鹿児島港 種子・屋久高速旅客ターミナル(鹿児島県鹿児島市)

鹿児島の海の玄関口にあたる鹿児島港からは、南西諸島へと向かう旅客船・貨物船が多く出入りしています。今回は数か所ある旅客船発着所のうち、南埠頭から近い種子・屋久高速旅客ターミナルを訪れました。

DSCN4663.jpg
▲種子・屋久高速旅客ターミナル外観
名称からもお分かりの通り、こちらは種子島・屋久島に向かう高速船の発着所として使用されています。最寄りの鉄道駅は路面電車のいづろ通電停です。

なお、マルエーフェリー・マリックスラインの長距離航路が発着する奄美・沖縄フェリーターミナル(鹿児島新港)からは、直線距離にして1キロほど離れた場所にあります。

DSCN4664.jpg
▲旅客ターミナル内部の様子(券売窓口・乗船口)
これから島に向かうのか帰るのか、ターミナル内部は多くの人で賑わっています。

DSCN4665.jpg
ターミナルには売店のほか、ラーメン店も併設されています。待ち時間が長ければ、ここで食事することも可能なのです。

DSCN4662.jpg
▲乗船口に停泊中の「トッピー」
鹿児島と種子島・屋久島を結ぶ高速船は、種子屋久高速船によって運営されています。2隻の高速船「トッピー」「ロケット」が使用されており、指宿に寄港する便も存在します。

撮影日:2017年9月9日
関連記事

Comment

こーたろー

平成5年3月初めにここからフェリーで屋久島へ渡りました。
朝の便の時間がかなり早くて西鹿児島駅の改札口の前で駅寝してここから乗り込んだのですがほとんど覚えていません。
多分当時の建物とは違うのでしょうね。
その後 屋久島にテント泊で約3週間滞在していました。

2017年09月21日(木)18:22

wra

こーたろーさん

> 平成5年3月初めにここからフェリーで屋久島へ渡りました。
> 朝の便の時間がかなり早くて西鹿児島駅の改札口の前で駅寝してここから乗り込んだのですがほとんど覚えていません。
> 多分当時の建物とは違うのでしょうね。

私の父も90年代中ごろに屋久島へ行ったのですが、その時は「ドリームつばめ」で鹿児島入りしたと聞いています。険しい山を登るだけあって、屋久島入りは早朝に行うのが定番になっているんですね。


> その後 屋久島にテント泊で約3週間滞在していました。

山登りだけでも数日かかるといいますが、3週間とは結構長く滞在されましたね!

2017年09月24日(日)23:06