D51-194号機 JR津和野駅前(島根県津和野町)

島根県津和野町は「SLやまぐち号」の終点であり、西の小京都としてもよく知られています。そんな津和野には一台の蒸気機関車が静態保存されています。それが今回お届けするD51-194号機です。

DSCN4264.jpg
D51-194号機は当初東北・関東地方で使用されていましたが、やがて山口線に活躍の場を移し、1973年に現役を退きました。山口線を走った最後の蒸気機関車の一両にあたります(説明板より)。

DSCN4265.jpg
保存当初は青野山荘に展示されており、山荘の閉鎖後は荒廃した状態で放置されていたそうです。2000年代半ばに現在地へと移され、大規模な修復が行われた結果、現役かと見まがうばかりの美しい姿に蘇りました。盗難防止のためか、汽笛は付いていません。山口線のSLに必須だった集煙装置が凛々しいです。

DSCN4266.jpg
D51-194とC57-1の並びなんて、まさにスーパースターの競演です。C56-160が山口線に入ったら、なんと贅沢な三台の並びが見られます。SLの共演を見るために津和野を訪れる方もきっと少なくないはずです。

2017年9月からはD51-200が「SLやまぐち号」の牽引機として山口線を走行します。そうなれば津和野では、D51同士の競演が見られることになります。果たしてどんな風景が見られることでしょうか?

DSCN4290.jpg
▲津和野駅跨線橋からD51-194を眺めて
D51-194の姿は津和野駅構内からも見ることができます。跨線橋に上がれば、写真上のように後ろ姿を見下ろすことも可能です。

撮影日:2017年8月5日
関連記事

Comment

ふぐにさん。

おはようございます。

気になって、青野山荘について調べてみまして。
そこにあった頃のD51-194号機の写真も拝見しました。
かなりひどい有様でしたね。

よくぞ現在の状況まで復元できたなあと感心しました。

2017年09月02日(土)08:15

こーたろー

ここへやって来る前の荒廃した姿から現役のような現在の姿まで復旧されたのは驚きです。
今すぐにでも走りだしそうです。
本線復帰してくれるとよりいいですね。

2017年09月02日(土)18:19

こーたろー

ここへやって来る前の荒廃した姿から現役のような現在の姿まで復旧されたのは驚きです。
今すぐにでも走りだしそうです。
本線復帰してくれるとよりいいですね。

2017年09月02日(土)18:19

wra

ふぐにさん。さん

かなりひどい状態で気になっていましたが、どうにか安住の地に映ることができて良かったと思います。清里のロッジ前で放置されていたC56-149も似たような運命をたどりましたが、どちらも美しい姿に蘇ってよかったです。

2017年09月02日(土)23:07

wra

こーたろーさん

動く蒸機が来る町ですから、ちゃんと修復してあるべき場所に保存せねばという町側の強い思いもあったのでしょう。良い場所に保存されていると思います。

2017年09月02日(土)23:11