お知らせ

1月1日:新年あけましておめでとうございます。
 

宗像市大井地区、ちょうど釣川を見下ろす高台にトキワススキが2株ほど生えています。真夏に綿毛を飛ばしてから4カ月がたち、現在どうなっているのか見に行ってきました。

DSCN5101.jpg
トキワススキから道を挟んで向かい側には柿の木があって、大きな実が沢山ついています。見た限りだと実が細長いので、これは渋柿でしょうかね?

秋に咲くススキも綿毛を飛ばきり、完全に冬入りしたことで、野山の風景はちと寂しくなります。何というか、緑色が少なくて寒々しいのです。しかし、それはそれで趣があって面白味を感じます。

DSCN5103.jpg
さて、トキワススキはといいますと、相変わらず大きな株をさらしています。所々に、軸だけになった花が残っていますね。今後、葉や茎の乾燥が進むことで、葉は黄色味を帯びていき、花軸は風で折れていくでしょう。

寒い寒い、真冬の宗像からお届けしました。

撮影日:2017年12月

関連記事




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 旅日記・旅の思い出へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ ゆるキャラへ

「ご当地」の魅力をより多くの方にお伝えするため、ブログランキングに参加中です。

バナークリックの方もよろしくお願いいたします。



上のリンクからチャンネル登録できます。台湾旅行に興味のある方、レイルファン・ご当地キャラファンの方、どうぞ気軽にお立ち寄りください。

コメントを残す






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。