お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

福岡県北部、芦屋町山鹿にある景勝地「洞山」にやってきました。

こちらは柏原漁港に隣接する場所にあり、その場所は芦屋町のちょうど北東部にあたります。今回は洞山の様子を探り、ついで柏原漁港の様子も少しだけ見ていきます。

DSCN4979.jpg
洞山の近くには大きな駐車場があり、自家用車で来ても車の置き場所に困りません。そもそもこの場所自体、交通の便がよろしくないので、車で来るに越したことはありません。駐車場の横には直売店もあるので、洞山観光のついでに買い物をして帰るのも一興です。

駐車場から神社のある小高い丘の横を進むと、やがて今回の目的地が見えてきます。洞山には防波堤の切れ目から入ります。この山は島のようになっており、手前の丘との間には磯場があります。見た限りだと、手前の丘と洞山は元々、九州本土から切り離された島だったようです。防波堤建設により埋め立てされた結果、現在のような陸続きの形状になったのでしょう。

DSCN4978.jpg
洞山はその名の通り、山の中央部に巨大な穴が開いている「洞門」です。伝承によると、神功皇后が遠征のおりに海辺から矢を放ち、その際に矢が山を射抜き、大穴ができて洞山が誕生したのだそうです。神功皇后にまつわる伝説は九州各地に残っており、ここ洞山の伝説もその一つにあたります。

DSCN4980.jpg
洞山は風化が進んでいるようで、各所に保護材が吹き付けられています。西側の開口部は極力そのままの姿で残してありますが、東側の開口部は写真上のように、保護材でのっぺりとした外観になっています。

DSCN4981.jpg
洞山の真横は先述のように、柏原漁港になっています。天気の良い日は釣り人で賑わいますし、運がよければ漁船が出航する様子を見ることもできます。

ここからだと、はたして大阪と上海を結ぶ国際フェリー「新鑑真」の姿は見えるのでしょうか・・・?

DSCN4982.jpg
▲柏原漁港
柏原漁港の真横には漁村の柏原集落があります。猫の姿も確認しましたが、残念ながら触らせてくれませんでした・・・

撮影日:2017年11月

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。