お知らせ

4月11日:何度もテンプレートを変えてスイマセン・・・。野球がない腹いせに、南海ホークスをイメージしたレイアウトにしてみました。しばらくこれでやるつもり。
3月17日:ヘッダー画像を超絶シンプルにしてみました。
3月3日:ヘッダー画像を更新しました。~台湾新幹線の3並び~
1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

毎年7月15日の4時59分、博多祇園山笠のクライマックス「追山」が勢いよく幕を開けます。当ブログでは追山取材が毎年夏の恒例行事と化していますが、今2017年も漏らすことなく遂行しました。

例年と同じように開始1時間前の4時ごろ、鉄道利用で博多入りをしました。ほぼタイミングを同じくして小倉・直方・前原・久留米方面からの臨時列車も到着するので、4時になると急激に博多駅周辺が混雑しだす傾向にあります。ゆっくり移動せずに急ぎ足で博多駅から遠ざかり、山笠の巡行ルートに近づいていきます。

今回の撮影地は例年の承天寺ではなく東長寺前の清道。幸いなことに撮影スペースを確保することに成功しました。

20170715050327(2).jpg
▲一番山笠中洲流
4時59分、ついに追山が始まりました。一番山笠の中洲流から順に櫛田入りを行い、博多の街にかけ出していきます。なお、一番山笠だけは櫛田入りの際、博多祝い唄の斉唱を許されています。一旦山の動きを止め、祝い唄を歌うタイムロスがあることを考慮して、5時ジャストではなくそれよりも1分早い4時59分に始まるのです。

二番山笠以降は等間隔で櫛田神社を出ていきます。

20170715050759(1).jpg
▲二番山笠西流

20170715051236(1).jpg
▲三番山笠千代流
千代流は東長寺前を通過の際、一旦停止するというアクシデントに見舞われました。それでも、全コースの部門ではスプリンター東流を超える好タイムを叩き出し、全流中一位(25分26秒)に輝いています(櫛田入りの部門では2位)。

20170715051800(1).jpg
▲四番山笠恵比寿流

20170715052246(1).jpg
▲五番山笠土居流
紺色の久留米絣で統一された水法被が印象深い流です。

20170715052800(1).jpg
▲六番山笠大黒流

20170715053243(1).jpg
▲七番山笠東流
韋駄天揃いで名高い東流は例年と変わらず、凄まじい速さで通過していきます。あまりにも速いので、通過をしっかりと見届けたいのであれば瞬きは禁物です。そんな俊足で名高い東流は、櫛田入りの部門で1位(31.50秒)に、全コースの部門で2位(26分3秒)となりました。

全コースでは千代流に及ばなかったとはいえ、櫛田入りでは唯一の31秒台を叩きだし、韋駄天の風格を見せつけました。

20170715054655(1).jpg
▲八番山笠上川端通(走る飾り山)
最後にやってくるのは巨大な上川端通の「走る飾り山」。例年白煙を噴き上げるのは表標題の方ですが、今年はスターウォーズを題材にした見送り標題側から吹き上がる仕組みになっています。あまりにも重くて巨大なため、こまめに停まって調整しながら、東長寺清道をぐるりと一周。そして上川端商店街に戻っていきます。

20170715060016(1).jpg
走る飾り山はその大きさゆえに路地へと入ることができません。そのため、東長寺からそのまま大博通りを進んで、他の流とは別行動をとりながら上川端商店街へと戻っていくのです。

冷泉町交差点付近では、頭上のケーブルが山の高さよりも低いため、順行時には鉄棒でケーブルを押し上げるようにして通路を確保します。なお、大博通りには電線がないため、装飾を目いっぱいに引き出して駆け抜けます。

20170715061129(1).jpg
上川端通りの飾り山に別れを告げ、最後に東流の山小屋方面へと移動していきます。ちょうど山小屋の手前に来たところで、須崎町の廻り止めから戻ってきた東流に遭遇しました。

東流の山小屋に到着後、最後の山崩しと祝い唄・手一本の現場を見届けることに。西流の山崩しは喧嘩さながらの激しいもので、しめの手一本が終わると早速、山の装飾品・人形の争奪戦が始まると聞いています。東流の場合は保存されるのか、大事に解体されていきます。

人形の解体が終わると、山を激しく揺り動かしながら祝い唄の合唱が始まり、博多手一本で幕を閉じます。こうして6月から様々な行事が行われてきた博多祇園山笠は終わり、博多の町には本格的な夏が訪れます。

撮影日:2017年7月15日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからYouTubeチャンネル登録できます。老舗チャンネルとしての誇りを胸に、背水の陣でYouTube続行中。どうか応援の方よろしくお願いいたします。
どんなに冷遇されても負けんばーい!

コメント(2)



名前:こーたろー
タイトル:
勇壮なお祭りですね。
機会があれば見てみたいです!
2017年07月16日 20:56 | URL | #- [edit]
名前:wra
タイトル:こーたろー様
物凄く勢いの良い祭りですよ!
見る価値は絶対にあると思います。
2018年07月21日 00:27 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。