【施設紹介】JR北陸本線/えちぜん鉄道 福井駅(福井県福井市)

今回は北陸地方西部、福井県福井市にあるJR福井駅の様子をお送りします。

同駅はちょうど福井城(県庁)・福井市役所の近くにあり、福井市の比較的中心部に立地しているといえます。えちぜん鉄道福井駅・福井鉄道福井駅前駅が隣接しており、徒歩連絡で乗り換えることができます。

DSC06449.jpg
駅西口は福井市中心部への入口であり、通行人を多く目にします。福井鉄道をご利用の方はこの西口をご利用ください。

DSC06450.jpg
駅東口周辺は広々としていますが、これは北陸新幹線の高架を建設するための敷地です。すでに新幹線用の高架橋は一部完成しています。えちぜん鉄道をご利用の方はこの東口をご利用ください。

DSC06451.jpg
▲福井御城下絵図


▲北陸新幹線に関する説明板

IMGP5605.jpg
▲えちぜん鉄道福井駅

IMGP5606.jpg
▲えちぜん鉄道福井駅は細長い

IMGP5607.jpg
▲JR福井駅内部
JR福井駅はコンパクトな構造の高架駅で、高架下に改札口・窓口・土産物店等が入っています。福井駅は県庁所在地の駅ですから、ここまでコンパクトな構造だとは思ってもいませんでした。

福井駅の恐竜ロボット
福井県勝山市周辺では恐竜の化石が多数発掘され、さらに新種の化石も発見されています。それにちなんでか、至る所に恐竜関連のモニュメントやオブジェが置かれています。動く恐竜のロボットを見て、子供たちが大はしゃぎしていました。


ベンチにも恐竜のオブジェが置かれています。白衣を着た恐竜が、恐竜の化石を眺める・・・う~ん奇妙です。


▲右から、「サウタン」「ラプト」「ティッチー」(福井県)
福井県の公式恐竜ブランド、「Juratic」のマスコットキャラクターの顔出しパネルです。改札口~ホーム間のコンコース上にあります。


▲福井駅構内の電光掲示板
撮影当時、まだ北陸新幹線が金沢まで延伸していなかったので、「トワイライトエクスプレス」や富山行き「サンダーバード」等の表示が見えます。


▲コンコース上にあるE2系の模型
E2系は長らく、北陸新幹線延伸のシンボル的存在として掲げられてきました。

撮影日:2015年3月8日
関連記事
鉄道

Comment

レラティー

No title

県庁所在地で自動改札じゃないのも、かなり少数派になりましたね・・・

えちぜん鉄道の駅の細長さには驚きました。

2015年04月21日(火)21:06

wra

レラティーさん

九州でも宮崎駅ぐらいになりましたし、手動改札のある大きな駅はここ10年でめっきり減りました。博多駅が手動改札だった頃のことはよく覚えていますよ。

2015年04月21日(火)23:20