ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【博多祇園山笠2014】7月13日集団山見せ アクロス福岡前を激走!

博多祇園山笠も間もなく追い山を迎えようとしています。その前に、舁き山が博多を越えて「福岡」地区に顔を出す集団山見せが行われたので、見に行ってきました。

今回は「福岡」にあたるアクロス福岡前で、舁き山の到着を待ち構えたいと思います。到着時、沿道では既に多くの見物客が列をなしていましたが、どうにか撮影するに困らない位置を見つけることができました。雨が少し降っていたので、多くの方が傘をさしていました。

博多祇園山笠2014土居流博多祇園山笠2014土居流
▲一番山笠 土居流
表標題「武昌太平楽」


博多祇園山笠2014集団山見せ
▲挙手而示舁手精神

博多祇園山笠2014大黒流博多祇園山笠2014大黒流
▲二番山笠 大黒流
表標題「千年契」


博多祇園山笠2014東流博多祇園山笠2014東流
▲三番山笠 東流
表標題「四神守天而人護郷土」


博多祇園山笠2014中洲流博多祇園山笠2014中洲流
▲四番山笠 中洲流
表標題「猩々酒宴壽」


博多祇園山笠2014西流博多祇園山笠2014西流
▲五番山笠 西流
表標題「牛若丸」


博多祇園山笠2014千代流博多祇園山笠2014千代流
▲六番山笠 千代流
表標題「真紅兵貫義」


博多祇園山笠2014恵比須流博多祇園山笠2014恵比須流
▲七番山笠 恵比須流
表標題「我者博多総鎮守」


続いて、「博多どんたく」のパレードでも終点となっている、福岡市役所前に移動します。これから博多リバレイン前へ向け、折り返していくのです。

博多祇園山笠2014集団山見せ

出発時間になると、太鼓台から太鼓の音が響き渡ります。5分間隔で出発するのが慣例になっているようです。

博多祇園山笠2014土居流博多祇園山笠2014土居流

一番山笠の土居流が、復路出発へ向け調整を行っていきます。舁き山から見てちょうど真正面の位置を確保できました。

博多祇園山笠2014土居流博多祇園山笠2014土居流

土居流が掛け声とともに出発します。

博多祇園山笠2014大黒流博多祇園山笠2014大黒流

続いて、大黒流が出発を迎えるため表に出てきました。

博多祇園山笠2014大黒流
▲大黒流出発の時
掛け声を挙げる勇ましい男衆


博多祇園山笠2014東流

速さに定評のある東流が出発していきます。東流の出発後、中洲方面に向かって歩いてみました。

博多祇園山笠2014西流

裏口から櫛田神社の中を通り、正面に出てくると、ちょうど西流の通過に出くわしました。

博多祇園山笠2014西流
▲櫛田神社横を通る、五番山笠西流

その後、桟敷席のある方に入っていき、櫛田入りの練習を行ってから、山小屋のある方に戻っていきました。

博多祇園山笠2014西流

西町筋を横切ろうとしたところ、またもや西流に遭遇しました。狭い街路を駆け抜ける舁き山も、迫力があって良いものです。

博多祇園山笠2014西流

西流の山小屋横を通り、呉服町駅方面を目指して歩きます。

博多祇園山笠2014西流

山小屋近くでも西流に遭遇しました。お疲れ様です。

博多祇園山笠2014千代流

千代流は既に千代県庁口駅の近くにやってきていました。山小屋に戻る前に、ときの福岡藩主 黒田家の菩提寺となっている祟福寺に立ち寄ります。

崇福寺と千代流舁き山
▲崇福寺に到着
奥に舁き山が見える


博多祇園山笠2014千代流舁き山博多祇園山笠2014千代流舁き山

祝い唄と手一本が終わり、山小屋へ向けて駆け出していきます。

博多祇園山笠2014千代流山小屋
▲山小屋に到着

山小屋といっても、本来であれば飾り山が展示されている方の山小屋です。残念ながら先日の台風の被害を防ぐため、解体されて中は空洞になっています。

今回はそこで切り上げ、吉塚駅に向かって帰路につきます。

IMGP3742.jpg

何度か場所を変えながら移動していきます。

博多祇園山笠2014千代流舁き山
▲パピヨン前の千代流舁き山

だみ声の黒猫

東公園の中を歩いて移動していると、「だみ黒」に遭遇しました。こちらに気が付くと、すぐに近寄ってきます。

だみ声の黒猫と麦わら猫

いつの間にか、相方の麦わら猫も横にいました。おそらく姉妹か親子なのでしょう、このメス猫2匹はいつも一緒です。
関連記事
博多祇園山笠

COMMENT