夕暮れ時の米原駅で電車&電気機関車を激写!

東海道本線から北陸本線に乗り換えるため、米原駅で数分待つことになりました。その時間を利用して、駅構内で列車を撮影してみます。

DSC05771.jpg
▲米原駅を出発する223系新快速姫路行き
右奥に見慣れぬ電気機関車が・・・

DSC05772.jpg
▲EF510-501号機(富山機関区所属)
もとJR東日本の客車牽引機でかつ、500番台のトップナンバーです。寝台特急「北斗星」をけん引していた輝かしい時代はあっという間に幕を閉じ、現在ではJR貨物に譲渡されて日本海沿岸を行きかいます。

DSC05780.jpg
旅客ホームに目をやると、名古屋~北陸を結ぶ特急「しらさぎ」の683系、近畿地区の主力223系、そしてJR東海の313系が並んでいました。米原に来てよかったです。

IMGP4415.jpg
▲出発を待つ683系特急「しらさぎ」

IMGP4416.jpg
隙間からの転落を防ぐため、運転台付きの車両が中間車に入ると前照灯を付けるようになっています。これを見ると、「ああ、JR西日本管内に入った!」と実感できるものです。

IMGP4417.jpg
北陸新幹線の金沢延伸で北陸界隈もかなり変わりそうです。長らく活躍してきた交直流急行型の一族も、169系の後を追うかのごとく風の前の塵となっていきます。



撮影日:2014年10月18日
関連記事
鉄道

Comment

焼きそば

米原、懐かしい…

昨年の五月の連休を利用して、加賀温泉・京都・豊橋に出掛けた時、中継地点で米原に宿を取ったんですよ。


しらさぎにも乗りました。新幹線もいいけど、独自の特急車両は旅気分をより盛り上げてくれますよね。


北陸新幹線は便利そうだけど、反面、このような列車達はどうなっちゃうのかな、って思いますよね…。

2014年11月05日(水)23:12

wra

焼きそばさん

北陸新幹線延伸で北陸界隈もドンと変わることでしょうね。2012年冬、2014年冬・・・と鈍行列車で北陸を縦断しましたが、この経験は決して無意味なことではなかったと信じています。
いつも思うことですが、漢字名の列車愛称名は先細りになりがちのようで、せめて「ダイナスター」は「白山」あたりにしてほしかったです(大阪~青森間の特急名から八戸~函館間の特急名に生まれ変わった「白鳥」の例を踏まえて)。

2014年11月05日(水)23:40