ブログヘッダー画像

台鐵の新型車両・EMU800形「微笑號」乗車記【量産先行車】

台鐵の新型車両・EMU800形に試乗するため、七堵駅にやってきました。

台鐵七堵站

EMU800形がこの後、基隆から来ることは把握しています。それまでの間、ホームでひたすら時間を潰すことに。

というのも、このとき夜だったのと、ちょうど雨が降っていたからです。改札を出て駅前を覗いてみましたが、あまりにもやることがないので、すぐ引き返してホームに戻りました。

台鐵七堵站月台

縦貫線の基隆~台北間は、「基北線」という愛称名でも付いているのでしょうか?

台鐵TEMU1000形タロコ号

花蓮行きのTEMU1000形「タロコ」が到着しました。ホームを挟んで反対側では、荷物客車から荷物を取り出す作業が行われていました。

台鐵EMU800型進七堵站

今回乗車するEMU800型新竹行きが到着しました。営業運転を開始してから間もないので、車内は非常に綺麗です。ドアチャイムは以来と同じブザータイプで、車内放送もEMU700形と同様のものを搭載しています。

台鐵EMU800型車内

座席はEMU700形とほぼ同じ配置(セミクロスシート)ですが、座席が改良されており、座り心地は良かったです。乗り心地に十分満足できただけに、今後の活躍に期待しております。

台鐵EMU800型量産先行車

今回乗車したのは、日本車輛で製造された量産先行車でした。なお、量産車は台湾車輛で製造されています。







▲今回収録した動画です。
高評価&チャンネル登録お待ちしております!


撮影日:2014年1月12日
関連記事
鉄道台湾

COMMENT

焼きそば

1. やはり

新型のピカピカに乗るのはワクワクしますよね♪


日本車輌製、って事は、完成品を台湾に入れてるんですかね?

2014年01月30日(木)08:48

TSURAYUKI

2. 焼きそばさん

はい、基隆港まで船で輸送して、そこから臨港線を通じて台鉄に移送したようです。

本来であれば、だいぶ前に車両の製造・納入が終っていたところですが、トラブル続きで納入までに時間がかかり、まだかまだか・・・とじれったい気持ちでしたよ!
やっと乗車することができました。

2014年01月31日(金)00:22