2016年秋・マヤ検がやってきた 博多駅での一コマ

JR九州では高速軌道試験車・マヤ34形を走らせる、通称「マヤ検」を定期的に行っています。マヤ34形は九州各地をめぐる神出鬼没な存在で、ときには通勤型の独壇場たる筑肥線に入ることもあります。

今回は鹿児島本線を南下する「マヤ検」を博多駅で収めてみました。以下、写真を交えながら博多駅停車中の様子をお伝えします。

DSCN2349.jpg
「マヤ検」の牽引機には通常、DE10形が使用されています。今回の牽引機はDE10-1207でした。

DSCN2350.jpg
マヤ34だって立派な客車です。機関車の後ろに繋がるその姿は、どこからどう見ても客車列車です。また、マヤ34の熊本側貫通路には特殊な機器類が増設されていました。

DSCN2352.jpg
JR九州が保有するマヤ34は2009号の1両のみ。そもそも現在、JR各社が保有するマヤ34形は、この2009を合わせると2両しかありません。旅客輸送に供されない事業用車は結構長持ちしがちですが、それでも年々減少していることには変わりありません。

DSCN2351.jpg
▲「マヤ検」最後尾を眺めて
マヤ34-2009の門司港側貫通路には何も設置されていません。こうして全景を眺めてみると、後年の改造によりオリジナルの姿から変化している様子が見てとれます。貫通路上の角形ライトは2009号の特徴です。

DSCN2357.jpg
10分ほど停車してから、「マヤ検」は再度鳥栖方面を目指し汽笛一声、博多駅を離れます。徐々に遠ざかるその姿はどことなく、台湾の古い気動車を思わせました。



撮影日:2016年11月30日
関連記事

Comment

焼きそば

これは…

ドクターイエロー的な役割、と受け止めて良いのでしょうか?初めて聞きましたよ、マヤ検て。


日本に存在するのは二両…wraさんのブログは玉手箱の時もあればびっくり箱の時もありますね。俺のような人間からすれば、未体験ゾーンな記事が出てきますので。

2016年12月02日(金)00:01

wra

焼きそばさん

> ドクターイエロー的な役割、と受け止めて良いのでしょうか?初めて聞きましたよ、マヤ検て。

仰る通りです。詳しく申し上げると、マヤ34形は線路の歪みを測定する役割を担っています。
ミリ単位で線路の歪みが調整されているのも、こういった車両の活躍があってこそなんでしょうね。


> 日本に存在するのは二両…wraさんのブログは玉手箱の時もあればびっくり箱の時もありますね。俺のような人間からすれば、未体験ゾーンな記事が出てきますので。

JR各社で新しい測定車両が登場したため、ここ10年で結構な数のマヤ34形が廃車になっています。JR九州の分もいつ無くなるか分からないので、機会があればしっかりと記録に収めておこうと思います。

2016年12月02日(金)00:22

レラティー

マヤ34、まだ現役なんですね。

今や、「マヤ検」という言葉が死後になりつつあることに、ショックを受けております・・・
まして「オイラン」を知る世代は、もっと少ないことでしょうね・・・

まあ、JR北海道も、JR東日本のキヤE193が来ますし。

2016年12月05日(月)22:22

wra

レラティーさん

今やJR各社で各々検測車を開発する時代になってきましたね。まさにオイラン車はいつの間にか姿を消し、小倉にも配置されていたことが遠い昔のように思い出されます。

2016年12月08日(木)16:00