ブログヘッダー画像
(当ブログにはプロモーションが含まれています)

岡垣町「赤鳥居」の先には何がある?旧3号線から奥に入ってみた

宗像市から岡垣町に行くとき、国道3号線の岡垣バイパスではなく旧3号線を通っていると、左手に大きな赤鳥居が見えます。今回は岡垣近郊にお住いの方ならだれもがご存知であろう、この「赤鳥居」について詳しく探りを入れてきました。

岡垣町赤鳥居バス停

赤鳥居は岡垣町西部、上畑地区へと続く町道の入り口に立っています。近くにあるバス停の名称「赤鳥居」から察するに、この鳥居は一帯のランドマーク的存在として認知されているのでしょう。

岡垣町の旧3号線沿いにある赤鳥居

この巨大鳥居はコンクリート造のいわゆる「明神鳥居」です。最後の整備からだいぶ時間が経っているらしく、表面の塗装は所々で剥げ落ち、コンクリートの地肌が露出しています。

岡垣町赤鳥居の扁額

鳥居扁額には「正一位 敷嶋稲荷大明神」と刻まれ、この鳥居のヌシたる神社が稲荷神社であることを示しています。また、鳥居の足元には「城山敷嶋稲荷大明神参詣道」と刻まれた石柱も建っています。

岡垣町赤鳥居
▲敷嶋稲荷大明神参詣道 石柱

離開赤鳥居,向上畑社區走去~

今回は赤鳥居の奥に何があるか探るため、町道を進んで上畑地区を目指してみました。

上畑は宗像のシンボルマウンテン・城山の根本の狭い谷間にあり、市街地や旧3号線から離れているせいか、私はこれまで足を運んだことがありません。今回の探りは上畑地区の調査を兼ねています。

看看國道3號線岡垣快速道路

2車線の快走路を進むと、国道3号線岡垣バイパスの橋脚が徐々に迫ってきました。

現在、岡垣バイパスでは大半の区間が暫定片側1車線の状態で供用されていますが、いずれ片側2車線に増設できるよう、橋脚だけ新設されました。現時点ではまだ、全線2車線化の気配はありません。

笠松巴士站

さらに進むと笠松バス停が見えてきました。笠松はいわゆる「小字名」です。地図を見ても小字が分からない現在、バス停や信号機の名前は、小字名を調べるうえで重要な証拠になっています。

市町村誌に小字が載っていたとしても、それがどこに該当するかわからないと意味がありません。私のような素人レベルで小字名を調べるのには多少困難を伴いますが、少ない知識で可能な限りの調査はやってみます。

岡垣町上畑笠松
▲笠松バス停周辺の風景

岡垣町上畑地区

深緑色の丘を見ながら谷間を進むと、やがて徐々に開けてきました。どうやら上畑地区の本ムラたる場所に到着したようです。集落の中に入ると上畑バス停があったので、ここが地区の中心部と見ていいでしょう。

岡垣町上畑地区

ここ上畑の集落で、僕は重要なものを見落としてしまいました。赤鳥居のヌシたる神社の参道です。結局、道なりに2車線路を進み、上畑の中心部を抜けてしまいました。

一方の参道はというと、集落に入って左に曲がり、城山の東の根本を目指すルートを取っています。城山登山道の看板に従わないと社殿なんか見えるわけがないのに、それに気が付かなかった僕は、上畑を離れてしまいました。

越來越離開上畑社區・・・
▲上畑地区から離れていく

高倉社區來到啊・・・
▲来てしまった...高倉に!

道なりに進んだ僕は峠道を登り、結局ピークを過ぎて峠を下り、そのまま高倉地区に入ってしまいました。ここまで来ると、上畑に戻るには相当な体力を要します(ママチャリ行ゆえに)。

結局、赤鳥居の本丸「敷嶋稲荷大明神」へのひと探りは断念し、高倉の中心部を経由してから岡垣市街地に戻りました。

撮影日:2015年3月17日
関連記事
神社岡垣町

COMMENT

鳥島

こんにちは

敷島稲荷は、これだけ立派な鳥居があるのに判りづらい位置にありますよね。
知識が何も無い頃は高倉神社の鳥居と思ってました(^_^;)

今は以前ほどではないとは思いますが、採石場からのダンプがたくさん通る道ですのでお気をつけてください。

2015年07月28日(火)11:28

wra

鳥島さん

そういえば、高倉で291号に合流するあたりで「ダンプ車に注意」なる看板が多数あるのに気が付きました。細い路地のようなところからダンプが出てきているようで、しかも291号はお世辞にも幅が広いとは言えないし、路側帯も殆どないわで、どんなに長閑でも危険であることには変わりないんだなと痛感しました。

岡垣は隣町とはいえ知らないことばかりで、訪れるたびに新発見が押し寄せて面白い場所です。

2015年07月28日(火)19:16

名無し

No title

b地区?

2022年01月25日(火)21:07