お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

今回お届けする厳島神社・蛭子神社は宗像市沖に浮かぶ大島にあります。

DSCN0559.jpg
同神社は大島南東部にある、宮崎集落の小高い丘に鎮座しています。

島中心部から宮崎に通じる道を進むと、やがて宮崎集落に入り、道はすぐに途切れます。道が途切れる直前で、集落奥に入る路地に入って少し進むと、神社入口が見えてきます。路地も中々の狭さですが、神社に入る道も非常に狭く、道の両脇には民家が迫っています。

離島ならではの「密度高い漁村」の雰囲気がここにはあります。

DSCN0560.jpg
▲神社入口・一の鳥居
民家の庭と半ば一体化した通路を通り、階段を上がって鳥居をくぐります。

DSCN0561.jpg
▲一の鳥居扁額「弁財天」

DSCN0562.jpg
鳥居をくぐると、すぐに石門が待ち構えています。この石門、一見すると鳥居のように見えますが、どうも何かが足りません。じっと目を凝らすと、笠木が無いのに気が付きました。

どうやらこの石門は元々、鳥居だったようですが、肝心の笠木はどこにもありません。笠木は別の場所に片付けられたのでしょう。


▲狛犬
こちらには一対の狛犬があります。長年、玄界灘の汐風にさらされてきたせいか、角が取れてやや丸くなっています。

境内には狛犬のほか、芳名碑や拝殿改築記念碑など、多くの構造物が立ち並んでいます。規模は小さくとも、なかなか充実した神社といえます。

DSCN0565.jpg
▲拝殿
拝殿に古さはなく、比較的最近になって改築されたものと見ました。窓まわりのシャッターなど、近代的な作りが随所に見られます。

DSCN0566.jpg
▲厳島神社・蛭子神社改築記念碑
碑文を見る限りだと、拝殿は昭和62年に改築されたようです。

DSCN0567.jpg
▲厳島神社・蛭子神社祠
拝殿の奥に木造の本殿ではなく、石造りの祠を建立している様は、宗像市内にある多賀神社(大井)と同じです。

神社のある場所は先述のように小高い丘でして、木々に遮られて見えにくいですが、眼下に宮崎漁港を見下ろせる場所にあります。玄界灘で働く漁師や居民の鎮守として、これからも「宮崎」の歴史とともに歩んでいくことでしょう。

撮影日:2016年3月23日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメント(2)



名前:焼きそば
タイトル:元・鳥居、でしょうか
珍しいですね、言われなきゃ気付かなかったと思います。


俺みたいに、気付かない人が結構いるから直さなくていいか?てな事になった訳でもないんでしょうが…。


狛犬が喋れるなら、経緯を聞いてみたいものです。
2016年06月01日 22:14 | URL | #t50BOgd. [edit]
名前:wra
タイトル:焼きそばさん
こういう神社のなり行きは地元の方に聞くのが一番手っ取り早いです・・・が!
相変わらず私はチキンなので、聞き取りをする気はあっても、直前でしり込みしてしまうんです。自称ジャーナリストと名乗っているのに、みっともなかですよね(笑)
2016年06月03日 23:23 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。