁愛郷の盧山温泉にある「夏都大飯店」に宿泊しました。今回は同ホテルがどうなっているのか、写真と文章を交えながらご紹介します。宿泊時期は2019年9月。夏都大飯店は温泉街の中心部にあって、盧山温泉名物の吊橋は、ここから歩いて30秒の距離にあります。すぐ目の前には食堂もいくつかあるため、夕食には困りません。もし食堂で食べないという場合でも、商店でカップ麺を買えば、館内の給湯器を使って食べる...

【2019年9月版】タイガーエア台湾IT241便に乗る(福岡~桃園)

2019年9月、台湾系のLCC「タイガーエア台湾」(以下、タイガーエア)を利用して、福岡空港から台湾に向かいました。このタイガーエアを利用するのは3度目で、2017年4月以来、およそ2年半ぶりでした。あれからずいぶん経ちましたが、福岡空港を発着する台湾便は増便されて、台湾に行きやすくなりました。タイガーエアに関しては、火曜・金曜のみですが、高雄便も新設されています。以下、福岡発桃園行きIT241便の搭乗記をお届けしま...

当別神社&参道沿いの石碑など多数(北海道当別町)

北海道の神社には、本州以南のそれとは違った風格や特色があります。たとえば、神社名の多くが所在地名を冠したものですし、神社の建立背景に土地開拓が深く関わっていたりします。今回は当別町にある「当別神社」をめぐっていきます。地図で確認してみると、けっこう広い神社だと思いましたが、はたして中にはどんな構造物があるでしょうか。阿蘇神社の横にある、当別神社の入口にやってきました。北海道の神社によくある、ゆった...

【施設紹介】JR山陽新幹線/山陽本線/呉線 三原駅(広島県三原市)

今回は広島県三原市にある、JR三原駅をめぐっていきます。所属路線は山陽本線。海沿いを走る呉線が分岐しているほか、山陽新幹線のホームもある大きな駅です。三原駅はいわゆる高架駅で、高架下に窓口・改札が、上にホームが設置されています。▲三原駅前の様子▲三原駅の駅前広場一階には待合室、窓口、改札口があります。改札口は在来線・新幹線の供用になっており、その奥には新幹線用の改札口が別途、用意されています。全体的に...