ふくおか町村フェア2015(天神中央公園)

2015年も「ふくおか町村フェア2015」の季節がやって来ました。このイベントは毎年、福岡市中央区・天神中央公園で行われているもので、県内各所の自治体がブースを出しています。

もちろんマスコットキャラクター(所謂ゆるキャラ(R)とも)も多数参加しているので、我々マスコット好きにとって実に魅力的なイベントであります。今回は1日目の10月25日、特設ステージイベントの様子をご覧ください。

SN3U0066.jpg
▲(左から)こうげマン(上毛町)、びわりん、びわすけ(岡垣町)
背後には(左から)、「源じいさん」(源じいの森)、「しめたもん」(志免町商工会)の姿も確認できます。

「しめたもん」とは2012年のお披露目以来、約3年ぶりの遭遇です。商工会職員の方と以前、ブログでやり取りさせていただいたことがありますが、お元気にされているでしょうか・・・

恥ずかしながら、宗像の隣町というのに、岡垣に着ぐるみ化されたマスコットが存在しようとは思ってもいませんでした。イラスト自体は国道3号線に設置されている看板を通じて知っていましたが、まさか公式マスコットだったとは・・・

SN3U0067.jpg
一方、ステージ脇では「ピアットくん」(グリーンピアなかがわ・左)と「小梅ちゃん」(川崎町・右)がなにやらヒソヒソ話し合っています。いや、話し合っているはずがない。そう見えただけです、きっと。


さらに初見のマスコットが出てきました。「こうげマン」を挟む形で中央に立つのは、(左から)「チェリー」「コスミー」(上毛町)の2体。誕生は2009年ごろと意外にも古く、着ぐるみの製造はKIGURUMI.BIZが請け負いました。

写真上、左背後に立つ仏塔を頭に乗せたマスコットは「みやっこ君」(みやこ町)。

SN3Udai.jpg
ステージショーが終わり、マスコットが次々にステージから降りていきます。大半が階段を伝って降りていく中、「しじみの大ちゃん」(大任町)だけは豪快に飛び降り、かなりフリーダムに動いて回りました。

撮影日:2015年10月25日
関連記事
ゆるキャラ

Comment