お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

2012年の末以来、JR折尾駅では大規模な改修工事が行われています。鹿児島本線のホームが高架線に切り替わってから約1年が経過した今、折尾駅がどのように変化したのか見ていこうというのが、今回の趣旨です。

DSCN5110.jpg
かつての鹿児島本線ホーム(3~5番乗り場)では整地が進み、新ホームの建設作業が始まりました。まだ橋脚建設の段階ですが、また1年もすれば立派な高架橋が出来上がっていることでしょう。

なお、旧3~5番乗り場跡に建設される新ホームは、最終的に鹿児島本線ホームとして使用される予定で、現在鹿児島本線が暫定的に使用している高架ホームは、最終的に筑豊本線(短絡線)のホームとして、筑豊本線から鹿児島本線に直通する列車が使用する予定です。

現在、短絡線ホームは折尾駅本屋から少し離れた鷹見口にあり、乗り換えに手間がかかります。新しい折尾駅が完成すれば、鷹見口は廃止になり、乗り換え時間が短縮されるのです。

DSCN5111.jpg
若松線の列車が通る高架線は、殆ど出来上がっている状況です。これまで立体交差だった折尾駅が高架駅になることで、全ホームが同じ高さに揃えられます。随分とシンプルに、かつ便利になりますね。完成が楽しみです。

DSCN5112.jpg
以前に比べると、旧3~5番乗り場の整地はだいぶ進みましたが、筑豊本線(若松線)をまたぐ部分だけは取り壊されずに残っています。営業列車が通るデリケートな場所ですし、この部分は若松線の切り替えが終わってから整地するのでしょう。

DSCN5115.jpg
旧ホームが取り壊されることで、駅の至る所ではブロック擁壁の内側が露出しています。その内側というのが凄まじく、吹き出物のようなブツブツした形状になっているのです。集合体恐怖症の方にはちょっとキツイ画像かもしれませんが・・・興味深いので掲載してみました。

DSCN5114.jpg
最後にEH500-70牽引の貨物列車を収めて、折尾駅観察のシメとしました。

撮影日:2017年12月23日

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメント(2)



名前:libertyrail
タイトル:
こんにちは。

去年の今頃列車が往来していた鹿児島本線の旧ホームの場所も
新しく生まれ変わる過程に入ってますね。
去年の大晦日に折尾駅訪問してもう1年経つので
残酷ながらも時の流れの速さというのを感じるこの頃です。
煉瓦造りのコンコースも過去帳入りしてしまいましたが滑り込みながら
めぐることがで来たのもいい思い出です。

機会があれば折尾駅再訪し見えなかった箇所も含めじっくり見たいです。
2017年12月26日 06:53 | URL | #- [edit]
名前:wra
タイトル:libertyrail様
いつもコメントありがとうございます。


> 去年の今頃列車が往来していた鹿児島本線の旧ホームの場所も
> 新しく生まれ変わる過程に入ってますね。

少し来ないうちに、一部を残してすっかり整地され、昔の面影はずいぶんと消えていました。1・2番乗り場が高架線に切り替わったら、さらに変わるんでしょうね。


> 去年の大晦日に折尾駅訪問してもう1年経つので
> 残酷ながらも時の流れの速さというのを感じるこの頃です。
> 煉瓦造りのコンコースも過去帳入りしてしまいましたが滑り込みながら
> めぐることがで来たのもいい思い出です。

そういえば、あれからもう1年経ったんですよね。訪問されて本当に良かったと私も思います。


> 機会があれば折尾駅再訪し見えなかった箇所も含めじっくり見たいです。

現在の「ほぼ仮設状態」の折尾駅もなかなか見ごたえがありますよ~
2017年12月27日 23:50 | URL | #9MBBB9Tg [edit]

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。