遠賀川河川敷のヤギ

今日は直方市・遠賀川河川敷へ散歩に行ってきました。
チューリップは未だ咲いていませんでしたが、菜の花が一面に・・・
外を出て回るにはもってこいの気温・天気ということもあってか、多くの親子連れでにぎわっていました。

シートを広げ、お弁当をモグモグ。
暖かい春の微笑ましい光景が至る所で見られました。


さて、ここから本題。
実はこの河川敷、彦山川と分かれるあたりにヤギがいます。
角が勇ましい雄ヤギ一頭、そして白い雌ヤギが二頭。それぞれに分かれていました。

直方市の遠賀川河川敷にいる黒いヤギ
もっていた袋の音に反応して、雄ヤギが近づけるだけ近づいてきました。
袋の中に美味そうな草が入っているとでも思ったのでしょうか?
ちなみに袋の中には、おやつのドーナツやらが入っていましたが・・・

なんとなく志村ヤギにそっくりですが、変な鳴き声ではなく玉もノーマルサイズでした。


直方市の遠賀川河川敷にいる黒いヤギ
いちめんのなのはな いちめんのなのはな・・・

明治・大正期の詩人 山村暮鳥の『風景』を思い出します。
関連記事

Comment

モモン

1. わぁ♪

ヤギさんとっても強そう!
カッコいいモモ~☆

2011年04月03日(日)21:45

Tsurayuki100sei

2. こんばんは

>モモンさん
角が凄いですが、とても人懐っこくなでられると嬉しそうにしていましたよ~

ヤギは雑草をはんでいましたが、餌も近くで売られあげたりなんかもしていました。

2011年04月03日(日)22:14