年越し目前の東公園は・・・猫たちも大忙し?

2014年の年末もついに大詰めを迎え、至る所で人々が忙しく動き回るのを見かけます。和菓子屋では餅を作っては干すという作業がひっきりなしに行われていますし、大掃除する人の姿も目にします。

そんな中、せっかく晴れていたので東公園の猫を見に行ってきました。猫たちはのんびりしているのか、それとも・・・

東公園の茶トラ
公園に入り、まず茶トラに遭遇しました。そういえば一時期を境に、東公園で茶トラを見る機会がぐんと減りましたが、12月に入った辺りからまた茶トラをよく目にするようになりました。

これは一体・・・捨て猫でなければよいですが。

写真上の茶トラは決して人を嫌っているわけではないようですが、なかなか近くに寄ってきません。初見の人間に対して近づく勇気がない、所謂「怖がりさん」のようです。

ベンチの横で香箱座りをしていました。

東公園のミルクティー猫
「タマ園」の近くに来ると、遠くから肌猫兄弟の「肌二」が近づいてきました。舌を出したマヌケ面を一枚収めておきましょう。

東公園の植込み
長老猫「タマ」が治めている植込み「タマ園」に来ました・・・が、肝心の主はいません。代わりに猫が3匹寛いでいました。

手前の茶トラは近づくと逃げていきました。

東公園の猫集会
逃げていった茶トラの奥には、短尾の黒白とキジが座り込んでいます。この黒白猫は残念ながら捨て猫のようで、「ケンタ」と呼ばれていることが分かりました。

触れてはいませんが、この「ケンタ」は人馴れしているとのことなので、触らせてくれるのは間違いないと思います。奥のキジが人馴れしているかどうかは不明ですが、東公園の猫にはよくある、「給餌のおじさん達以外には近寄らない」タイプでしょう。

走り出す黒白猫
「ケンタ」が急に走りだしました。

視線の先には件のキジ・・・この後2匹で小競り合いしていました。「ケンタ」がほかの猫たちに迎え入れられるのは、まだまだ先になりそうです。

キジトラグルーミング
「ケンタ」に追いかけられた件のキジが、「キャットチェイス」を終えて岩の上でグルーミングします。

東公園のご隠居猫タマ
猫の戦いに終始中立を保つ長老猫「タマ」はというと、亀山上皇像横の斜面にうずくまっていました。鳴いて返事してくれます。

東公園の尻尾が短いミルクティー猫
「タマ」の近くには肌猫兄弟の「肌一」がいます。ここ最近は兄弟別々に行動することが多く、「一」はタマ園に、「二」はそれよりも北側にいることが多いです。寝るときは兄弟一緒のようですが・・・

「一」は「もふキジ」グループと「タマ」グループの橋渡し的存在といえます。両グループを(タマ公認で)怪しまれることなく自由自在に行きかうさまは、まさに忍者・・・

東公園の豆黒猫
亀山上皇像の横を歩いていると、黒猫に遭遇しました。1度だけ触らせてくれたっきり、相変わらず触らせてくれません。こちらも冒頭の茶トラと同じく、「怖がりさん」なのかもしれません。

以降、「豆黒」と呼びます。

猫が陽だまりに照らされて
ふかふかのキジ白がうずくまっています。触ると暖かそう・・・ですが、こちらの動き一つ一つに反応するので、逃げる可能性が高いと判断してそっとしてやりました。

東公園の甘えん坊キジ子猫
「もふキジ」集団の居場所に移動すると、甘えん坊のキジ子猫がいました。記事では取り扱っていませんが、数日前に初めて遭遇した際、足元にすり廻られて大変なことになりました。

伸びをしながら近づいてきます。

寄ってくる子猫
▲「もふキジ」集団のキジ子猫
先日と同様、足元をすり廻ったり抱っこを要求してきますが・・・

東公園の茶トラ子猫
キジ子猫に続いて、茶トラの子猫も出てきました。件のキジ子猫と同じくらいの大きさなので、この2匹は兄弟なのでしょう。どちらも雄です。

東公園のもふキジ猫
子猫兄弟の横には、いつの間にか「もふキジ」の姿がありました。ここではじめて、給餌のおじさんに「みいちゃん」と呼ばれていることが分かりました。
さらにもう1匹三毛猫もいましたが、さすがに人馴れしていないようで、そそくさと視界から外れてしまいました。

謎の親子キジ猫
民家の隙間に親子猫がいました。警戒心は非常に強めですが、これは子猫持ちの親猫にはよくあることです。

もっとも、人馴れしている猫が子連れでいる場合、子猫共々すりよってくる場合がありますけれども、あれは希少なケースです。

東公園北部のマスコットだみ黒猫
最後に遭遇したのは、「膝乗り猫」としての側面が見出された「だみ黒」です。よく見かける時があれば、まったく見かけない時もある、非常にミステリアスな猫です。

おそらく、公園北部の長老だと思います。年齢はタマよりも数歳年下でしょうか・・・

年末の東公園で猫たちは、それぞれ思い思いに過ごしていることが分かりました。忙しそうに歩き回るのもいたり、寝ているのもいたり・・・猫の世界は奥が深いです。

撮影日:2014年12月29日
関連記事

Comment