ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

【2014/12/14】西鉄313形315F「さよなら運転」撮影レポート【夜間収録】

箱崎の方に野暮用があったので、帰りがけに西鉄貝塚線を利用して、313形を記録に収めてきました。

ようやく青い空が出てくれたのはいいけれど、気温が低くなったので全く暖かくないし、今シーズンでは初めて手がかじかんでしまいました。外に出るとすぐに手の感覚が無くなってしまい、手先を器用に動かすこと―たとえば、物をつまんだり引いたり―し難くなるのが痛いです。

しかし、こういう寒い日の夜に入る風呂が良いんですよね。あゝ温泉に行きたい・・・

12月・夜の西鉄貝塚駅

話を戻して、箱崎から歩いて貝塚駅にやってきました。改札口に向かうと、313形の新しいパネルが設置されているではありませんか!

そのパネルというのが、313形のラストランまでをカウントダウンするというものでした。

313形引退まであと41日、撮影をするならお早めに。
▲残すところ41日

いよいよ最後が近づいてきたのか・・・2000形も313形も消え、とうとう生き甲斐にしていたものが・・・まだある、大牟田線に5000形の5140Fがあります。

それでも、西鉄の一つの時代が終わったのかな・・・と感じるものです。保存する価値は十分にあると思いますが、全く期待しません。

20141214173446(1).jpg

改札を抜けてホームに上がってきました。線路脇で何やら点滅しているので、近づいてみるとそれはイルミネーションでした。こういう粋な計らいって良いね!

たとえ利用者は少なくても、たとえ寒くても、貝塚線には温もりがある・・・

20141214173527(1).jpg

ブログタイトルに「夜」と銘打ってありますが、実は嘘です!

ホームに上がった時点で、空は微かに明るく、青白く、所々紫がかっていました。久しぶりの青空を見せてくれてありがとう。

西鉄313形が夜の千早駅に到着

貝塚から600形(604編成)に揺られ、JR線に乗り換えるため千早駅で下車しました。

例によって313形がいつ来るのかは把握していません。JR側のホームで数分待っていると、香椎宮前駅の方から前照灯の光が1筋見えてきました。「光が1筋ということは、間違いなく313形だ・・・」と思い、早速313形到着シーンを動画で収めました。

夜間ということで若干見えづらいですが、車両前面にヘッドマークが見えます。

20141214180141(1).jpg
▲ゆっくり動き出す313形と疾走する青い電車



▲今回収録した動画です。
高評価&チャンネル登録お待ちしております!


撮影日:2014年12月14日
関連記事
鉄道

COMMENT

焼きそば

前にも書いた気がしますけど

価値のあるものを後世に残せない、残さない姿勢は残念ですよね。


どうにかならないもんでしょうか?有志の方を募ったりすれば、一両二両なら何とかなりそうな気もしますけどね…。

2014年12月16日(火)02:45

wra

焼きそばさん

たしか・・・台北城北門の記事でしたね。私は覚えていますよ。

2010年の西鉄2000形の時も、個人単位で保存運動があったように見えましたが、結局前頭部すら残ることはありませんでした。西鉄の保存車は極めて数が少なく、路面電車もここ数十年で姿を減らしたし、大型線電車の保存は僅か1例(200形前頭部)しかありません。いずれも個人レベルでの保存です。
個人レベルでの保存というのは非常に難しく、保守するだけでも莫大な額がかかります。ここまで車両保存に消極的な大手私鉄は西鉄(強いて挙げればプラス南海)ぐらいのものです。

今回登場した313形は東急5000系「青ガエル」のプロトタイプともいえる存在で、現代工業史上きわめて画期的な車両です。せめて写真だけでも、しっかり収めておきます。

2014年12月16日(火)22:54