ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

全検あがりの西鉄313形315Fに乗る(貝塚~千早)

全検あがりの313形315編成を見てきました。

宮地岳線区間短縮を乗り越え、1編成だけ残った旧型電車ということもあり、貝塚線で一番マニア心を擽る車両といっても良いでしょう。ただ、足回りは西武701系譲りの新性能です。

貝塚駅に到着後、2本600形を見送ります。雪が降るほど気温が低く、非常に寒い思いをしながら、313形が来るのを待つことになりました。そして、ようやく313形が到着した後、車両を少しだけ記録に収めました。

貝塚駅に停車中の西鉄313形315F

久しぶりに間近で見るその姿、50年以上使われたからこそ出てくる迫力が感じられます。モノコック構造を指向した設計だったとはいえ、大規模な更新工事で外板は交換され、少々重量が増えました。

315編成は昭和27(1952)年に製造され、戦後復興期の西鉄を支えたことを伝える唯一の車両として、今日も我々の前にその姿を見せてくれます。

西鉄313形側面窓

車内は相変わらずレトロです。武骨な窓まわりが良い。

西鉄313形モ315運転台
▲西鉄313形315編成運転台

撮影後、千早駅まで乗車しました。

撮影日:2011年1月5日
関連記事
鉄道

COMMENT