金《こがね》神社(岐阜県岐阜市) ―丸窓電車が見えるお社

今回お届けする「金神社」は岐阜県岐阜市中心部、金町地区にある旧県社です。金と書いて「こがね」と読み、その名の通り商売繁盛・金運招福の神として信仰されています。

場所はJR岐阜駅から真北に500メートルほど離れた場所にあり、岐阜を代表する商業地区・柳ケ瀬商店街はそこからさらに200メートルほど北にあります。また、かつての名鉄美濃町線金町電停は神社のすぐ近くにありました。

SN3U0531.jpg
▲金神社の赤鳥居
赤鳥居は南正面に鎮座しています。

SN3U0532.jpg
▲金神社社号標

SN3U0540.jpg
▲赤鳥居に設置された御社殿造営記念プレートと、名鉄モ510形保存車(513号)
神社のすぐ横には小さな公園があります。そこに保存されているのが、美濃電気鉄道や名鉄揖斐線等で活躍したモ510形513号です。大正末期に製造された丸窓電車は、今も良好な状態で保存展示されています。

SN3U0534.jpg
▲金神社社務所

SN3U0535.jpg
▲金神社祭器庫

SN3U0533.jpg
▲金神社社殿

SN3U0537.jpg
▲金神社鳥居(石造)と、奥に手水舎
神社東正面には石造りの鳥居が2基、鎮座しています。

SN3U0539.jpg
▲金神社東正面の"二の鳥居"刻銘

SN3U0538.jpg
▲金神社東正面の"二の鳥居"建立記念プレート

撮影日:2013年3月31日
関連記事

Comment

こーたろー

柳ケ瀬の近くにモ150型が保存されていたり商売繁盛の神社があるんですね!
数年前にアメブロ キャンパーの集まりが岐阜であり参加した帰路の途中でこの近所のラーメン屋さんに立ち寄っていました。
次回 このエリアに行くことがあれば訪れてみたいと思います。

2017年01月16日(月)18:34

たっつん

おはようございます。


朱の映えるお社ですね。
素敵な神社のご紹介をありがとうございました。

2017年01月17日(火)06:11

レラティー

丸窓電車、ちゃんと管理人がいるのか、保全活動がなされているようですね?

北海道だと、旧:南大夕張駅にある保存車両が荒れ果てていましたが、最近は保存団体がきれいにしているようです。

2017年01月17日(火)17:21

wra

こーたろーさん

岐阜は名古屋の陰に隠れがちな印象ですが、落ち着いた街並みが良いと思いました。

岐阜市内線が現役の頃にぜひ訪れたかったです。一応、現役の頃に訪れなかったわけではないのですが、生憎夜遅い時間だったので、岐阜駅前の電停を見ただけで電車自体を見ることは一度もありませんでした・・・

今や岐阜600V路線の面影は減る一方ですが、ぜひとも金神社横の丸窓電車で揖斐線の懐かしい雰囲気をお楽しみください。

2017年01月18日(水)21:07

wra

たっつんさん

たっつん樣、こんにちは。


> 朱の映えるお社ですね。
> 素敵な神社のご紹介をありがとうございました。

そういえば、けっこう真っ赤っかな神社ですよね~
鮮やかなので写真に撮りがいがあるってもんです!

2017年01月18日(水)21:14

wra

レラティーさん

> 丸窓電車、ちゃんと管理人がいるのか、保全活動がなされているようですね?

一応管理人は存在します。アメブロでブログを運営されており、私も以前お会いしましたが、残念ながら今ではすっかりご無沙汰です。この記事もたしか2013年に、管理人氏とお会いしたときに撮影したものです。

たぶん"丸窓電車管理人"というキーワードで調べたら、関係ブログが出ると思いますよ。


> 北海道だと、旧:南大夕張駅にある保存車両が荒れ果てていましたが、最近は保存団体がきれいにしているようです。

あちらは冬になると雪が凄いというのに、美しい状態で保存されるようになっていますね。貴重な3軸客車もありますし、南大夕張の客車群は大変保存価値のある車両ばかりだと思います。

2017年01月18日(水)21:54