お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

今回お届けする五郎山古墳は福岡県筑紫野市にある円墳です。墳丘と周囲は史跡公園として整備されており、JR原田駅から歩いて数分という利便性の良い場所に位置しています。

一見すると小さな円墳でしかありませんが、その内部には様々な種類の文様で彩られた石室がある、いわゆる装飾古墳なのです。今回は五郎山古墳について、写真を交えながら簡単にご紹介します。

DSCN4812.jpg
五郎山古墳はJR原田駅東側の小高い丘の上にあります。周囲は一面住宅地として整備されていますが、古墳の周囲だけ開発前の鬱蒼とした森が残されています。

シンプルな円墳は芝生でコーティングされており、墳丘と周濠が綺麗に保存されています。

DSCN4813.jpg
装飾のある石室は厳重に管理されています。石室入口に掲示されているポスターによると、なんでも毎年10月に一般公開が行われているそうです。

DSCN4814.jpg
墳丘の横に五郎山古墳に関する説明板がありますので、少し見てみましょう。装飾文様の様子も図を交えながら、丁寧に説明されています。

宗像市にある桜京古墳の装飾は、図形を中心としたシンプルなものですが、こちらでは人の姿とおぼしき文様が描かれています。つまり、一口に装飾古墳といっても、場所によってその描き方に違いがあったということです。

DSCN4815.jpg
▲墳丘に関する説明板

DSCN4816.jpg
古墳の麓には入場料無料の資料館も併設されています。古墳ファンのみならず、散策がてら気軽に立ち寄れる場所です。ここで筑紫野の古代史について、ちょっと学んでみるというのも一興です。

撮影日:2017年10月14日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。